So-net無料ブログ作成
本・映画・アニメ・詩歌 ブログトップ
前の4件 | -

「YELL」 [本・映画・アニメ・詩歌]

まもなく2018年が終わりを告げます。残された時間を、今年の自身の歩みを振り返っておられる方もいらっしゃるでしょうし、まだまだ年内に片付けなければならない諸事に没頭しておられる方もいらっしゃることでしょう。それでも時は確実に進み、2019年はやって来ます。大切なのは、まだ何も決まっていない未来に向ける「今」を持っていることではないでしょうか。
さて、今年最後にご紹介するのは、「いきものがたり」の2009年発表の「YELL」です。

YELL.jpg


「私は今 どこに在るの」と 踏みしめた足跡を何度も見つめ返す
枯葉を抱き 秋めく窓辺に かじかんだ指先で夢を描いた
翼は有るのに飛べずにいるんだ 一人になるのが怖くて つらくて
優しい陽だまりに片寄せる日々を 超えて 僕ら 孤独な夢へと歩く
「さよなら」は悲しい言葉じゃない それぞれの夢へと僕らを繋ぐYELL
共に過ごした日々を胸に抱いて 飛び立つよ 一人で 次の空へ

この詩は卒業ソングとして多くの方に知られています。ただ私は、学生が社会へ、進学のために、旧友と分けれるシーンのみに使われるのは勿体無い、もう少し普遍的な意味も込められているように思い、ここで取り上げさせていただきました。
この最初の部分は、これまで慣れ親しんだ場所から離れる不安の情景描写です。そして、ここで既にこの詩の主メッセージ「さよならは悲しい言葉じゃない」と謳っています。

僕等はなぜ答えを焦って 宛の無い暗がりに自分を探すのだろう
誰かをただ想う涙も 真っ直ぐな笑顔も ここに在るのに
本当の自分を誰かの言葉で 繕うことに逃れて 迷って
ありのままの弱さと向き合う強さを つかみ 僕ら 初めて 明日へと駆ける
「さよなら」を誰かに告げる度に 僕らまた変われる 強くなれるかな
たとえ違う空へ飛び立とうとも 途絶えはしない想いよ 今も 胸に

「繕う(つくろう)」という言葉が出てきます。繕うとは、いろんな意味が有りますが、悪いこと、弱いこと、間違ったこと、それらを外から上手く隠すことでしょう。「優しい陽だまり」と感じた現在の場所でも、振り返って自分を見つめれば、そんな「繕う」姿が思い起こされます。それは旅立ちを前にすれば、不安や怖さを助長することにも繋がります。それでも、それらを振り切って飛び立つことができれば、それはもう一つ自分が強くなれる、否、もう一つ強くならなければ飛び立てない、そんなメッセージが込められていると思います。

永遠など無いと(気付いた時から) 笑い合ったあの日も(歌い合ったあの日も)
強く(深く) 胸に 刻まれていく
だからこそあなたは(だからこそ僕らは) 他の誰でもない(誰にも負けない)
声を(挙げて) わたしを生きていくよと
約束したんだ ひとり ひとつ 道を選んだ

ここでの歌詞は、主文を補完する複文が付属することで、より一層「わたし」の気持ちの強さを表しているように思われます。そして同時に、自分を支えてくれた、励ましてくれた、共に歩んだ、周りの人達への想い、そして過去の自分との別離の決意も伝わってきます。

「さよなら」は悲しい言葉じゃない それぞれの夢へと僕らを繋ぐYELL
いつかまた巡り会うその時まで 忘れはしない誇りよ 友よ
僕らが分かち合う言葉がある 心から心へ 声を繋ぐYELL
共に過ごした日々を胸に抱いて 飛び立つよ独りで次の 空へ

もうこの最後の部分は、何の解説も必要としない、この詩の主題そのままです。

人は一人では生きられない。人が生きていること、生き続けること、それは人と出会うこと。そして出会うことと同じように、人と別れることでもあります。その「人」とは、家族や友人や同僚だけではありません。自分自身もその中に含まれます。親しい人、自らか築いてきた場所、それらを失うことを悲しく思うことは自然なことです。けれど悲しんだ後に、「自分が手に入れたものを」を思い出して前を向くことが、次への第一歩になると思います。そうすれば、そこで告げる「さよなら」は、決して悲しい言葉ではないでしょう。
貴方は今年、どんな人と出会いましたか? そしてどんな人と別れてきましたか? 何度「さよなら」と言いましたか? 言われましたか?

まもなく今年も終わります。今年頑張った人も、そうでなかった人も、等しく万人が今年の自分に別れを告げます。そしてまた、等しく万人が新しい年、新しい自分を迎えます。皆様の新しい自分が、より良いものであることを祈って、今年最後の記事とさせていただきます。
ありがとうございました。




YELL(エール)


nice!(3)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

「探偵はBARにいる」 [本・映画・アニメ・詩歌]

もしルパン三世を実写化するのなら(もう既に実写化されてますが)、ルパン役は俳優「大泉 洋」しかいない、と私は思っていました。その大泉 洋主演の映画が、「探偵はBARにいる」です。

探偵1.jpg

まず、この俳優「大泉 洋」がキライな人にはまったくお勧めできない映画です。これは、彼あっての映画だと思うからです。なので、彼の軽妙洒脱な言動、時にハレンチで、時にシリアスな表情、それら相対する魅力を最大に引き出した映画である、と言い切ってしまいましょう。東直己氏の推理小説シリーズ「ススキノ探偵シリーズ」を原作としているらしいですが、推理作品としての魅力は薄く、かといってアクションシーンがカッコいい訳でもなく、奥深い・人間臭い大作でもなく、思わず涙が溢れるような感動作でもありません。けれど、大泉洋演じる探偵と、松田龍平演じる無口な相棒とのコンビが出くわす事件を、軽いコメディタッチを交えながら、時に真面目に追い続けるストーリーは、なかなか退屈しない映画に仕上がってます。2011年に第一作が造られて好評だったのか、その後2013年に第二作、2017年に第三作が公開されています。ひょっとするとシリーズ化されるのかもしれませんね。

探偵2-3.jpg

本音を本人の声でナレーション的に入れながらもセリフは建て前的、そんな手法を盛り込みながら、時にシリアスな表情を見せる探偵(名前は明かされていません)。札幌ススキノの裏通りを颯爽とかっ歩する姿はカッコ良くも、でも話し言葉は軽妙でどちらかと言えば下品な部類。特に大金持ちでも頭脳明晰でもなく、次元大介風の松田龍平の助けが無ければ危ない事多い程度の腕っぷし。でも、決めるべきところはキッチリとシリアス。そんな主演の大泉洋の魅力が詰まった映画です。
確かにそれだけだと、何だかオチャラケた三流映画になってしまいますが、魅力的な女優さん(時に依頼人だったり時に犯人だったり)が絡むことで、ワンランクアップの映画になっているように思えます(それでもB級の域を出ないでしょうが)。一作目の小雪さんの二面性、二作目の大阪弁丸出しの尾野真千子さん、三作目の氷のように美しい北川景子さん、ですね。
肩ひじ張らずに軽~く見る映画で、DVDレンタル店では既に旧作扱いになっている筈ですから、(大泉 洋が嫌いでなければ)お勧めしようと紹介しました。身構える必要は無いですから、見るなら第一作から、ですね。




nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

「関ヶ原」 [本・映画・アニメ・詩歌]

実は私、歴史小説は好きな方です(逆に恋愛小説は苦手です)。
一時期、戦国時代を題材とした小説を読み漁ったことがあります。もちろん、司馬遼太郎氏著書の「関ヶ原」も上中下巻を完読しました。で、先日近所のレンタルビデオ店を覗いた時に同名の作品を見つけたので、つい借りてしまいました。「日本のいちばん長い日」などの原田眞人監督が、この日本最大規模の合戦を映画化、昨年公開された作品で、主演の石田三成を演ずるは岡田准一、対する徳川家康は役所広司、それに色を添えるくの一役に有村架純、という配役です。

関ヶ原.jpg

さて以下は私の印象ですが、149分という日本映画としては長い上映時間を使っても、ぜ~んぜん描き足りていない。確かに石田三成役の岡田准一さんは頑張っている感がありますが、この関ヶ原の合戦に関わる人物の描写や背景、説明が全く足りない。たとえば、石田三成を嫌う七人が誰なのか、なぜ嫌うのか、全く分からないし、なぜ大谷刑部が無条件に味方するのか、安国寺恵瓊がどういう役目を負っているのか、そもそもなぜこの合戦が僅か6時間で決してしまったのか、等をこの映画だけで理解するのは難しい。歴史に疎い方には全く分からないのでは、と思ってしまいました。なので、149分を使っても極めて「早足感」があって、セリフは急いでいるので分かりにくいし、時間軸と場面展開が飛び過ぎで、一シーンの描写や演技を味わう余裕など無し。この映画は、歴史的予備知識を持っている人にしか分からないだろうし、そんな予備知識を持っている人を満足させられるだけの充実感も無いと思います。徳川家康役の役所広司はさすがの演技力でしたが、彼を起用したために家康側を描く時間を割かねばならず、それならいっそ題名を「石田三成」にして、三成だけを描いた作品にした方が良かったのではないか、と思いました(それでも149分では足りないかも)。
岡田准一ファン、有村架純ファンなら納得の映画、それ以外の、歴史好き、合戦好き、大河ドラマ好きの方々が、ちょっとレンタルビデオで借りて見て、いろいろツッコミを入れる映画かな~、なんて思ってしまいました。



「関ヶ原」予告編


nice!(4)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

「遥か」 [本・映画・アニメ・詩歌]

遥か.jpg

この時期は卒業・入学シーズンでもあり、社会人になる方も既に社会人の方も、新たな環境・新たな生活を始める方々もいらっしゃるのではないでしょうか。そして、そんな旅立つ人と同じくらい、送り出す人がいると思います。そんな別れと旅立ちを謳った曲は、古今東西たくさん存在します。今回はその中から一曲、GReeeeNの「遥か」を紹介させていただきます。

窓から流れる景色変わらない この街旅立つ
春風舞い散る桜 憧ればかり強くなってく
「どれだけ寂しくても 自分で決めた道信じて・・・」
手紙の最後の行が あいつらしくて笑える
「誰かに嘘をつくような人になってくれるな」父の願いと
「傷ついたって笑い飛ばして 傷つけるより全然いいね」母の愛

この曲の歌詞をずっと読み続けると、旅立つ子と両親の気持ちを謳ったことが分かりますが、子と親の気持や視点が交錯して出てきますから、そこがちょっと分かりにくい詩でもあります。「自分で決めた道信じて」というのは、旅立つこの覚悟であり、「あいつらしくて笑える」とは親の子を見る眼でしょう。

あの空 流れる雲 思い出す あの頃の僕は
人の痛みに気づかず 情けない弱さを隠していた
気づけば いつも誰かに支えられ ここまで歩いた
だから今度は自分が誰かを支えられるように
「真っ直ぐにやれ よそ見はするな 下手くそでいい」父の笑顔と
「信じることは簡単なこと 疑うよりも気持ちがいいね」母の涙

ここでも、旅立つ子の気持ちと決意、親がその子に向けて掛けたい言葉が交錯して続いています。ただこの詩の主人公は旅立つ子であり、この親の言葉は、実はその子の記憶のなかに残っているものなのだと思われます。

さようなら また会える日まで 不安と期待を背負って
必ず夢をかなえて 笑顔で帰るために
本当の強さ 本当の自由 本当の愛と本当の優しさ
分からないまま進めないから 自分探すと心に決めた
春風 想い届けて 涙を優しく包んで
必ず夢をかなえて 笑顔で帰るために

今まで親の傘の下ですくすくと育った子が、自らの夢を持ち、それを目指して旅立つ情景が浮かびます。しかしそれは、親に対する嫌疑の別離ではなく、「笑顔で帰るため」の別れであることが窺い知れます。その根底には、親への感謝の気持ちが込められています。

さようなら 叱られることも少なくなっていくけれど
いつでも傍にいるから 笑顔で帰るから
どれだけ寂しくても 僕らは歩き続ける

必ず帰るから 想いが風に舞う
あなたの誇りになる
いざ行こう

「いつでも傍にいるから」とは、物理的な距離を差しているのではないでしょう。親と子、その絆が失われてはいない、これから先も失われないことを意味していると思います。それだからこそ「必ず帰るから」と続くのです。夢と決意を持って親元を旅立つ子が帰ることを謳うのは、矛盾のように思えるかもしれませんが、「あなたの誇りになる」と言うように、たとえ離れて暮らしても、互いに思いやる気持ちを持ち続けることを謳っているのです。

さて、この曲の題名は「遥か」です。何が遥かなのでしょう。「遥か」とは、距離や時間が隔たっている状態を表すと同時に、私には仰ぎ見るような肯定的な意味合いも付加されているように思えます。この詩での「遥か」とは、今の自分と目指す夢との間に有る差異でしょう。まだ弱いと自覚するまで育った子、それでも抱く夢に向かって親元から旅立つ決意した子、その子の目指す先がまだずっと先に有ること、その情景を「遥か」と言い表しているのでしょう。
そしてそれと同時に、子が今まで育ててくれた親を思う気持ち、旅立つ子を見送る親の気持ち、その双方の思いやる気持ちは有っても、同じではない。その差異も「遥か」と言い表しているように思えます。そう考えていくと、この詩は単なる卒業ソングではない。旅立つ人を主にしながらも、送り出す側の親をも含めた、もっと大きな家族の愛を謳った曲なのです。
子供は親のロボットでも、コピーでもない、一人の人間なのです。夢を追って親元を飛び出す決意をした子供は、もう大人と見てよいでしょう。育ててもらった大人、育てた大人、その両者が互いに見つめ合う眼や想いは違って当たり前なのです。それでも互いに通じ合い、結び合う気持ちを持ち続ける。歳も、場所も、歩く方向も違えども、同じじゃないけど、感謝と期待が交差した絆を持ち続け、歩き続けます。フッとお互いを見た時に、その姿に「遥か」を感じるやもしれません。
旅人は、どんなに辛く苦しくても、いつか故郷に帰る日を想い、たとえ今日は倒れてもまた歩き出す、といいます。その故郷は、遥か先かもしれません。大切に育てた我が子が自らの元を飛び出したとて、その後ろ姿を見つめる眼は失いません。子供の背中が、たとえ遥か先思えても。



GReeeeN 「遥か」


nice!(2)  コメント(4) 
共通テーマ:趣味・カルチャー
前の4件 | - 本・映画・アニメ・詩歌 ブログトップ