So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
本・映画・アニメ・詩歌 ブログトップ
前の4件 | -

関ヶ原 [本・映画・アニメ・詩歌]

実は私、歴史小説は好きな方です(逆に恋愛小説は苦手です)。
一時期、戦国時代を題材とした小説を読み漁ったことがあります。もちろん、司馬遼太郎氏著書の「関ヶ原」も上中下巻を完読しました。で、先日近所のレンタルビデオ店を覗いた時に同名の作品を見つけたので、つい借りてしまいました。「日本のいちばん長い日」などの原田眞人監督が、この日本最大規模の合戦を映画化、昨年公開された作品で、主演の石田三成を演ずるは岡田准一、対する徳川家康は役所広司、それに色を添えるくの一役に有村架純、という配役です。

関ヶ原.jpg

さて以下は私の印象ですが、149分という日本映画としては長い上映時間を使っても、ぜ~んぜん描き足りていない。確かに石田三成役の岡田准一さんは頑張っている感がありますが、この関ヶ原の合戦に関わる人物の描写や背景、説明が全く足りない。たとえば、石田三成を嫌う七人が誰なのか、なぜ嫌うのか、全く分からないし、なぜ大谷刑部が無条件に味方するのか、安国寺恵瓊がどういう役目を負っているのか、そもそもなぜこの合戦が僅か6時間で決してしまったのか、等をこの映画だけで理解するのは難しい。歴史に疎い方には全く分からないのでは、と思ってしまいました。なので、149分を使っても極めて「早足感」があって、セリフは急いでいるので分かりにくいし、時間軸と場面展開が飛び過ぎで、一シーンの描写や演技を味わう余裕など無し。この映画は、歴史的予備知識を持っている人にしか分からないだろうし、そんな予備知識を持っている人を満足させられるだけの充実感も無いと思います。徳川家康役の役所広司はさすがの演技力でしたが、彼を起用したために家康側を描く時間を割かねばならず、それならいっそ題名を「石田三成」にして、三成だけを描いた作品にした方が良かったのではないか、と思いました(それでも149分では足りないかも)。
岡田准一ファン、有村架純ファンなら納得の映画、それ以外の、歴史好き、合戦好き、大河ドラマ好きの方々が、ちょっとレンタルビデオで借りて見て、いろいろツッコミを入れる映画かな~、なんて思ってしまいました。



「関ヶ原」予告編


nice!(4)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

遥か [本・映画・アニメ・詩歌]

遥か.jpg

この時期は卒業・入学シーズンでもあり、社会人になる方も既に社会人の方も、新たな環境・新たな生活を始める方々もいらっしゃるのではないでしょうか。そして、そんな旅立つ人と同じくらい、送り出す人がいると思います。そんな別れと旅立ちを謳った曲は、古今東西たくさん存在します。今回はその中から一曲、GReeeeNの「遥か」を紹介させていただきます。

窓から流れる景色変わらない この街旅立つ
春風舞い散る桜 憧ればかり強くなってく
「どれだけ寂しくても 自分で決めた道信じて・・・」
手紙の最後の行が あいつらしくて笑える
「誰かに嘘をつくような人になってくれるな」父の願いと
「傷ついたって笑い飛ばして 傷つけるより全然いいね」母の愛

この曲の歌詞をずっと読み続けると、旅立つ子と両親の気持ちを謳ったことが分かりますが、子と親の気持や視点が交錯して出てきますから、そこがちょっと分かりにくい詩でもあります。「自分で決めた道信じて」というのは、旅立つこの覚悟であり、「あいつらしくて笑える」とは親の子を見る眼でしょう。

あの空 流れる雲 思い出す あの頃の僕は
人の痛みに気づかず 情けない弱さを隠していた
気づけば いつも誰かに支えられ ここまで歩いた
だから今度は自分が誰かを支えられるように
「真っ直ぐにやれ よそ見はするな 下手くそでいい」父の笑顔と
「信じることは簡単なこと 疑うよりも気持ちがいいね」母の涙

ここでも、旅立つ子の気持ちと決意、親がその子に向けて掛けたい言葉が交錯して続いています。ただこの詩の主人公は旅立つ子であり、この親の言葉は、実はその子の記憶のなかに残っているものなのだと思われます。

さようなら また会える日まで 不安と期待を背負って
必ず夢をかなえて 笑顔で帰るために
本当の強さ 本当の自由 本当の愛と本当の優しさ
分からないまま進めないから 自分探すと心に決めた
春風 想い届けて 涙を優しく包んで
必ず夢をかなえて 笑顔で帰るために

今まで親の傘の下ですくすくと育った子が、自らの夢を持ち、それを目指して旅立つ情景が浮かびます。しかしそれは、親に対する嫌疑の別離ではなく、「笑顔で帰るため」の別れであることが窺い知れます。その根底には、親への感謝の気持ちが込められています。

さようなら 叱られることも少なくなっていくけれど
いつでも傍にいるから 笑顔で帰るから
どれだけ寂しくても 僕らは歩き続ける

必ず帰るから 想いが風に舞う
あなたの誇りになる
いざ行こう

「いつでも傍にいるから」とは、物理的な距離を差しているのではないでしょう。親と子、その絆が失われてはいない、これから先も失われないことを意味していると思います。それだからこそ「必ず帰るから」と続くのです。夢と決意を持って親元を旅立つ子が帰ることを謳うのは、矛盾のように思えるかもしれませんが、「あなたの誇りになる」と言うように、たとえ離れて暮らしても、互いに思いやる気持ちを持ち続けることを謳っているのです。

さて、この曲の題名は「遥か」です。何が遥かなのでしょう。「遥か」とは、距離や時間が隔たっている状態を表すと同時に、私には仰ぎ見るような肯定的な意味合いも付加されているように思えます。この詩での「遥か」とは、今の自分と目指す夢との間に有る差異でしょう。まだ弱いと自覚するまで育った子、それでも抱く夢に向かって親元から旅立つ決意した子、その子の目指す先がまだずっと先に有ること、その情景を「遥か」と言い表しているのでしょう。
そしてそれと同時に、子が今まで育ててくれた親を思う気持ち、旅立つ子を見送る親の気持ち、その双方の思いやる気持ちは有っても、同じではない。その差異も「遥か」と言い表しているように思えます。そう考えていくと、この詩は単なる卒業ソングではない。旅立つ人を主にしながらも、送り出す側の親をも含めた、もっと大きな家族の愛を謳った曲なのです。
子供は親のロボットでも、コピーでもない、一人の人間なのです。夢を追って親元を飛び出す決意をした子供は、もう大人と見てよいでしょう。育ててもらった大人、育てた大人、その両者が互いに見つめ合う眼や想いは違って当たり前なのです。それでも互いに通じ合い、結び合う気持ちを持ち続ける。歳も、場所も、歩く方向も違えども、同じじゃないけど、感謝と期待が交差した絆を持ち続け、歩き続けます。フッとお互いを見た時に、その姿に「遥か」を感じるやもしれません。
旅人は、どんなに辛く苦しくても、いつか故郷に帰る日を想い、たとえ今日は倒れてもまた歩き出す、といいます。その故郷は、遥か先かもしれません。大切に育てた我が子が自らの元を飛び出したとて、その後ろ姿を見つめる眼は失いません。子供の背中が、たとえ遥か先思えても。



遥か


nice!(2)  コメント(4) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

おまえが大きくなった時 [本・映画・アニメ・詩歌]

今年を振り返る時期となりました。
良い事も悪い事も、楽しいことも悲しいことも、いろいろ有った一年でした。そしてこのブログをご覧の皆様方も、同様だったのではないでしょうか。でも考えてみればそれが当然で、普通で、毎年ちょっとずつ違えども、それらの繰り返しで歳を重ねて行くものだと思います。大切なのは、今こうして振り返って見れること、明日を考えられること、ではないでしょうか。
さて我が家の今年一番の思い出は、7月に行った家族旅行でしょう(このブログでも書きました)。私たち親が子供を連れて行ったこれまでの旅行と正反対に、子供たちが発案して、計画し、費用を負担し、私たち親を招待してくれたのです。これは我が家始まって以来の初めてのことです。ビックリすると同時に、嬉しくもあり、そして子供たちの確かな成長を実感できた旅行でした。

お前が大きくなった時.jpg

我が家は五人家族です。三人の子供に恵まれました。そしてその末っ子が今年、満二十歳になりました。もちろんまだ大学生ですから親の援助は必要なのですが、それでも我が子三人とも、無事に、五体満足で、成人させることができました。親として、これほど嬉しいことはありません。運動会の場所取りに行ったり、習い事の送り迎えに行ったり、クリスマスのケーキを全員で食べたり、そんな想い出が走馬灯のように脳裏を巡ります。大して立派な親ではなかったですが、子供たちがそれを補ってくれた我が家でした。この五人でしか作れない我が家でした。今は少し肩の力が抜けて、その分だけ嬉しくもあり、感謝する気持ちが湧いてきます。

今年最後にご紹介するのは、「かぐや姫」の「お前が大きくなった時」です(1978年 作詞・作曲 南こうせつ)。


おまえが大きくなった時 あの青い空に
白い紙飛行機が 夢を運ぶだろうか
おまえが大きくなった時 あの枯れた大地に
咲いた名もない花が 命を語るだろうか
ごらん あの街を 灯りが揺れてる
おまえの温かいこの手を握りしめれば
ああ聞こえる ふるさとのうた

この詩は、「お前が大きくなった時・・・だろうか」というフレーズで構成されています。それはつまり、親がまだ小さい自分の子に向けて、こうなって欲しい、という希望を謳った詩であることは明白です。
灯りが揺れている街を見てみなさい、と綴られています。灯りは団らんを楽しむ家族の住む家の灯りでしょうか。それとも、夜遅くまで頑張って働いているビル窓の灯でしょうか。いづれ大きくなれば、そんな灯りの下で生きて行かなければならない事を示すと同時に、その灯りが少しでも暖かであることを願っているように聞こえます。

おまえが大きくなった時 このビルの谷間に
やさしい唄が 流れているだろうか
おまえが大きくなった時 この灰色の窓辺に
沈む夕陽が やすらぎをくれるだろうか
ごらん あの街を 灯りが揺れてる
おまえの温かいこの手を握りしめれば
ああ聞こえる ふるさとのうた

「柔らかな皮膚しかない訳は、人が人の痛みを聞くためだ」そんなフレーズの曲があります。人が人の手を握る、それは手のひらを合わせることです。たとえ固く、皺だらけの手であっても、手のひらは柔らかです。それを合わせることは、何の媒介も無く、人と人が触れ合うことです。それが親子ならば、より一層通じ合うものが流れることでしょう。

おまえが大きくなった時 この小さな胸に
確かな喜びが 育って行くのだろうか
おまえが大きくなった時 この手のひらに
愛する心が 通い合うだろうか

「ふるさとのうた」とあります。ここで言う「ふるさと」とは何でしょう。今は離れてしまった生まれた場所のことでしょうか。親がまだ小さい我が子に向けて告げるには、それではちょっと不自然に感じます。私はここで言う「ふるさと」とは、「過去」の代名詞だと思うのです。まだ小さかった自分が、両親に言われた言葉、共に過ごした家庭での出来事、そうした今の自分を作ってくれた道程である「過去」が有り、子を持つ親となった現在、その子の手を握って思い出すのは、そうした自分の「過去」=「ふるさと」なのではないか、と。そう考えれば「ふるさとのうた」とは、親が子に向けて、こうなって欲しい、という希望を謳った、この詩そのものではないか、この詩こそが「ふるさとのうた」なのではないか、と思うのです。
40年前に造られた詩です。その時小さかった子供は大人になり、まだ小さい我が子の手を握っているのかもしれません。親から子へ、子からまたその子へ、語る言葉は違っても、手のひらから伝わる想いは同じであり、この「ふるさとのうた」もまた同じであろうと、ご紹介させていただきました。
子供にとって親は、死ぬまで親です。しかし、過去に何度か書いたことがありますが、親が親として子供を育む時間は思ったよりも短いのです。子供の成長が留まる事はありません。子供が成人して、社会という大海に漕ぎ出せば、親としての務めもほとんど終わったことでしょう。しかし、そんな子供が疲れ、悩み、苦しい時に、フッと振り返れる場所、そんな「ふるさと」を残しておいてあげるのも、親の務めなのかもしれない、今はそう思っています。



お前が大きくなった時


nice!(4)  コメント(5) 
共通テーマ:日記・雑感

荒野の七人 [本・映画・アニメ・詩歌]

前回は「マグニフィセント・セブン」という映画を紹介しましたが、同じ題名を使っているのにあまりに落胆したので、正真正銘の「マグニフィセント・セブン」を買って見てみました(もちろん、ブルーレイです)。

荒野の七人.jpg

アメリカ西部開拓史の時代。メキシコ国境に近い辺境の街の道端で、男たちが言い争っていた。
「渡した金では足らないのか?」
「金じゃあないんだ、とにかく葬式は取り止めだ」
「待てよ、俺はケチな行商人だが、目の前に死人が転がっていて放っておけないだけなんだ」
「とにかくダメなんだ、この街ではそれができないんだよ。金は返す」
「この街じゃ? どうして?」
「20ドル貰えれば誰でも埋めてやるさ。でもダメなんだ。墓場に相応しくない死人だって」
「だってあそこに埋められているのはみんな、人殺しや盗人や無頼漢の類じゃないか」
「それでも、白人なんだよ。あの爺さんはインディアンなんだ」
「こりゃ驚いたね。仏になって墓場に入るのに差別されるのか。何時からだい?」
「この街が出来てからずっとさ。馬車の御者も怖がって逃げちまった。だから金は返すよ」
『待て! 乗り手ならここに居るゾ』
遠巻きに見ていた男達の中から黒シャツの男が歩み出し、葬儀馬車の手綱を握った。それを見たもう一人の男が、「ちょっとそれを貸してくれないか」とライフルを手にその横に座る。
「待ってくれ、この馬車は特別製で高いんだ。穴だらけにされちゃあ困る」
「だったら、俺たちが修理代を出してやるよ」と見守っていた男達が金を出し合い、葬儀屋に押し付けた。
葬儀馬車は静かにゆっくりと中心通りを進んだ。緊張感に包まれる街。その様子を見ようと、多くの群集が距離を置いてその後を追う。途中、「お前達!とんでもない眼にあうゾ!」と罵声が飛ぶが、黒シャツの男は凛として動じない。ついに建物の二階から発砲。しかし瞬時にライフルが始末する。そうして墓場までたどり着いた馬車の前に、銃を手にした男たちが立ちふさがり、ここから引き返せと脅す。その男たちが自らの銃に手を掛けようとした刹那、黒シャツの男の早打ちがその男たちの腕を打ち抜く。その威圧に恐れをなしたか、黙って男たちが道を開ける。無事に埋葬を終えた葬儀馬車が、今度は颯爽と駆け足で戻るのを見た群衆から歓声が上がり、葬儀業者は「オレの奢りだ!みんな飲んでくれ!」と叫ぶ。馬車を降りた二人は、お互いの名前を言い合って(そこでこの二人が初対面なのが分かる)別れて行く。

この映画の冒頭に有るシーンですが、『漢』じゃないですか! 痛快じゃないですか! この先を期待させるじゃないですか!
黒シャツの男はズボンも帽子も黒で、常に冷静な素振りながら、幾多の血なまぐさい修羅場を潜り抜けてきた流れ者のガンマンにしては、凛とした正義感や価値観・信念を感じさせ、後に仲間のまとめ役になるクリス。演じるのは、黒澤明監督の『七人の侍』(1954年)に感動し、リメイク権を入手した若きユル・ブリンナー。そして葬儀の件で知り合い、どこか軽妙洒脱なところがあるヴィンはスティーブ・マックイーン。他にも当時はそれほど著名でもなかった役者たちが、個性豊かなガンマンを演じます。本当は、この七人の個性や過去、なぜ参加するのか等にもう少し時間を割いてほしかったのですが、128分の収録時間に収めるのには難しかったのでしょうね。その点、黒澤明監督の『七人の侍』は、映画としては207分の長編で、途中5分間のインターミッション(休憩)を挟みますから、より緻密で重厚な感じがします。
話の内容は、1961年日本公開ですから、きっとコレを見られた方が多いことだろうと思い、割愛させていただきますが、自動小銃やマシンガンの無い時代です。一発撃つのに一回づつ引き金を引かねばならぬリボルバーやライフルで敵を倒すのですから、現在のバイオレンスアクションのような派手さはないかもしれません。かといって、話のテンポの遅さや戦闘の退屈さは無く、最後まで一気に魅了されます。もう半世紀以上前の映画ですが、この有名なテーマソングといい、話の筋といい、役者の配置といい、西部劇と言われる映画を代表する名作だと思います。もちろん、私の大好きな映画の一つです。


The Magnificent Seven


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー
前の4件 | - 本・映画・アニメ・詩歌 ブログトップ