So-net無料ブログ作成
サッカー撮影 ブログトップ
前の4件 | 次の4件

サッカー撮影111(フットサルの撮影 その1) [サッカー撮影]

フットサル(Futsal)は、基本的には室内で行われるサッカーに似た競技で、育成年代のサッカーチームでは、ボールを扱う技術の向上のためにフットサルを取り入れているところもあります。1989年に国際サッカー連盟(FIFA)の所管となり、日本でも日本サッカー協会の管轄となって各種大会が行われていますから、その観点ではサッカーというスポーツ内の一競技とも取れます。今回は、このフットサルの撮影について少し書いてみたいと思います。

サッカー111-01.jpg

まず結論から先に申し上げれば、「サッカーが撮れるからといってフットサルが思い通りに撮れるとは限らない」ということです。その理由について、サッカーとの差異を挙げながら、必要となるポイントを書き進めたいと思います。
まず第一は、ピッチ(コート)の大きさの違いです。サッカーの場合、基本的には105m×68m、小学生の8人制の場合ではその約半分の約68m×50mのピッチサイズです。それに対してフットサルコートは38~42m×18~22mと規定されています。これは同じ屋内競技のバスケットボールのコート(28m×15m)よりは大きく、ハンドボール(40m×20m)とほぼ同じです。数字だけでは分かりづらいので、下に図にしてみました。

サッカー111-02.jpg

サッカー111-03.jpg

フットサルコートは面積比で言えば、サッカーのフルピッチの約11%、小学生の8人制ピッチに比べても約24%です。これを撮るにあたって、サッカーのような焦点距離の長いレンズが必要ではない、もっと短いレンズが必要なことは容易に想像つくでしょう。具体的には、(フルサイズ換算で)300~600㎜のレンズを使って撮っていたのが、80~300㎜で済む。それは、大きく重く、高価なレンズを使わなくて済むようにも思えます。しかし、それが撮影が容易になる事とイコールではありません。むしろ、難易度は上がるものだと考えた方がよいでしょう。以前の記事で、遠くの選手を小さくとることは容易で、近くの選手を大きく撮るこのがいかに難しいか、を書いたことがあります。それは被写体である選手が動く、動体撮影であるからなのですが、例えば300mmのレンズでピッチ中央を10mドリブルをする選手を撮るにあたって、(使用カメラにもよりますが)レンズを僅かに振るだけで捕捉し続けることができます。しかし選手が撮影者に近くなるほど、レンズを振る度合いは大きくなり、被写界深度も被写体との距離が近くなるほど薄くなりますから、その動きを先読みしながら狙った選手にピントを合わせ、トレースする集中力が必要となります。つまり動く被写体と撮影者の距離が近くなればなるほど、捕捉し、フレーミングし、ピントを狙ったところにしっかり合わせる、その一連の作業が難しくなります。まして、選手は10mドリブルするといっても、その速度や方向は一定ではなく、急に止まったり、急に方向を変えることは常にありますし、人形ではありませんから、動きながら体型を変えたりします。後述するフットサル選手の俊敏な動きを、サッカーよりもずっと近い距離で追い続けなければならない点が、まず難易度の高い撮影環境にあることを分かっていただけるでしょうか。

サッカー111-04.jpg

上の写真
7D MarkⅡ+EF70-200mm F2.8 L IS Ⅱ
絞り優先AE 評価測光 シャッター速度 1/640 F3.2 ISO 5000  焦点距離 200mm
下の写真
1DX MarkⅡ+EF70-200mm F2.8 L IS Ⅱ
絞り優先AE 評価測光 シャッター速度 1/1000 F3.2 ISO 6400  焦点距離 200mm

サッカー111-05.jpg

サッカー111-06.jpg

上の写真
1DX MarkⅡ+EF300mm F2.8 L IS
絞り優先AE 中央重点平均測光 シャッター速度 1/1250 F3.2 ISO 5000  焦点距離 300mm
下の写真
1DX MarkⅡ+EF300mm F2.8 L IS
絞り優先AE 中央重点平均測光 シャッター速度 1/1000 F3.2 ISO 5000  焦点距離 300mm

サッカー111-07.jpg


nice!(2)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

サッカー撮影110(守りのズーム・攻めの単焦点 その8) [サッカー撮影]

サッカー110-01.jpg

長々とズームレンズと単焦点レンズについて書いてきましたが、今回で一区切りです。
これまで何度も書いてきましたが、広いグランド内を不規則に動き回る選手が被写体です。固定焦点距離の単焦点レンズに比べ、可変焦点距離のズームレンズの方が、選手を捉えやすいのは確かです。従って、両方のレンズで一試合撮れば、たぶんズームレンズで撮った方が撮影枚数が多くなるでしょう。しかし私は、「何でも撮ろうとすると大事な時に撮り逃がす事が多い」「集中力を高めて撮影画像の平均値を上げることの方が良作を得られる」、以前そう書いたことがあります。ズームレンズで無難な大きさで選手を撮り続ける、それは決して悪い事ではありませんし、時に必要なことでしょう。それをここでは「守り」という言葉で表現しました。ズームレンズを使えば、そうした守りの撮影がしやすいのは確かです。でも、そうして撮った画像の平均値を上げるためには、時に思い切った「攻めの画」が必要になります。負けない為に守りは必須です。しかし勝つためには、チャンスと見たら攻めの姿勢もまた必須なのです。

サッカー110-02.jpg

サッカー110-03.jpg

ズームレンズに比べれば、単焦点レンズを使うと自然に撮影枚数が少なくなります。何故少なくなるか、それは撮影者自身が、シャッターを切る時・切らない時の取捨選択をしているからです。そしてその判断基準は、撮影目的や価値観、そして自身のスキル等で撮影者自身が決めることです。トリミングを使えば守りの撮影もできる、その考えも頭の隅に有るかもしれませんし、現在の高画素カメラでは、あながち「悪」とは言えません。しかし、画角が固定のレンズで動き回る選手を追うのです。選手の煌めく一瞬を撮り逃さないように集中力を研ぎ澄まさなければ、撮影画像の平均値は永遠に上がりません。そうした判断力や集中力、そしてそれを支える旺盛な撮影意欲、それを持って被写体と相対することを、ここで私は「攻め」という言葉を使いました。単焦点レンズで撮るには必須なのだと。

サッカー110-04.jpg

サッカー110-05.jpg

愚息が現役を退いてからは、依頼撮影が殆どになりました。「A選手の画が欲しい」「B選手の絡んだ写真が必要」、クライアントからはそんな要求が来ることもあります。そのとき、「ありません」「撮れてません」では責務をこなしているとは言い難い。時には、ここで書いてきた「守りの撮影も必要なんだ」と思ったことが、再度ズームレンズを導入した理由です。ズームから始めて、その後長く単焦点レンズのみで撮ってきました。その私が今は、両方のレンズを併用しています。その想いを書き綴ることが、今回の記事を書くキッカケの一つでした。
そうしてピッチ脇で撮っていると、以前と比べてデジタル一眼レフカメラで撮っている父兄の数が多くなったことに気付きます。見ていると、その殆どの方がズームレンズを使っていますが、被写体がこんなに動いているのに、ズームリングを回す頻度が少なすぎる、ズーム全域を使っていない、と感じました。それも今回の記事を書くキッカケとなりました。

サッカー110-06.jpg

サッカー110-07.jpg

サッカー110-17.jpg

写真撮影の中でもサッカー撮影は機材にかかる負担が大きい故に、それなりの投資が必要となります。しかし私が撮り始めた頃に比べれば、今は機材を選べる時代となりました。どんな機材を選べばよいのか、それはまた楽しみながら悩むとして、どんな機材を選ぼうとも、「より満足できる画を残したい」という想いが根底に有る筈です。それこそが、「攻め」でも「守り」でも必要な「意欲」であると思います。

サッカー110-08.jpg

サッカー110-09.jpg

サッカー110-10.jpg

サッカー110-11.jpg

サッカー110-12.jpg

サッカー110-13.jpg

サッカー110-16.jpg

サッカー110-15.jpg

サッカー110-14.jpg


nice!(3)  コメント(4) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

サッカー撮影109(守りのズーム・攻めの単焦点 その7) [サッカー撮影]

サッカー109-01.jpg

前回は、私が単焦点レンズを使って撮る場合のスイートスポットの下限、選手がこの大きさ以上でないとシャッターを切らない、という事を書きました。では、私のスイートスポットの上限はどの位なのか?。回答は明確です。そのレンズの最短撮影距離で選手を捉えられる大きさ、です。

サッカー109-15.jpg

サッカー109-03.jpg

サッカー撮影は、常に不規則に動き回っている選手を撮る、人物の動体撮影です。その場合(以前も書いたことがありますが)、遠くの選手を小さく撮ることは簡単なのです。長焦点距離のレンズを使って、遠くの選手をそこそこの大きさで撮ることは、それに次いで簡単です。しかし、近くの選手を目一杯の大きさで撮ることは、極めて難易度が高い。一試合撮っても、そう簡単に量産できるものではありません。それに加え、いくらAF性能が良い機材を使っていても、ピントが来ていなくては何ら意味が無い。ただでさえ薄い被写界深度の単焦点レンズです。集中力を研ぎ澄まして被写体を追い、選手がファインダーからはみ出しそうになっても冷静にシャッターを切るタイミングを計る、これは撮影者自身に相応の反射神経、努力と経験、そして「攻めの気持ち」を要求します。しかしコレが上手く決まれば、単焦点レンズの解像力と相まって、素晴らしい一枚を手にすることができるでしょう。それこそが快感(自己満足かもしれませんが)、これこそがサッカー撮影の醍醐味であると思います。

サッカー109-14.jpg

サッカー109-06.jpg

過去のサッカー撮影の記事の中で、「ギリギリのフレーミング」や「ポートレート的」で、そんな画を載せてきましたが、それらは私の「攻め」の結果です。単焦点レンズを使ってそんな画を撮ることは難しい。難しいからこそ「撮ってやるゾ!」という攻めの姿勢・気持ちが必須なのです。前回にも書きましたが、現在の高画素のカメラでは、たとえ単焦点レンズを使っていても、守りの撮影はできます。でも、単焦点レンズだから、これ以上は引けないから、と諦めず、もう一歩踏み込んで、たとえ選手の手足がファインダーからはみ出しても構わない、と踏み込んで追えば、失敗するかもしれない、成功確率が低いかもしれないけど、高価な単焦点レンズでしか撮れない画を見つけられるかもしれません。いや、ぜひそんな画を撮って欲しいと思います。

サッカー109-05.jpg

サッカー109-12.jpg

サッカー109-07.jpg

サッカー109-04.jpg

サッカー109-08.jpg

サッカー109-09.jpg

サッカー109-10.jpg

サッカー109-11.jpg

サッカー109-02.jpg

サッカー109-13.jpg

サッカー109-16.jpg

サッカー109-17.jpg

(今回掲載画像は全て、単焦点レンズを使ったノートリミング画像です)

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

サッカー撮影108(守りのズーム・攻めの単焦点 その6) [サッカー撮影]

サッカー108-01.jpg

前回、スイートスポットに入ってきた被写体の良いシーンを撮り逃がさない事、と書きました。この「スイートスポット」について、今回は書き加えようと思います。まずは、下に作例を挙げます。

サッカー108-02.jpg

撮影データも記しておきます。
1D MarkⅣ+EF300mm F2.8 L IS
 シャッター速度優先AE 評価測光 露出補正 -1/3 シャッター速度 1/1000 F2.8 ISO 125  焦点距離 300mm
実は上の画はトリミングした画像です。ノートリミング画像が下の画です。

サッカー108-03.jpg

このノートリミング画を見れば、狙った被写体が小さすぎて、削除対象画像になりかねません。ただこれでも、大きくプリントしなければ使える画かもしれませんし、チーム撮りをしている方々には、撮らなければならないシーンかもしれません。しかし、です。これは単焦点レンズの高解像力があってこその画です。トリミングで被写体の大きさを融通するのなら、「トリミングをズームリング替わりに使っている」と言われても致し方ないでしょう。それなら高価な単焦点レンズなど使わず、最初からズームレンズで撮れば良いのです。
もう一例載せます。これも単焦点レンズを使ってますが、トリミングしてあります。
1D MarkⅣ+EF400mm F2.8 L IS
 絞り優先AE 評価測光 露出補正 -2/3 シャッター速度 1/800 F3.5 ISO 100  焦点距離 400mm

サッカー108-04.jpg

個々人の価値観や使用目的等によって左右するでしょうが、「縦で撮って横幅一杯に4:3にトリミングして、選手が目一杯の大きさになる画」、私はこれが被写体を捉える最小の大きさにしています(チーム撮りでも、依頼撮影でも)。つまり私が単焦点レンズを使って撮る場合、ファインダーを覗いて選手の大きさがこの画以上でないとシャッターは切らないことにしています。縦でも横でも、ファインダーを覗いてこの大きさ以上が、私のスイートスポットという事です。

サッカー108-05.jpg

「トリミングは後処理だから」とか「トリミング前提で撮るべきではない」と、私はこれまで書いてきましたから、「トリミング=悪」といった印象を与えてしまったかもしれません。けれど単焦点レンズでサッカーを撮る場合、常に思うような大きさで選手を捉えられる訳ではありません。いや、そんな大きさで捉えられる事は、一試合撮ってもそんなに多くは無いはずです。単焦点レンズを使っている場合、サッカー撮影は常に不規則に動く選手が被写体なのですから、ある程度は後処理としてトリミングで整えるのは仕方ない部分もありますし、実際私もトリミングはします。そう考えると、自宅で簡単にトリミングできるデジタル写真になって、更に高画素になったことで、単焦点レンズ導入の敷居は低くなった、と言えるのかもしれません。
しかし、大きくトリミングしなければならないような画を撮ることは、単焦点レンズを使って「守りに入っている」とは言えないでしょうか。私がサッカーを撮り始めた頃、高性能な一眼レフカメラでも600~800万画素のカメラでした。その画を大きくトリミングしようものなら、プリントには全く使えない画になってしまいます。今ではその当時の3~4倍もの画素数が有り、高性能な単焦点レンズを使えば、トリミングしても高精細な画が得られる場合も有るでしょう。でもそれでは、何のために高額な投資をしたのでしょう。単焦点レンズを使っても守りの撮影はできますが、ここは攻めの撮影をしたいものです。

(以下の写真は、単焦点レンズを使って縦で撮った画を、横幅一杯に4:3にトリミングしたものです)

サッカー108-06.jpg

サッカー108-07.jpg

サッカー108-12.jpg

サッカー108-09.jpg

サッカー108-11.jpg

サッカー108-08.jpg

サッカー108-10.jpg

サッカー108-15.jpg

サッカー108-13.jpg

サッカー108-14.jpg


nice!(2)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー
前の4件 | 次の4件 サッカー撮影 ブログトップ