So-net無料ブログ作成
カメラ機材 ブログトップ
前の4件 | -

Kiss M ファーストインプレッション その2 [カメラ機材]

Kiss-M-ファイストインプレ2-1.jpg

最新のミラーレス一眼カメラで、しかもファミリー層がターゲットの機種ですから、簡単撮影機能や多彩な写真が簡単に撮れる機能が付いているのですが、まあ私としてはTvとAvしか使わないでしょうし、RAWでしか撮らないでしょうから、それらの機能については省略します。で、実際に撮ってみてどうか、です。
まずはEVF(Electronic View Finder)に慣れないといけないですね。これまで光学ファインダー(OVF、Optical View Finder)に慣れた私には、最初はどうも違和感がありました。例えば日中屋外で日の当たっている被写体を撮って、次に日陰の被写体にレンズを向ければ、OVFでは当然眼に見えるように、日陰の被写体はファインダーで暗く見えます。OVFに慣れた眼には当たり前でした。これがEVFでは、明るいシーンから暗い所へレンズを向ければ、ファインダーが自動的にパーッと明るくなります。これはOVFがレンズに入ってきた光をミラーで反射して、ペンタダハミラーやプリズムを通して直に見ているのに対し、EVFはレンズから入ってきた光の情報を撮像素子(センサー)で受光し、ファインダー用の小型モニターで見ている、この違いです。つまりOVFで見ているのは、レンズを通して見えるそのままの画であり、EVFは実際に記録される画を写している液晶、ということです。OVFに慣れた方なら、明るい物から暗い物へレンズを振れば、ファインダーではその通りに再現されても、眼の瞳孔が開き、実際に見ている画と撮れる画の差が有っても、長年の感覚で撮れる画の明るさのイメージで撮影します。それに対してEVFは、見えている画と撮れる画の差が極めて近く、撮れる画を見ながら撮る、ということです。更に付け加えれば、レンズの明るさによる見え方の差が少ないです。一眼レフ機をお使いの方は、開放F値の明るいレンズを装着すればファインダー内も明るくて、明るいレンズを使っている恩恵を受けられますが、ミラーレスのEVFでは、適正露出された液晶表示を見ているのですから、装着するレンズの明るさの恩恵は少ない、と思いました。
EVFでも、背面の液晶モニターでも、レンズを通して受像センサーで再現された画、つまり撮影記録される画を見ながらシャッターを切るのですから、後で家に帰ってから「こんな画ではなかった」という失敗は少ないと思われます。その意味では、初心者向けとも言えるかもしれません。また、OVFに比べてEVFは視野率がほぼ100%ですから、その点でも失敗が少ないでしょうし、ミラーが無いので連写にも優位です(このKiss Mでさえ約秒10コマ)。しかし私のようにOVFに慣れてしまった眼には、暗いのに勝手に明るく見せるファインダー、というのに、どうも違和感がありました。OVF機を使っていても、ミラーアップしてライブビュー撮影を多用している方には、私のような違和感はたぶん無いでしょうが。
上記のようなことは、実は私自身がミラーレスに慣れていないこと、OVFに慣れてしまっていることが原因で、使い続けて行けば解決していくような気もしています。また、コンデジやスマートフォンからステップアップされた多くの方々には、こんな私が感じた違和感は無いのかもしれません。携帯電話がスマートフォンになったように、技術の進化や流行りの変化には、使い続けて慣れるという段階が必要なのかもしれませんね。

Kiss-M-ファイストインプレ2-3.jpg

慣れと言えば、同じキヤノンを使い続けてきたので、操作に関しては問題なく使えるだろう、と思っていましたし、確かに殆ど稀有だったのですが、1点だけ。どうもサブ電子ダイヤルがシャッターボタンに周りにある、というのが使いづらい。Avで絞りを調整するとき、Tvでシャッター速度を変える時、ISOを変更する時などは、このサブ電子ダイヤルを回すのがキヤノン機の常ですし、Kiss DXでもそうでした。そんな時に、右手の人差指がダイヤルを探してしまいます。もちろん、背面液晶画面でタッチして変更することは可能ですし、実際にはそうされる方の方が多いのかもしれませんが、ファインダーを覗きながら撮るスタイルの私には、Kiss DXのように独立したダイヤルの方が良かったと感じてしまいました。
もう一つ、これも慣れればある程度解決できることかもしれませんが、バッテリーの持ちが思ったより悪いです。EVFを覗きながらの撮影でも、失敗しないよう背面の液晶を開いて撮ったり、撮影途中でMENUで設定変更したり、撮った画を拡大表示してピント位置を確認したり、と背面液晶も結構使うのですが、そうなるとバッテリーが消耗します。今年の初詣に京都へ行った時に持出したのですが、120枚程撮ったらバッテリー切れになってしまいました。私が慣れていなくて、何度も背面液晶で設定をいじっていたのも原因だと思うのですが、このバッテリーは意外と持ちません(カタログでは約235枚と書かれてます)。一泊二日の旅行には、予備バッテリーか充電器が必要です。

Kiss-M-ファイストインプレ2-2.jpg

内蔵フラッシュは、使用頻度は少ないかもしれませんが、光量的に少なくても有れば便利なもの。これまでのKissのようにボタンでポップアップさせるのではなく、手動で持ち上げないと発光しない、と言う点は、ちょっとコストダウンを感じさせるところかな、と思いました。

nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

Kiss M ファーストインプレッション その1 [カメラ機材]

Kiss-M-ファイストインプレ1-1.jpg

我が手元にやって来た新入り「Kiss M ダブルレンズキット」ですが、まずは、「なぜKiss M?」から書きたいと思います。
このカメラにサッカーを撮る為のサブ機としての性能は、元から求めてはいません。その為のサブ機は他にありますから。Kiss DXに代わるカメラには、スナップ写真や物撮りに手軽に使えること、その為に小型軽量であること、そして手の届く価格であること、が条件でした。たぶん多くの方々は、そんな用途にはスマートフォンを使われるでしょうが、やっぱりカメラを趣味としている以上は、(Kiss DXのように)それ用のカメラが欲しかったです。ただ、ミラーレス用のレンズを持っていない私は、別にキヤノンにこだわる必要もなかったのも確かで、他社製でもよかったのです。ただ上記の条件に加えて、センサーはAPS-C機であること、ファインダーが標準で有ること、という条件を更に加えると、選択肢は極めて限られます。センサーサイズについては、「ボケ」具合に影響します。この点は、やはり一眼を使う上で拘りたいところで、その点でフルサイズセンサーが一番なのですが、まだまだ高価で却下。妥協点はAPS-Cで、フォーサーズセンサー機も除外となります。デジタル一眼レフカメラを長く使い続けてきた私としては、背面の液晶画面を見ながら撮る、と言う行為は「気軽に撮る」に反します。たとえEVFであっても、ファインダーを覗いて撮る、というスタイルでないと、写真を撮った気がしません。そして、たぶんこれからも全てRAWで撮るだろうから、現像ソフトが必須、それならば手元に有る他機で撮った写真と一緒に現像できる「Digital Photo Professional」(DPP)が使えるCANON機が良い、という結論に至った次第です。
価格については、私はキャッシュバックキャンペーンを利用しましたが(既にこのキャンペーンは終了しています)、差し引きしての投資額が(液晶保護フィルム込で)72000円程です。当初購入予定だったKiss X9に比べれば高くなってしまいましたが、EF-Mレンズを持っていないので、レンズが必要だったことを考えれば仕方ないですね。現在の価格コム最安値では、ミラー機のKiss X9のボディ単体が49980円に対して、Kiss Mのボディ単体が59530円となっています。前者が発売開始から1年半経過しているのに対して後者がまだ9ヶ月であること、画素数は同じながら映像エンジンが一世代進化している事などを考えれば(この価格差は今後縮まって行くと思われますが)、まあ妥当かな、と納得することにしました。
現役引退した手元にあるKiss DXと比べてみれば、外観寸法も一回り小さく、何といってもボディの厚みの差が大きい。これはミラーの有無によるものでしょう。この体積における厚みは、バックへの収納スペースが大きく違いますし、パンケーキレンズ装着なら上着の少し大き目のポケットには入りそうです。カメラは小さければ良い、と言うものではないですが、私の用途「気軽に持ち出せて、スッと取り出してパッと撮る」には、Kiss DX以上に優位だと思えました。そして軽い。Kiss DXの510gに対して390g(ボディ単体で)。今年のテーマ「軽量化」に合致です。

Kiss-M-ファイストインプレ1-2.jpg


nice!(2)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

Hello ! Kiss M [カメラ機材]

前回、12年以上愛用してきた「Kiss DX」の現役引退を表明したのですが、もちろん写真ライフが変わらない限り、代替機が欲しくなります。で、今年年頭に手に入れたのが、「Kiss M ダブルレンズキット」です。

Hello-Kiss-M01.jpg

最初はKiss X9を購入するつもりでした。私がこうした気軽に持ち出せて、スッ・パシャっと撮るKiss DXの代わりとしては、同じく小型軽量モデルの現行機であるKiss X9が合致していると思ったからです。現在所有のレンズも使えますしね。昨年末の年末商戦になったら購入しようと予定していたのですが、それが一変したのは、「CANON EOS R」が発表・発売になったからです。これを期に、時代は確実にミラーレス機が主軸になっていくことを感じた私は、沸々とミラーレス機を使ってみたい気が湧いてきました。勿論この私の用途ですから、EOS Rなんて必要無し(予算的にも無理)。もっと小型軽量で、安価で、登場から半年しか経っていないKiss Mが最有力候補に。そして昨年9月にキヤノンからキャッシュバックキャンペーンが発表されて、これで購入確定です。
ご存知のとおりミラーレス機であるKiss Mには、従来のEFやEF-Sレンズはマウントアダプターを介しないと付けられません。けれどこのマウントアダプターを付けてしまうと、何のための小型軽量なのか分からなくなります。EF-Mレンズを全く持っていない私は、この際キットレンズ(EF-M 15-45mm F3.5-6.3 IS STM)付きを選ぶことにしました。キヤノンレンズなのに、テレ端とはいえ開放F値がF6.3のレンズに期待はしなかったのですが、有ったと方が良いかな、と。でもKiss DX同様の使い方ならパンケーキレンズ「EF-M22mm F2 STM」が使用の主になるだろう、という訳で、両レンズが付属するダブルレンズキットに決定。オジサンには似合わないのは分かっていましたが、今までカメラ=黒だったので、ちょっとカジュアルに白を使ってみたくなり、追加購入で下取りも無いので購入は通販に決定済。後はいつ買うか、でしたが、自分へのお年玉として年頭に我が手元にやって来ました。
到着したら使ってみる前に、まずキャッシュバックの応募です。ダブルレンズキットは7000円がキャッシュバックされますから、差し引きして7万円ちょっとの出費になります。まずキヤノンのホームページから自身の所有機材に製品登録します。その後、元箱を切り抜いたりするのですが、ちょっと面倒ですね。
そんな訳で、我が防湿庫の住人としては最も安価で、最も小さく、でも最も高画素な新入りがやって来たのでした。

Hello-Kiss-M02.jpg

そして本日、キャッシュバックキャンペーンが無事に受け付けられたハガキがやって来ました。

nice!(1)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

Kiss DX 現役引退 [カメラ機材]

そう思い始めたキッカケは、キヤノンユーザーならお馴染の無料ソフト「Digital Photo Professional」(DPP)の昨年5月のバージョンアップでした。その変更点を見ていた時に、以下の文面を確認しました。

現役引退0.jpg

10DやKiss Dに今までのバージョンでは対応してなかったんですね。キヤノン純正のソフトだから、これまで発売された全ての機種のRAWに対応しているのかと思っていた私には、ちょっと驚くとともに、考えさせられる事でした。もちろんDPPの前バージョンなら対応していたでしょうが、これから先は現在のバージョン4から5や6になっていくでしょうし、その際に古い機種のRAWに対応してくれるのか、ちょっと不安になってきました。
RAWで撮る最大のメリットは、生データを残すことで後日いか様にでも現像処理ができる、その際に生データであるRAWは画質劣化しない、ということです。しかし、それもソフト側が対応していてこその事です。メーカーであるCANON純正でこれならば、Adobe等のソフトではもっと期待薄でしょう。勿論そうなったとしても何らかの対応策は見つかるでしょうが。

現役引退1.jpg

現在私の手元にある機種で最も古いものは「EOS Kiss DX」で、2006年9月に発売開始され、翌年年頭に購入したものです。当時、サブ機の必要性を感じて手に入れたものですが、もう12年以上前の機種です。複数機種を持っている私としては、こんな古い(性能的にも)機種は使っていないだろう、と思われるかもしれませんが、実は「ちょっと撮る」という目的では重宝していて、このブログに使っている写真の1/3はこのKiss DXで撮ったものではないか、と思えるほどです。確かに約1000万画素だし、ISOも1600までしか上げられないし、ポップアップのストロボは故障しているし、ぶつけたせいでストロボシューが凹んで外付けストロボは付けられないし、ファインダーを覗くアイカップのゴム部分は劣化して取れてしまっているし、ちょっと他人には見せられない状態であることは間違いありません。バッテリーの劣化もかなりのものですが、自室でちょっとした物撮りや近所や近距離に出かける際には(殆どEF-S 24mm F2.8を付けて)、まだまだ十分使えていました。もちろん全てRAWで撮っていましたが、この小ささ、そしてAPS-Cで1000万画素って12年前の機種でも意外とノイズが少ない、それがここまで使ってこれた理由です。

現役引退2.jpg

この私のKiss DX、過去を振り返れば、なかなか頑張った経歴の持ち主です。2007年に購入後はSIGMA 18-50mm F2.8 EXとの組み合わせで、1D2や1D3のサブ機としてサッカー場へ毎回持ち歩いていましたし、突如カメラに興味を示した愚息1号の元に2011年行き、東南アジアを中心に数千キロの旅を経験しましたし、2012年からはTAMRON 17-50mm F2.8 VCとの組み合わせで、その愚息の1年間の海外留学のお供にもなりました。2013年に帰国した際に、前年のキヤノンフォトコンの副賞として頂いたKiss X6iとのトレードという形で、再度私の手元に戻ってきたのですが、1D4や1DXがやって来ても、7Dが7D2になっても、先に書いたように決して稼働率の低いカメラではなく、撮影枚数は少なくとも、防湿庫から持ち出す機会は少なくは無かったです。

現役引退3.jpg

いま改めてこのKiss DXを見てみると、ボディ自体は小傷がアチコチに有り、電源ボタンのON-OFFの文字は消えてしまっているし、端子のゴムカバーは劣化がハッキリ分かるし、12年間十分に活躍して来てくれた痕跡がアチコチに見受けられます。でも愛着はありますから、手放すことは今のところ考えていませんが、第一線を退くには頃合いなのでしょう。物を擬人化するのは好きではありませんが、「お疲れさま」と言葉をかけて、防湿庫の最深部に移動してもらうことにしました。
ありがとう、Kiss DX。

nice!(3)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー
前の4件 | - カメラ機材 ブログトップ