So-net無料ブログ作成

HARRIER GR SPORT 一年経過 [日々の徒然]

我が家にハリアーGR SPORTがやって来て丸一年が経ちました。その経過報告をしてみたいと思います。

HARRIER-01.jpg

この一年間の総走行距離は5800km程。意外に少ないようにも思えますが、私の通勤が自転車であること、近所への買い物などには軽自動車のキャンバスを使うこと、等を考えれば、まあ妥当かな、と思います。この間の平均燃費は、1リットル当たり約10km。ほんの近距離移動では6~7kmですが、市街地でももう少し走れば10km近くいきます。高速道路などでは、よほど加減速を繰り返さない限り12~13kmは確実。2000ccのノンターボ車でこの車重(1590kg)を考えれば妥当でしょう。これはドライブモードを「NORMAL」の場合で、コレを「SPORT」にすると燃費は確実に1kmほど落ちます。

HARRIER-02.jpg

今時の車はアイドリングストップ機能は当たり前ですが、SPORTを名乗るこの車にももちろん付いています。ただこの機能、すぐに発進することが分かっている場合なんかだと、煩わしく思えることもありますよね。例えば、信号が青に既に変わっているのに前車に追いついて停止した場合や、駐車場で駐車券を撮る時など。我が家のキャンバスでは、まだ完全に停止していない時速1~2kmに落ちた段階で、既にエンジンストップします。このハリアーではそんな場合で停止しても、ブレーキペダルを軽く踏んでいるだけでは、アイドリングストップさせずに停止していることができます(上図のようにメーター内に促す表示は出ますが)。燃費やCO2の排出等の環境性能的にはストップさせた方が良いのでしょうが、私はブレーキペダルを踏む力加減でこの機能をコントロールできる方が好きです。もちろんこのアイドリングストップ機能をカットするスイッチも有りますが、長い信号待ちが予想できる時などは機能させたいし、その都度スイッチを触るのはかえって面倒。何がなんでもアイドリングさせないのは実情に合っていないと思うので、このハリアーの設定は歓迎です。

HARRIER-03.jpg

ブレーキホールド機能(停車した際にブレーキペダルを踏んでいなくてもブレーキがかかった状態を保持)、サイドブレーキ(パーキングブレーキ)の自動、レーダークルーズ機能、についてはファーストインプレッションでも書きましたが、なかなか使える機能だと思います。常に使うのではなく、必要に応じてチョイスすれば楽です(過信は禁物ですが)。これらの機能を見れば、自動車は自動運転の方向に確実に向かっていることを感じます。この一年間いろいろ使ってみて、車の運転を積極的に楽しみたい時ばかりではないですから、楽に移動したい時には有って損の無い機能だと思いました。当初は、GR SPORTという車には似つかわしくないような気もしましたが、日常で使えば、この機能を省かずにおいたメーカーの思慮には賛成します。

HARRIER-05.jpg

GR SPORTをスポーツらしく走らせるためには、ドライブモードを「SPORT」にすることが必須、と以前書きましたが、その考えは一年経っても変わっていません。このモードにすれば、確実に高回転を使うようになり、車重が軽くなったようなキビキビ感が出ます。元々、足回りを固めてシャシー剛性を高めたGR-SPORTですから、スポーツカー並みとは言いませんが、少ないロールで軽快に曲がっていきます。当初は、当たりの硬さを如実に感じたサスペンションも、一年経過して幾分角がとれた感じはします。しかし絶対的には固いことには変わりなく、万人にお勧めできる車ではないと思います。この剛性感に富んだ足回りとハンドリングは、本来はハリアーのターボ車(4WD)の為のもので、ノンターボ車では完全にシャシー性能が上回っています(タイヤも含めて)。ドライブモードを「SPORT」にして、豊富とは言えないエンジンパワーを使い切ったとしても、コーナリングの際のロールが少なく、この重い筈の車体を高い速度を維持しながらオンザレール感覚で曲がっていきます。それはそれで良いのですが、やはり(予算に多少の余裕があれば)GR SPORTならターボにすべきでしょうね(ハイオク仕様になりますが)。

HARRIER-04.jpg

不満点を上げれば、ナビゲーションシステムでしょう。私が予算をケチった為に、9インチが入るスペースに7インチモデルを入れてしまったこと。軽自動車のキャンバスでは7インチで不満が無かったからなのですが、やはり室内空間が広いハリアーには7インチモニターは絶対的に貧弱。これは失敗でした。機能的にはコレで十分なので、モニターサイズだけですけどネ。
不満点ではないのですが、この「ハリアーGR SPORT」と前代の「ハリアーG`s」とでは、外観はほぼ同じ、という点はちょっと残念。街中で、「アッ、GR SPORT」と思ったらG`sだった、ということがよくあります。アクアなどは、GR-SPORTとG`sでは外観が大きく変わってますから、ハリアーもそうして欲しかったですね。でも今のスタイリングは好きですけど。
その他には、このGR-SPORTにはホールドの良いシートが採用されています。運転席に座ると、腰部分をしっかりホールドしてくれるよう、シート端が盛り上がっていているのが、下の写真で分るでしょうか。一旦座ってしまえば、この上なく快適なのですが、乗り降りする際には、どうしてもこの盛り上り部を押さえ込んでしまいがちです。なので、この車で経年変化が一番先に起きるのがこの部分ではないか、と思っています。これはしかたないですね。

HARRIER-06.jpg

総じて、一年乗ってみて十分満足しています。毎回エンジンをかける際にマフラーから出る重低音の響きは、明らかにノーマルとは違いますから、たとえパワーアップしていなくても心地よいですし、街で見かける多くのハリアーとは一線を画すスタイリングにも満足しています。ファーストインプレッションでも書きましたが、一年経っても私の結論は、「長く付き合っていけそう」です(ハリアーのモデルチェンジの噂がありますが)。

nice!(3)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

やってしまった [日々の徒然]

やってしまいました(涙)

腰痛.jpg

仕事で25kgの荷物を何個か運んでいたときに、ギクッとやってしまいました。医者に行ったら、「いわゆるギックリ腰です」と言われました。
腰を曲げる動作をした時に痛みが走ります。靴下を履こうとした時なんかが痛い。まっすぐ立って歩くことには不自由しないので、たぶん軽症だと思います。しかたないですね、しばらく静養します。

nice!(2)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

家族旅行 2019(後編) [日々の徒然]

残念だったのは、翌月曜日に愚息2号が内定した会社の行事に参加しなければならなくなったこと。なので家内が朝5時に愚息2号を豊橋駅まで送っていき、早朝の新幹線で東京へ戻って行きました。やっぱり、たった一人ですが欠けると、ちょっと静かになってしまいました。

家族旅行2019-3-1.jpg

3日目は、朝は曇っていましたが、だんだん晴れてきました。部屋から見える海もずいぶん青い。で、気を良くして朝食後にチェックアウト、次の目的地に向かいます。本当は、伊良湖からフェリーに乗って知多半島に渡りたかったのですが、今はそのフェリーも無くなってしまいました(鳥羽行きのみ運行)。我が家が伊良湖によく行っていた頃には、知多半島の先の師崎(もろざき)からフェリーに乗って伊良湖に来るのが常でした。そんな訳で、車で三河湾をぐるっと回って向かったのは、「ラグーナ蒲郡」、いや今は名前が変わって「ラグーナテンボス」です。
https://www.lagunatenbosch.co.jp/index.html
家族旅行2019-3-2.jpg

ラグーナ蒲郡ができたのは2001年のこと。そのテーマパーク「ラグナシア」には、子供たちを連れてよく来ましたし、プールもよく利用しました。その後、紆余曲折あって現在は「ラグーナテンボス」となっています。そのプールのあるテーマパーク「ラグナシア」と、道を隔てた建物内にアウトレットモールやレストランなどが有る「ラグーナフェスティバルマーケット」で構成されています(ちょっと離れたところに温浴施設「ラグーナの湯」もあります)。最初は、テーマパークの方はスルーしようと思っていたのですが、時間的に余裕が有るし、せっかく何年ぶりかで来たので、1日パスポートを買って入園してみました。

家族旅行2019-3-4.jpg

この子達がまだ小学生だった頃は、夏休みにプール目的で来たので、朝早く並ばないと広い駐車場が一杯になるほどでしたが、今回は夏休み前の平日ですから、駐車場はガラガラで数えられるほど。入園しても人影まばらです。あの頃に比べるとアトラクションもリニューアルしていたりして、幾つか体験してみたのですが、どれも待ち時間無しで、周りに他の利用者も殆ど見当たらない貸し切り状態です。私服でウォータースライダーなんかに乗ったものですから、びしょ濡れになったりして、オジサン・オバサン夫婦と成人した子の4人組がワーワー言って楽しみましたが、後から考えるとちょっと恥ずかしかったですね(園内に利用客がほとんどいなかったのが幸いでした)。

家族旅行2019-3-3.jpg

その後、隣の建物に移動して、軽めの昼食とショッピングを楽しみました。隣接するマリーナには、人気アニメ「ワンピース」のサウザンドサニー号が、「これって実物大かな?」と愚息1号が言うので、「う~ん、マスト周辺の大きさなんか見ると、ちょっと小さくないか?」などと話しながら回復した天候の下、の~んびり過ごしていると、ツアーの団体客で一杯に。地元食材の市場で皆さん買い物をされていました。

家族旅行2019-3-5.jpg

で、最後に観覧車に乗って、今回の家族旅行の行程は全て終わり、帰路に就くことになりました。2人の子供達は新幹線で東京へ戻るので、名古屋駅まで送っていき、そこでこの旅行の終了となった次第です。

家族旅行2019-3-6.jpg

今回3回目となる家族旅行、昔撮った2枚の写真から得た私の発案で「過去を巡る旅」となってしまったことを、家族たちはどう思い、どのように感じたのでしょうか。「お父さんのノスタルジックに付き合ってしまった」とでも思っているのでしょうね。でも、それでも、私は十分満足した旅行でした。私だけが満足した旅行だったのかもしれませんが、「あの時はこうだった」などという話を家族全員でできたことは、今となっては貴重なことですし、家族共通の記憶を持つことの大切さも感じました。そして今回の旅行も、たとえ僅かでも後々まで記憶の片隅に残っていてくれれば、それで私は満足です。良い旅だったと思えます。
ただ、今回は愚息1号の合流が半日遅れ、愚息2号が最終日まで残れませんでした。来年はその愚息2号が社会人一年生となります。家族全員で旅行へ行くことが年々難しくなっていくことは事実です。でもそれは仕方ないことですね、もう親元を離れた子供達なのですから。それでも、親元から飛び出して、其々の場所で、其々の方向に歩んでく子供達と、いざとなった時に戻れる場所をしっかり確保している親とが、時に顔を合わせ、話をし、笑い合う、そんな時間や機会の大切さを、やはり今回の旅行でも感じました。
来年はどうなるか分かりません。でもやっぱりその為に、額に汗して働いて、少しづつお金を貯めて、「また行こう」と言われれば、「YES」と即答できるようにしたいと思っています。

家族旅行2019-3-7.jpg


nice!(1)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

家族旅行 2019(中編) [日々の徒然]

家族旅行2019-2-1.jpg

二日目です。宿泊した「オリーブの木」で朝食をいただいてから、自家用車のハリアーで出発。ハリアーに大人5人が乗るのはちょっとキツイですが、そこだけは我慢してもらって西進します。前回も書きましたが、今回の家族旅行は私が費用を負担する代わりに旅程は私が決める、というもので、それはある目的からです。その目的とは、あの写真を撮ること。前々回の記事で書きました、2001年と2008年に撮った3人の子供達の写真、それと同じように、同じ場所で、今年2019年の写真を撮りたい、それこそが私の願いであり、今回の家族旅行の主目的だったのです。あの写真を撮ったのは、愛知県の渥美半島の先、伊良湖。そこを目指します。

家族旅行2019-2-2.jpg

天候は曇り。雨が降らないだけでもマシ、と東名高速を走りましたが、途中「中田島砂丘」へ立ち寄りました。実はここも、以前何回か来たことがあります。愚息たちがまだ中学生サッカー選手だった頃、遠征で何度か訪れた静岡県で立ち寄ったのですが、その時撮った写真が残っていたので、今回の家族旅行でも中田島砂丘の入り口で同じように一枚残しておきたかったからで、砂丘入り口でパチリ。この砂丘を登って向こう側に行けば海が広がっているのですが、天候もイマイチだし、断念。

家族旅行2019-2-3.jpg

その後、海沿いを走って渥美半島へ入ります。我が家がなぜ伊良湖によく行っていたかといいますと、メロンを買うためです。子供たちが小学生の頃、5月・6月の時期に家庭訪問がありました。「1日で何軒も廻らなければならないので、食べ物・飲み物は出さないでください」との学校からの指示があったのですが、伊良湖に遊びに行った際に購入したメロンを一切れ出したところ、先生に食べていただけたので、翌年からこの時期にメロンを買いに行くのが我が家の恒例行事になってしまっていました(子供たちが成長して家庭訪問が無くなってからは遠のきましたが)。愛知県の渥美半島は、北海道には及ばないですが、全国屈指のマスクメロンの産地なのです。伊良湖へ向かって渥美半島を走っていくと、沿道に「メロン狩り」の看板や直売所が見えてきます。

家族旅行2019-2-4.jpg

「メロン氷」ってご存知ですか。マスクメロンを半分に切って、中央部の種を取り除き、空いたその部分にかき氷をた~っぷり乗せたもの。1人で食べると結構ボリュームがあります。もし渥美半島に行かれることが有れば、ぜひお勧めしたいですね(メロンの収穫時期だけですが)。

家族旅行2019-2-5.jpg

その後も、自宅で食べる用のメロン(ちょっと形が悪かったり、傷が有るものが安価で売られてます)を購入したり、立ち寄った「道の駅」でメロンソフトクリームを食べたりしながら、伊良湖に到着。ココにこうして5人全員で来るのは何年ぶりのことでだろう、と感傷に浸りつつも、今旅の目的である写真を撮ることに。過去の2枚の写真も曇天でしたが、今回も同じく曇天。「確かここだったよねぇ」「もう少し波打ち際だ」などと言い合いながら、あの当時の同じ並び方・同じポーズでパチリ。私的には、これでもう思い残すことはありません。
その後、早めに今日の宿泊場所「伊良湖ビューホテル」へチェックイン。そうなんです、一昨年・昨年と違って、今年は2泊3日の旅行になったのです。
下の写真は「恋路が浜」で撮ったモニュメントですが、後ろの山頂に立つ建物が、伊良湖ビューホテルです。
https://www.viewhotels.co.jp/irako/
家族旅行2019-2-6.jpg

この「伊良湖ビューホテル」、ここも我が子が小さい時によくお世話になりましたから、随分前からある老舗ホテルなのでしょう。近年大幅リニューアルされたようで、館内がずいぶん明るくなっていました。こちらも「じゃらん」で予約してあったのですが、5人で泊まれる部屋が1室しかなく、それが「プレミアムモダンジャパニーズルーム」というスイートルームに匹敵するような立派で広い部屋でした。そして客室も改装されたのでしょう、かなりキレイで、私たちのゆっくりくつろぐ旅行にはピッタリでした。

家族旅行2019-2-8.jpg

天候は曇りで、せっかくの最上階からの眺めはイマイチでしたが、暫しくつろいだ後、こちらも改装して良くなった大浴場を堪能してから、ビュッフェスタイルの夕食をいただきました。この時期の日曜日でも宿泊客は多く、たぶんツアー客が大半でしょうが、一気に食べて出て行かれる方が多かったですね。それに対して我が家は時間が有るので、90分の制限時間一杯を使って、の~んびり味わってきました。

家族旅行2019-2-7.jpg


nice!(1)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感