So-net無料ブログ作成
写真・撮影 ブログトップ
前の4件 | -

第16回JFA地域ガールズ・エイト(U-12)サッカー大会 [写真・撮影]

今年もサッカーシーズンがやって来ました。そして、私の撮影もスタートです。
これまでも書いてきましたが、どの年代であっても「基本的に新人戦は撮らない」というのが私のポリシーでして、今年も昨年同様、撮り始めは「キヤノン ガールズ・エイト(U-12)サッカー大会」です。

キヤノンガールズエイト-01.jpg

キヤノンさんがスポンサードしている大会で、全国を9地区に分けて、12歳以下の女子チーム(各県のトレセンチーム)が参加します。優勝したからといって全国大会が有る訳ではなく、小学生最後の大会として取り組んできた活動の成果を発揮するための大会です。「未来のなでしこ」というポスターが貼られていましたが、決して豊富とはいえない小学生女子の大会で、各県でトレセン活動を通じて養った力を試す大会ですね。昨年から我が県で東海大会が行われるようになり(昨年は伊勢、今年は四日市)、東海四県から集まった12チームが2日間に渡って、リーグ戦&順位決定戦を行います。今年はキヤノンから2人のカメラマンが来てました。

キヤノンガールズエイト-02.jpg

1日目の3月2日は快晴だったのですが、2日目の3月3日は小雨。ホントに天気予報のとおりとなりました。人工芝グランドだったので、快晴だと寒くはないけど反射光が気になるし、小雨でもずっとピッチサイドで撮り続ければびしょ濡れになります。小学生ですから、通常の半分程度の広さのピッチでの8人制サッカーで、1試合が12分×3ピリオド制です。3面用意されたピッチで試合が並行して行われますから、結局朝から夕方まで撮り続けることになり、我が県のチームしか撮りませんでしたが、2日間で12試合、約3300枚の撮影となりました。

キヤノンガールズエイト-03.jpg

使った機材は、1DX2+EF200-400 F4 ISと集合写真用に7D2+EF-S15-85 ISです。昨年も撮ったので要領は分かっていましたから、持ち出す機材は最低限に留めました。しかし最近特に感じるのが、EF-S15-85mm F3.5-5.6 ISの写りの悪さ。焦点距離的に便利に使えるので持ち出す機会が多いレンズなのですが、2000万画素オーバーの現在の基準では力不足感があります。

キヤノンガールズエイト-04.jpg

試合結果をドウコウ言う大会ではありませんが、選手達の必死のプレイには引き込まれることも有り、約3ヶ月も撮っていなかった私としては、撮影勘を取り戻す良い機会となりました。この後は、今年も重要な大会や試合が続きます。昨年同様、今年も県内各サッカー場に毎週のように出向くことになるでしょう。頑張ります!

キヤノンガールズエイト-05.jpg

キヤノンガールズエイト-06.jpg




昨年の写真は


nice!(2)  コメント(5) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

高校サッカーダイジェスト Vol.26 [写真・撮影]

サッカーに興味をお持ちの方々にとって、天皇杯が元日決戦ではなくなってからは、この高校サッカー選手権が「正月の風物詩」的になっているように思えます。以前の記事でも書きましたが、既に組合せも日程も決まり、12月30日の開会式から1月14日の決勝戦まで、筋書きの無いドラマを楽しめることと思います。その所以は、負ければ終わりのトーナメント戦であること、準々決勝までは延長戦が無く、同点の場合は即PK戦になること、そしてJリーグなどの大人のチームと違い、少しのメンタル面の差がチーム力を大きく左右する高校生であること、等が挙げられると思います。

高校サッカーダイジェストvol.jpg

現在、「高校サッカーダイジェスト Vol.26」が書店に並んでいることと思います。そして、このブログを以前から見に来て下さる方々には、私が当県大会の写真を提供していることもご存知だと思います(報知新聞社からも同様の特集号が発刊されていますが、その号の写真撮影も兼務しています)。そうした雑誌社の依頼撮影も今年で5年目になりますが、慣れているようで、やっぱり毎回反省すべき点が出てきますね。今年の当県の決勝戦では、試合開始からまったく「試合に入り込めていない」自分を痛感し、ハーフタイムで気持ちを入れ直さなければならない始末。そんな焦った結果、勝利チームにU-17日本代表の選手がいる事、J2クラブに内定している選手がいる事など、すっかり忘れてしまい、その選手をちゃんと撮れていたかなあ、と試合終了後になって不安になるなど、まだまだダメですね。
いちおう、この雑誌のスタッフリストに名を連ねる身としては、「買ってください」と言うのが筋だとは思いますが、まあ興味のある方は書店でスラ~ッと見てください。そして郷土の代表校を、ぜひ応援してほしいと思います。

(ちなみに、「貧乏暇なし」な私は年末年始も仕事で、撮りに行くどころか、テレビ観戦もできるかどうか(涙)

nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

全国高校サッカー選手権 [写真・撮影]

全国高校サッカー02.jpg

前回は各年代の最後の試合の持つ意味を書いたつもりですが、高校年代における最後の大会が「全国高等学校サッカー選手権大会」。これについては過去に何度か書いてますが、サッカーにおいて野球の甲子園大会に匹敵するもので、今回で第97回目です。各都道府県の予選を勝ち抜いた48校(東京都は2校)がトーナメント方式で優勝を争います。野球の甲子園大会と同じトーナメントなので、負けたら終わりです。故にこれまで幾多のドラマを生んできましたね。今月11月は各県代表校が順次決まる重要な時期でした。もちろん私も例年通り、県サッカー協会のカメラマンとして、某雑誌のカメラマンとして、我が県代表決定の瞬間に立ち会いました。

全国高校サッカー04.jpg

現在はJリーグが出来て、その下部のユースチームの所属している選手もいますから、前回紹介した2種登録の選手が全て高校サッカー部所属ではありません。けれどこの大会は、歴史も古く、注目度も高く(テレビ放送も有りますし)、高校生サッカー選手にとっては大きな目標になっていることは間違いありません。そしてこの大会が年度の最後に位置することから、たとえ県予選の一回戦からでも、「最後の試合」となる選手が多く、各会場には多くの保護者の方々が足を運んでおられました。毎年のことですが、サッカーの内容や試合自体のレベルがドウコウより、選手達の意気込みを感じながら撮ることが、私に求められた使命であり、私自身が欲していることでもあります。

全国高校サッカー03.jpg

我が愚息達も、この大会での勝利を目指し、全力で戦い、しかし敗退し、そこで十数年の現役選手としての活動を終えました。そんな我が子の姿を撮っていた心情については、これまでこのブログで書いてきましたから、ここで繰り返すことはしませんが、「最後」という意味については十分理解しているつもりです。今年も多くの選手が、その保護者が、勝利に喜び、敗戦に泣く姿を見てきました。そして思うのは、学生サッカーは必ず毎年学年が上がって、卒業という節目を迎える事。今年と同じメンバーで来年も戦えることは決してないのです。その点が1種(大学・社会人)の選手と大きく違う所で、故に私が学生サッカーを撮り続けている所以でもあります。

全国高校サッカー07.jpg

既に今年の出場校が決まり、11月19日に組み合わせ抽選会が行われて対戦相手が決まり、12月30日の開会式から本大会が始まります。毎年のことですが、ジャイアントキリング(番狂わせ)が起こるのが常の大会ですから、興味のある方にはぜひ(夏の甲子園のように)郷土の代表校を応援していただきたいと思います。

全国高校サッカー06.jpg

さて、上記は高校生男子の大会です。女子は?といえば、もちろん有ります。「全日本高等学校女子サッカー選手権大会」で、今回で第27回になります。

全国高校サッカー01.jpg

女子サッカー人口がまだ少ないからでしょうか、男子のように都道府県代表がそのまま全国大会に出場できるのではなく、各都道府県代表校が地区予選を戦い、その地区予選を勝ち上がった32校が、同じくトーナメント方式で来年1月3日から優勝を争います。こちらもクラブチームではなく、高校の女子サッカー部の大会ですから(クラブチームの日本一を決める大会は別に有ります)、やはりこの大会が「最後」という意味合いを含んでいることは、男子と同じです。男子を撮って、女子は撮らない、というのは不公平ですから、私はこの大会もできる限り足を運んで撮ってきました。

全国高校サッカー05.jpg

そんな訳で(毎年のことですが)、週末になれば撮影、その後は選別・編集して提出、そしてまた撮影と、10月から11月にかけて私はフル稼働状態でして(でも家計を支える仕事も手を抜けないし)、このブログ更新もままならず、体力勝負に半分負けそうな状態を過ごしていました。その間、いろいろ失敗もありましたし、新たに気付いた点も有りましたが、それは落ち着いたら順次このブログで書いていこうと思っていますが、まだ溜まった仕事が片付けられない状態です。年々体力と集中力の減衰を感じながらも、今しばらくは彼ら・彼女たちの一喜一憂姿を追い求めていきたいと思っています。

全国高校サッカー08.jpg

そんな訳で、私は学生サッカーを撮るのが好きです。

全国高校サッカー09.jpg

全国高校サッカー10.jpg


nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

連戦、そして・・・ [写真・撮影]

連戦1.jpg

このブログの基幹が「サッカー撮影」であることは以前から変わっていないのですが、車の話を続けている内に少し間が空いてしまいました。この間サッカーを撮っていなかったかと言えば全く逆で、夏の過酷な高校総体の連日撮影を終えたと思ったら、9月からはもう毎週末が撮影で、撮っては編集・提出、そしてまた週末は撮影、と厳しい日程をこなしていました。そしてこの時期の撮影は学生サッカーが多いのですが、特に各年代の最終学年にとっては、「このチームで戦う最後の試合」となることが多々あります。

連戦2.jpg

小学生でも、中学生でも、高校生でも、大学生でも、男子でも女子でも、(通常は)毎年必ず学年が一つづつ上がっていき、卒業を迎えます。学校のサッカー部はもちろん、多くのクラブチームでも、この学校生活の節目で、それまで慣れたチームを離れることが多いこととでしょう。そこにはきっと、様々な感情が交差している事と思います。既に次のステップを見据えている子もいるでしょうし、華々しい最後を飾りたいと思っている子もいるでしょう。良い想い出を共有している子もいれば、早く次へ飛び立ちたい子もいることでしょう。それら悲喜様々な感情を抱きながら、最後になるかもしれない試合に挑む選手達を、今秋も撮り続けてきました。学生サッカーにとって、この秋の大会や試合には、そういった「最後」という意味合いがどのチームにも感じられます。そしてそれが最大級の感情をもたらすことも。

連戦3.jpg

連戦8.jpg

私も且つて、そんなサッカー選手の親でした。愚息1号の時に「最後の試合」を迎える気持ちを書かせていただきましたし、愚息2号の時も同様「最後の試合」を書かせていただきました。なので、選手も、その保護者の方々の気持ちもよく分かっているつもりです。だからこそ、キッチリ撮ってあげたい、とこの時期は毎週どこかのサッカー場に出向いています。試合は勝負です。勝つチームも有れば、負けるチームも有ります。ただ決勝戦だけが全てではないと思います。身一つですから、全ての試合を撮ることは不可能ですが、一回戦でも二回戦でも、私の許せる範囲でなるべく多く撮るように、と今年から心がけています。結果的に昨年と比べれば、今年の撮影枚数は(自分の子が現役でもないのに)過去最多になる予定です。

連戦6.jpg

サッカーは団体競技です。どんなに優れた選手でも、チームとしての勝利を求められます。そこに個人競技とはまた違う、チームメイトと一致団結して闘わなければならない難しさや厳しさ、楽しさが有ると思います。そうして苦労して日々積み重ねて作り上げたチームでも、今秋で去らなければならない選手がいる以上、「最後の試合」というのは必ずやって来ます。今日の敗退で最後になってしまったチームも有れば、今日の勝利で来週の試合まで続けられる権利を手にしたチームも有るでしょう。このメンバーで、このユニフォームで、試合に臨む「最後」という気持ちが込められた試合が多々あります。

連戦4.jpg

ただし、この「最後」とは、「このチームで」という前置詞が付きます。もちろん、このチームの最後が自分のサッカー選手としての最後、そんな子もいますが、次のステップで再度選手として高みを目指す子もいます。いや、我が愚息達のように、次はもう少し肩の力を抜いてサッカーというスポーツと向き合っていく子達もいることでしょう。そういう意味では、「最後」ではなく「節目」と言うべきなのかもしれませんが、どちらにせよ、一回戦で負けるようなチームでも、優勝を争うチームでも、それまで培ってきた技術と体力をぶつけ合う熱い試合が多いです。その意気を感じて撮ること、それが今の私の使命なのだと思ってシャッターを切り続けています。今週も来週も、彼ら・彼女たちに負けないように。

連戦05.jpg

連戦7.jpg


nice!(2)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー
前の4件 | - 写真・撮影 ブログトップ