So-net無料ブログ作成

EF400mm F2.8 L IS Ⅲ(その1) [カメラ機材]

カメラ店から届いた大きな段ボール箱、それを慎重に開けてみる。もう何度か体験してきたワクワク感。旧型はハードケースに入れられていたが、今回はビニール袋に入ったソフトケースが顔を出す。しかし、そんなケースはたぶん今後は使わないだろう。そのソフトケースを開けてレンズ本体を取り出す。「か、軽い!」。これが最新のヨンニッパなのか、なんと軽いことか。新しいレンズを手に入れた際に必ず行う儀式、レンズを覗いてみてゴミ・チリの有無を確認。まったく何も無い。そして、1DX2にマウントしてファインダーを覗く。何と言ったらよいか、「ヌケが良いという言葉はコレのことか」と言えば分かって貰えるだろうか。従来からヨンニッパを使ってきた眼をもってして、単純な明るさや解像度以上に、まずこの新レンズのヌケの良さに驚いてしまった。
今年のテーマ「軽量化」の大本命、新型ヨンニッパについて、従来使ってきたⅠ型と比較しながらインプレッションを書いてみたいと思います。まず第一回目は、購入経緯から。

EF400-1-01.jpg

私がこれまでヨンニッパ(EF400mm F2.8 L IS USM)を使い続けてきた経緯は、今年5月の記事で書きましたので、ここで繰り返し書くことは省きます。ただ、私の使っていたⅠ型は大きく重く、持ち出すのに少しばかりの気合を要するようになってきたことは、たぶん私の加齢も関係しているかもしれません。しかし「このレンズでなければ撮れない画がある」という時は躊躇などしていられません。真夏であろうと真冬であろうと、重いカメラバックを引っ張ってサッカー場を巡っていました。
転機はメインボディが、フルサイズセンサーの1DX MarkⅡ(1DX2)になったことです。それまでのメイン、APS-Hセンサーの1D MarkⅣ(1D4)で400mmに慣れてしまった私には、たとえ画素数が2割ほど増えたとはいえ、1DX2+400mmではどうにも短く感じられました。もちろん、メーカーであるキヤノンでしっかりメンテしてもらった1D4が手元にあるのですから、それを使えば事足りるのですが、それでは1DX2を購入した意味が無い。しかも、やはり連写速度、AF性能、高感度耐性、いづれも1D4を凌駕する1DX2の性能を知ってしまうと、シチュエーションによっては1DX2を使いたい時もあります(1D4は今でも現役バリバリですが)。
そこで、1.4xEXTENDERを使うことを考え、従来持っていⅡ型を評判の良いⅢ型に買い替えたのでした。確かに、このキヤノン純正テレコンのⅡ型とⅢ型には性能差が有り、買い替えたことに後悔はなかったのですが、それでも素のヨンニッパ(Ⅰ型)に比べれば画は落ちます。それに加え、私のヨンニッパⅠ型は1999年発売開始モデルですから、最新のレンズと比べれば、開放F値での描写力で劣ります(逆に言えば、ちょっと絞れば現在でも十分使える画を得られます)。それ故、F3.2~F4.0にちょっと絞って撮ることが多かったのですが、1.4xテレコンを使うとなるとそれがF4.5~F5.6になります。これはちょっと暗い(被写界深度も深い)。このEF1.4xⅢ型と1DX2の性能をフルに使いながら、開放F値での描写力を求めれば、自然と新型ヨンニッパへと導かれます。2011年に発売開始されたヨンニッパⅡ型でも良かったのですが、意外な速さでⅢ型が登場。更に、今年10月からは消費税が10%になることが決定。8%から10%へ2%の増税とはいえ、高価なヨンニッパだと安いレンズが1本買えるくらいの価格差になります。それらを考慮して、熟慮して、悩んで、出した結論がヨンニッパⅢ型の購入となったのでした。
時代は確実にミラーレスの方向に行っていますし、1DX2の後継機は出るでしょうが、その先は分かりません。ヨンニッパもEFマウントはこのⅢ型が最後で、RFマウントのヨンニッパに取って代わるかもしれません。しかし多分、いやほぼ確実に、サッカーを今のペースで今後最低5年間は撮り続けるだろうと考えて、思い切った次第です。
2008年年頭に購入した私のヨンニッパⅠ型、丸11年間お世話になりました。その間、使い手に挑戦することはあっても、決して裏切ることなく、相棒として数々のサッカー場を巡ってきました。手元に残しておきたい気持ちが無い訳ではありませんが、下取りに出さないと予算が足りませんし、新型が来れば出番が無くなるのは確実。防湿庫の肥やしにするには惜しいです。キチンとメンテしてきたので、次のオーナーの元できっと活躍してくれるだろう、と思いながら梱包して送り出しました。そしてその数日後に、冒頭の段ボール箱が我が家にやってきたのでした。

EF400-1-02.jpg

(ずいぶん長いプロローグでスミマセン)

nice!(2)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

SIGMA APO 120-300mm F2.8 EX DG OS HSM [カメラ機材]

先月はフットサルの撮影について私見を書いてきました。私のとってフットサルの撮影は年に1~2回なのですが、「フットサルの撮影ではコレ」という決まった機材が無いのが悩みの種。高感度のことを考えれば、ボディはフルサイズの1DX MarkⅡを使いたい、けれどレンズで悩みます。ズームレンズが適していることは書きましたが、開放F値の明るさも要求されます。で、手持ち機材の中からEF70-200mm F2.8 L IS Ⅱをメインに使っているのですが、コレをフルサイズで使うと、ちょっと焦点距離が足りない場面が有り、もどかしさを感じることも多々あります(EF200-400 F4 L ISでは長すぎ)。それで、センサーサイズの小さい1D4や7D2で望遠効果を使ったりしたのですが、1DX2との高感度ノイズの違いを否応無く知らされます。う~んと悩んでいると、シグマレンズの中に「120-300mm F2.8」というレンズが有ることに気付きました。これって、フットサルの撮影要件にピッタリじゃない?
「APO SIGMA 120-300mm F2.8 EX DG HSM」というレンズ、調べてみると2005年に発売開始され、2011年に手振れ補正機能のOSが付いた「APO 120-300mm F2.8 EX DG OS HSM」にモデルチェンジ。その後2013年に現在のシグマSportsシリーズの1本として「120-300mm F2.8 DG OS HSM」となって発売中のレンズです。今年はパソコンやヨンニッパで散在してしまったので、懐具合は極めて厳しい状況。サッカー撮影で年に数万枚以上撮るならまだしも、年に1~2回しか使わないレンズに大金を割く余裕など皆無。で、現行の一つ前のモデルを中古で探してみたのですが、カメラ専門店では見つけられず。ヤフオクなら、と見てみたら、さすがに有りました。今更ヤフオクに手を出すのはちょっと勇気が要ったのですが、撮影日程が迫っていたので、思い切って落札してしまいました。

SIGMA-120-300-1.jpg

そのような経緯で我が手元にやってきたこのレンズ、中古だけあって外観は多少のスレが有り、レンズ内にチリが散見できました。まあ写りには影響ないかもしれませんが、Bランク品というところでしょうか。基本的な動作に問題がないことを確認して、フットサルの撮影前に、まずは7D2と組み合わせてサッカー撮影に持ち出してみました。

SIGMA-120-300-3.jpg

上の写真&下の写真(ノートリミング)
7D MarkⅡ+SIGMA APO 120-300mm F2.8 EX DG OS
絞り優先AE 評価測光 シャッター速度 1/1250 F2.8 ISO 100  焦点距離 300mm

SIGMA-120-300-4.jpg

下の写真(ノートリミング)
7D MarkⅡ+SIGMA APO 120-300mm F2.8 EX DG OS
絞り優先AE 評価測光 シャッター速度 1/1600 F2.8 ISO 125  焦点距離 220mm

SIGMA-120-300-5.jpg

解像感としては十分です。シグマレンズらしいシャープさを開放F値でも見せてくれます。1/3~2/3位絞るだけで更に良し。シグマレンズというと寒色をイメージしていましたが、最近はそうでもないですね(でも、キヤノンLレンズほど色のり豊かではありませんが)。ボケもサンニッパらしい感じで、ここまでは期待通りで納得です。しかし、です。AFが遅い!(OSはOFFで撮ってます)。

SIGMA-120-300-2.jpg

まず初速が遅い。大雑把なところまでは直ぐに来るのですが、その後ジャスピンまで持って行くのがゆっくり。これは私の手持ち機材と比較して、サンニッパ(IS付きⅠ型)には到底及ばず、EF70-200 F2.8 Ⅱにも及ばない。何とか一枚目でジャスピンを得られたとしても、その後AI SERVO AFで被写体を慎重にトレースしながら連写したつもりが、もう2~3枚目にはピンが曖昧になり、今度ジャスピンが得られるまで最低でも3~4枚を要したり、結局ピンが来なかったり、といった始末。その結果、使える画の割合(歩留まり)が極めて悪くなってしまいました。静物撮影やもう少し動きが遅い被写体だったら、ボディが7D2ではなく1DX2なら、私の評価も変わったかもしれませんが、でもこれでは・・・
シグマレンズの側に立って見れば、確かに私がいつもの自分の機材の感じで撮ったので、もう少し回数を重ねて慣れれば、コツを掴めて、結果も向上するのかもしれません。また、中古しかもヤフオクで落札したレンズですから、完調ではなかったのかもしれませんし、経年劣化が有ったのかもしれません。更に、一世代前のモデルですから、現行モデルではUSBドックにも対応していますから、もっと快適な設定と性能が得られるのかもしれません。ただいづれにせよ、今の私の手元にあるこのレンズで、サッカーを撮ってこの有り様ですから、それより俊敏な被写体のフットサル撮影に、このレンズを持ち出す気は萎えてしまいました。
元々フットサル撮影の為に手に入れたレンズですから、フットサル撮影に使わないのなら手元に置いておく必要は無しと判断(こんな時は決断が早い私です)。直ぐに某カメラ店で引き取ってもらうことにしました。もちろん、ヤフオクの落札金額と引き取り額には差が出ましたが、使わないレンズを手元に置いておく余裕は無く、「これも勉強代」と諦めることにしました。あ~あ、今年はKiss Mに続いてまた無駄使いをしてしまった(涙)
以下余談ですが、結局今年のフットサル撮影では、昨年と同じように1DX2+EF70-200 F2.8をメインに使ったのですが、単焦点のサンニッパも持って行って撮ったら、これがなかなか使える。ヨンニッパⅢ型購入の際にこのサンニッパ(IS付きⅠ型)も下取りに出そうかな、と思ったのですが、残しておいて正解でした。

nice!(2)  コメント(4) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

一億画素 [カメラ機材]

1億画素ですって! デジタルカメラもついにここまで来たか、と正直思いました。

GFX100.jpg

https://fujifilm.jp/personal/digitalcamera/gfx/fujifilm_gfx100/
富士フィルムが今回発表した「GFX100」は、フルサイズセンサーよりも大きい43.8×32.9mmのセンサー(フルサイズセンサーに対して面積比1.6678倍)を搭載して約1億200万画素ですって! 1枚が11648×8736というサイズ、非圧縮RAWで16GBのSDに70枚しか入らないって、どれだけ大きな画なんでしょう。扱うにも大変そうですね。でも、「防塵・防滴・耐低温構造」「ボディ内手ブレ補正機構搭載」とのことですから、プロのスタジオ専用モデルでもなさそうで、屋外で手持ち撮影もできそうです。連写速度も秒5コマらしいですし、重量も、バッテリー&EVF装着で約1400gって、キヤノンの1DX2の約1530gより軽いじゃないですか。価格はさすがに店頭予想価格は税別122万5,000円(1DX2の倍以上、でもヨンニッパより安い)ですから、気軽に手が出せるレベルではないにしても、ハイエンドマニアが無理すれば、と想像できる微妙な設定に思えます。こんなモデルは数が出ないので、値落ちは少ないだろうし、ここ暫くは最高画素数のカメラとしてのステータスは維持するでしょう。あとは、レンズがこの画素数に応えられるか、ですね。
巷では、フルサイズセンサーのミラーレス高画素機の噂が出てますが、それが6000万画素や7000万画素であっても、こうなると驚かないですね。世の進化は凄いけど、それをたぶん当たり前のように享受して慣れていく感覚も、何だか怖いような気が・・・

nice!(1)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

ヨンニッパ [カメラ機材]

「ヨンニッパ」、それは400mmの長焦点でありながら、開放F値F2.8の明るさを得ているレンズの俗称。数も種類も多いカメラレンズの中でも、それは特別なレンズだと思う。その証拠に、現在そのレンズを販売しているメーカーは、世界中でも数少ない。もちろん現在の技術では、500mmや600mmでF2.8を実現することは可能だろう。しかしそんなレンズには極めて大きな口径が必要で、大きく重く、そして高価になることが予想され、一般ユーザーが「商品」として購入するには、あまりに代償が大きい。このヨンニッパですら、もうその限界価格に近いと思われるのだから。
撮影者が被写体に近づけない場合、長焦点レンズを必要とする。たとえ人よりも大きい航空機や自動車であっても、人より小さい野生動物や鳥などならば尚更、近づけないのであれば長い焦点距離のレンズでなければ、思ったような大きさに撮ることはできない。光量の少ない撮影環境であれば、少しでも明るいレンズが欲しくなる。光量があっても、速いシャッター速度が必要な場合も、明るいレンズが欲しくなる。それに加え、開放F値の小さいレンズほど被写界深度は浅く、故に豊かなボケが得られる。たとえ受像がフィルムからデジタルセンサーに取って代わられたとしても、レンズ選びが撮影者自身の表現の具現化する最たる道具であることに変わりはないと思う。その意味で、ヨンニッパは長焦点距離レンズの孤高の存在なのかもしれない。
私が主に被写体としているサッカー選手は、広いグランド内を縦横に、しかも不規則に動き回る。近づけない以上、長焦点距離のレンズが必須となるが、撮影者と被写体である選手との距離が常に変化している状況では、ズームレンズの方が適している、と以前から思っているし、それは今も変わらない。しかしヨンニッパに代表される単焦点レンズの描写力は、昔に比べれば格段に性能アップしたズームレンズの更に上にある。飛び散る汗、額に張り付く髪の毛、一瞬の緊迫した表情、薄いユニフォームを通して感じさせられる筋肉の張り、それらを克明に描き出してくれるヨンニッパを手にしてからは、たとえ高価であろうと、大きく重くても、未だ私のサッカー撮影におけるメインレンズであり続けている。

ヨンニッパ1.jpg

私が初めてこのヨンニッパを手にしたのは、2005年のこと。それまでサンニッパ(EF300mm F2.8 L Ⅲ型)を使っていて、必要に応じて1.4xテレコン(EF EXTENDER 1.4x Ⅱ型)を使用していたが、素のサンニッパの描写力を体験してしまうと、1.4xがどうにも性能をスポイルしている感があり、自然とヨンニッパへと目が向いてしまった。キヤノンのヨンニッパは、1996年に蛍石を使ったEFマウントのⅡ型が発売され、1999年にIS付きが既に発売されていたが、その僅か3年の間に発売されたIS無しのⅡ型の中古を、2005年にネットで見つけてしまったのが発端。その最初のヨンニッパ、当初は高価な投資をした割にはまったくダメダメなレンズだったが、メーカーに調整出してからは見違えるような画を提供してくれた。そして、満を持してIS付きヨンニッパ(Ⅰ型)に買い替えたのが2008年年頭のこと。以来このレンズが10年以上に渡って私のメインレンズであり続けたのは、組み合わされるボディが変わっても、サッカーという競技一筋に撮り続けるにあたって、十分な性能だと信じていたからに他ならない。特に2010年に1D MarkⅣが手元に来てからは、この組み合わせで上手く撮れなければ自分の腕の未熟のせい、うまく撮れたなら機材のお陰、との感が身に染み付いた「私のスタンダード」となっていた。
誰にでも勧められる訳ではないかもしれないが、私のようにフィールドスポーツを主戦場にしている者にとって、一つの行き着くべきところがヨンニッパなのかもしれない。そして私もサッカーを撮り続ける限り、手元にヨンニッパが無くなることはないだろう。

ヨンニッパ2.jpg




最後のヨンニッパ


nice!(2)  コメント(10) 
共通テーマ:趣味・カルチャー