So-net無料ブログ作成
パソコン ブログトップ
前の4件 | -

HDD増設とデータ再整理 後編(裸族の集合住宅5Bay) [パソコン]

HDD増設・再構築3-1.jpg

改めて詳細に見てみると、この「裸族の集合住宅5Bay」は以前の「裸族の雑居ビル」と同様のHDD収納方法なのですが、その蓋部分の剛性感が上がってますね。以前のものはペナペナで、無理やり押し込んでいる感がありました。そして一番の違いは静かなこと。背面に冷却ファンが有るのは同じなのですが、以前のものははっきりゴーッという音で、12cmファン5台を回しているPC本体よりもずっと煩かった。それがコレはずっと静かです。ホントにファンが回っているの?と背面をみれば、しっかり6cm×2のファンが回ってます。内蔵したHDDも、相互に約1cmほど隙間がありますから、冷却面では大丈夫でしょう。ただしこの製品、見た目よりも重くて奥行きがありますから、設置場所は留意すべきでしょうね。
唯一の不満点は、電源スイッチが裏にあること。PCとの電源連動機能があるのだから電源スイッチはONのままで触らないのでは、と思われるかもしれませんが、私の場合データ収納庫として使うので、毎日立ち上げるPCに合わせて電源が入る必要も無く、必要な時だけONにしたいのですが、その時だけは前面に電源スイッチが有った方がよかったかな、と思いました。

HDD増設・再構築3-2.jpg

これで一安心。後は、購入した6TBと4TBのHDDを初期化します。これはPCに直接SATA接続して行いましたが、6TBともなるとフォーマットに10時間以上かかりました(まあ、寝ている間に行ったのですが)。
さて、では最新のHDDを収納して、10年前のeSATAボードで繋げたWindows 7のPCで、どの位の速度が出るのか、いつものソフト(バージョンアップしましたので、表示が以前のものと変わっています)で計測した結果が以下のとおり。向かって左がPCのSATAポートに接続した場合、右が今回購入のケースに内蔵してeSATA接続した場合です。

HDD増設・再構築3-3.jpg

使用したのは7200rpmの東芝製MN04ACA400ですが、ちょっと失敗。右側の今回のケース収納時の測定値は、HDDにデータをフルに入れた状態でした。空の状態での測定を忘れてました(年末で慌てていたんでしょうね、スミマセン)。でもまあ、実際に使う状態でのこの速度なら充分ではないでしょうか。東芝製HDDですが、「ウルサイ」というのが唯一の欠点だったのですが、今回購入したMN04ACA400は随分静かになりました。個体差も有るのかもしれませんが、他社製と遜色無いところまで進化しているのかな、と思ってしまいました。
では、同時購入した2TBプラッタを使ったSEAGATE ST6000DM003 はどうか。測定結果は以下のとおり(空の状態で、PCとSATA接続です)。

HDD増設・再構築3-4.jpg

こちらは回転数が5400rpmですから、まあこんなものでしょうね。バッファ容量が256MBに増加していますから、使い勝手では十分な性能を期待しています。

さて、これで2018年までのデータをHDD二重保存する土台がやっとできました。保存データを再構築するのは時間がかかりますが、それも何とか昨年内に終わらせることができ、新年を迎えられました。一先ず安心。しかし・・・、ここまでやっていると、「今使っているこのパソコンをそろそろ新型にしたいな~」と思うようになってきましたが、まあそれはボチボチと考えます。

nice!(1)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

HDD増設とデータ再整理 中編(裸族の雑居ビル) [パソコン]

外付けHDDとして「裸族の雑居ビル」を使っていることは前回書きました。これは4台の3.5inch HDDが収納可能で、ポートマルチプライヤ対応のeSATAボードと繋げれば、4台それぞれが内臓HDDと同様に個別認識されます。同様の製品でUSB接続のものも有るのですが、速度的にUSBよりeSATAの方が早い、との記事をどこかで読んだことがあるので、そうしましたが、SATA接続の内蔵HDDと比べれば速度は落ちるものの、これまで不満無く使ってきました。過去のデータ庫ですから、常時通電にしているのではなく、必要な時だけ電源ON、という使い方でした。で、今回のHDD増設、というか再整理のために電源ボタンを押してみると・・・、動かない(涙)。

HDD増設・再構築2-1.jpg

電源ケーブルやeSATAケーブルを確かめても問題無し。収納した4台のHDDが一斉に死ぬことも考えにくく、そもそもこの「裸族の雑居ビル」の電源が入らないのですから、この電源部の故障と考えられます。電源部といっても、100vを変圧して各HDDに送って、背後のファンを回しているだけなので、理系の知識の有る方なら直せるかもしれませんが、極めて文系の私には無理。ウ~ン、と暫し思案(この年末の忙しい時期なのに)。
この「裸族の雑居ビル」はいつ買ったのだろう、と調べてみたら(過去のブログ記事を見てみたら)、2008年8月購入で、その1年後の2009年8月にメーカー交換になったものでした。もう9年と4ヶ月使い続けているのですね(当然既にメーカでは廃版となってます)。これくらい前のものなら壊れても仕方ないか、と自分自身に納得させて、新調することにしました。年末の時期に痛い出費ですが、HDD増設・再整理は待っていられないので。
で、購入したのがコレ(通販です)、「裸族の集合住宅5Bay SATA6G USB3.0&eSATA Ver.2」です。
http://www.century.co.jp/products/crsj535eu3s6g2.html

HDD増設・再構築2-2.jpg

今度のはHDDが5台入れられます。以前使っていたものから1台の増加ですが、HDD再構築している私としては、この僅か1台の増加だけでも買換え利点です。「Ver.2」となってますが、以前の同様製品に比べ、SATA 6Gbps(SATA3.0)に対応したこと、Windows 10に対応したこと、8TBまでのHDDで動作確認済になったこと、等が変更点のようです。私の使い方ではRAID機能は必要ないし、USB3.0とeSATAの両方で接続可能な点もコレを選んだ理由の一つです。ちなみに電源部は、以前の4台収納のものが120Wだったのに対して、5台収納のコレは200Wと強化されてます(PCとの電源連携機能も有り)。
ただし不安な点も有りました。それは、今使っているポートマルチプライヤ対応のeSATAボードと繋げて機能するかどうか。今使っているeSATAボードも10年前のものですから、その点が購入前の唯一の心配事。まあ、もしダメならUSB3.0で繋げればイイか、と思って両端子対応のコレにしたのですが。

HDD増設・再構築2-3.jpg

で、さっそく従来機から4台のHDDを取り出して挿入、eSATAケーブルで接続して電源ON。ヨーシ、何事も無く起動するではありませんか。やはりHDD本体は壊れていませんでした。心配したeSATAボードも、各HDDを個別に認識できて一安心です。追加投資は痛かったですが、これでまた暫くは安心して使っていけそうです。

nice!(3)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

HDD増設とデータ再整理 前編(ST6000DM003・MN04ACA400) [パソコン]

新年を迎えたというのに昨年末の話で恐縮ですが、ご勘弁を。

HDD増設・再構築1-1.jpg

以前から私は、写真などのデータをパソコン内のハードディスク(HDD)に二重保存している、とこのブログで紹介してきました。二重保存とは、一つのデータを3.5inch HDD 2個にそれぞれ保存するということです。私の場合その殆どが年間数万枚以上のRAWデータですから、保存にはそれなりの容量のものが必要になりますが、未だにギガバイト当たりの単価としては、内蔵3.5inch HDDが一番お得です。また、デスクトップパソコンを使っていることもあり、簡単に増設できる点もありがたい。しかしHDDは回転部品ですから、永久に壊れない、ということはありません。いつ壊れるか、それは分かりませんが、同じデータを2個のHDDに保存しておけば、両方同時に壊れる確率はかなり低いはずですから、写真を趣味とするようになってからはこの方法を続けています。
2017年末には、まだHDDの空き容量がかなり有ったので、昨年2018年のデータ保存には十分と思っていたのですが、以前書いたように、2018年は過去最高の撮影枚数になったこともあって、年末にはかなり厳しい状況になってしまいました。無駄なデータなどを整理して、何とか昨年のデータを収めたものの、2019年に向けてHDDの増設は避けられない。そこで、近所のパソコンショップの年末セールを利用して、3.5inch HDDを買ってきました。購入したのは、6TBの「SEAGATE BarraCuda ST6000DM003」と4TBの「東芝製 MN04ACA400」です。

HDD増設・再構築1-2.jpg

SEAGATE製は以前はよく使っていたのですが、昨今は耐久面で評判の良い東芝製を主に使ってきました。今回は2TBブラッタになったものを使ってみたくなり購入。6TBにしたのは、これまで常用してきた東芝製3TB HDD 2台分をバックアップする為です。しかし安くなりましたね、6TBでも12000円ちょっとで買えます。東芝製MN04ACA400は、これまで3TBのDTやMDを使ってきて、その耐久性と読み出し速度に満足していたからですが、更に耐久力の有ると言われているエンタープライズ向けのMNを、そのショップでたまたま見つけたため(このMNがMDより安価で9000円程)。4TBにしたのは、これまで常用していた3TBでは、今後の高画素RAWの大量保存には心許無いので、これからは4TBを主流に使おうとの目論見故です。しかし、「2TB HDDが1万円を切った」と喜んでいたのが随分昔に思えるような、HDDの大容量化&低価格化ですね。

HDD増設・再構築1-3.jpg

私が現在使っているパソコン(PC)は、パーツを自分で選んでPC SHOPで組んでもらったミドルタワーデスクトップで、4台の3.5inch HDDが収納できます。それ以外に外付けとして、同じく4台の3.5inch HDDが収納できる「裸族の雑居ビル」というセンチュリー製のものを使っていることは、以前のブログでもご報告したとおりです。これらのHDDの中で一番古いのは?と見てみたら、2010年製造の日立製2TBのものでした。確かに稼働時間は1万時間に満たないですが、8年前となるとちょっと不安になります。そこでHDDも安くなったことだし、2TB+2TB→4TBにすれば、4台収納できる「裸族の雑居ビル」でベイが一つ空くことになる、と目論んでみたのですが・・・
(つづく)

nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

キーボード&マウス [パソコン]

私にとって、使わない日が無いパソコン。そのインターフェイスであるキーボードとマウスに、ロジクール製のワイアレスタイプ「Logicool Wireless Desktop MK710」を使っていることは、以前このブログで紹介しました。2013年4月に購入したのですが、さすがに毎日使っていると、キーの印字が無くなっていき、強く押さないと反応しないキーが出てきてしまいました。これでは打ち難いどころかストレス溜まります。これは買換えですよね。
そこで検索。
1.ワイアレスであること(デスクトップですから有線でも問題ないのですが、一度ワイアレスに慣れてしまうと有線が煩雑)
2.キーボードとマウスがセットになって、一つのレシーバーで繋げられること(USB端子を無駄に消費しない)
3.マウスは絶対5ボタン(戻る・進むボタンは必須)
4.テンキーがある(仕事で使うには数字入力が多いので)
上記の条件で探してみると、意外に製品数が少ないのです。まあ今回は手軽な製品で良いかな、と比較的安価なサンワサプライの製品を通販で購入してみました。

キーボード&マウス.jpg

静音マウスと書かれているように、確かにマウスのクリック音が殆どしません。キーボードもコンパクトで、ワイアレスということもあって、卓上で場所を取らず、使わない時に簡単に隅に追いやれますから、これはこれで正解かな、と思っていたのですが・・・
このキーボードが何とも打ち難い。私の指が特別太い訳ではないのですが、まずテンキーと他のキーが近すぎて数字入力がしにくい。エンターキーはそれなりに大きいので何とかなっても、よく使う「Delete」「BackSpace」のキーが他のキーとの間に埋没してしまって、何とも打ち難く、ミスタイプ頻発。慣れれば何とかなるかな、とも思って使い続けてみても、ストレスがたまる一方でして、これは完全に私のミスチョイスでしょう、と諦めてしまいました。
で、「もう失敗できないゾ」と少ない選択肢の中なら再度選んだのが、今まで使ってきたMK710のマイナーチェンジバージョン「MK710T」。これも通販で購入したのですが、箱を開けて見ても以前の710とどう変わったのか分からない。使ってみても以前のまま。でもまあ新鮮味は無いですが、ストレスも無いことも確か。何だか無駄な回り道をしてしまいましたが、仕方ないとキッパリ諦めることにしました。あまり変わり映えしない話になってしまいましたが、しばらくコイツのお世話になります。
あッと、サンワサプライの製品も私に合わなかっただけで、不良品や欠陥品ではありませんので、念のため。

nice!(3)  コメント(4) 
共通テーマ:趣味・カルチャー
前の4件 | - パソコン ブログトップ