So-net無料ブログ作成
サッカーあれこれ ブログトップ
前の4件 | -

最後の重み [サッカーあれこれ]

最後とは1.jpg

以前、「最後の試合」というテーマで書かせていただいたことがあります。この「最後」とは、「このチームで最後」という意味と、「現役選手として最後」という意味が有ります。そこで、JFA(日本サッカー協会)が公表している、年代別選手登録者数のデータを以下に引用させていただきました。
最後とは3.jpg

まず最も多い第4種とは、12歳未満の小学生選手で(12歳でも小学生なら含まれる)、未就学児も含まれます。年齢の幅が広く、子供にスポーツをやらせる親御さんが増えている現状を踏まえれば、この第4種に属する選手が一番多いのは理解できると思います(少子化の影響で絶対数は減少傾向ですが)。次の第3種とは中学生選手で、僅か3年間しか第3種選手として登録できないにもかかわらず、第4種の9割近い選手登録数が記録されています。小学生でサッカーをやっていたのに中学生になって辞めたり、他競技に映ったりした子もいるでしょうし、中学生からサッカーをやり始めた子もいるでしょう。それらを含めても、サッカーというスポーツを中学生まで続ける子達の多さが窺い知れます。その要因として、中学校の部活動があると思います。全国的に多くの中学校にサッカー部が有り、教育の一部として部活動を奨励し、しかも義務教育期間中であることが、この登録者数の要因だと思います。その根拠の一つが、第2種の登録者数です。第3種から3割近くの減です。第2種に登録できるのも、高校年代の3年間に限られますが、高校は義務教育ではなく、よって部活動を強制しない校が少なからず存在する事、大学受験の為に早々に部活動から退く選手もいる事、などが遠因と考えられます。では、第2種から第1種へ移る際はどうでしょう。登録選手数としては約15%減です。減少数が意外に少なく思えるかもしれませんが、第1種は19歳から39歳ですから、20年という非常に大きな年齢幅があります。3年間と20年間ではかなり違いますから、高校卒業後に大学生・専門学校生・社会人になってもサッカーを続ける子が85%近く居る、とは単純に考えない方が良いと思います。

最後とは2.jpg

「最後の試合」というのはどういった場合でも、特別な想いが付加されることは間違いないと思います。それは選手自身にも、支えてきた保護者にも、です。その「最後の試合」の重みを敢えて考える際、上記のことを加味すれば、やはり小学生最終学年の最後の試合・大会よりも、中学生・高校生最終学年の最後の試合・大会の方が、私は「より重い」気がしているのですが、さてどうでしょう。

最後とは4.jpg

最後とは5.jpg


nice!(3)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

天皇杯 2018 [サッカーあれこれ]

今年も始まりました。「天皇杯 JFA 第98回全日本サッカー選手権大会」です。

天皇杯.jpg


この大会は、JFAが定める一種登録のチーム(大学生や社会人のクラブチーム)の頂点を決める大会です。J1の18チーム、J2の22チーム、アマチュアシード1チーム(今年は流通経済大学)、それに都道府県代表47チームを加えた88チームがトーナメント戦で戦います。その一回戦が先週末の5月26日or27日に行われ、我が県でもその一試合が開催されました。残念ながら我が県代表は一回戦敗退となってしまいましたし、毎回撮りに行っている私も、今回は高校総体の決勝と重なってしまい、残念ながら撮りに行けませんでした。
この天皇杯ですが、都道府県の代表を決める大会に参加するには、その県で一種登録したチーム・選手です。ということは、地方の街クラブや同好会的なサッカーチームでも、キチンと登録して、それなりの成績を残していれば参加することができます。そこで勝ち上がって都道府県代表の座を勝ち取れば、本大会に進むことができ、そこでまた勝ち上がってプロチームを次々と倒していけば、優勝する可能性も有る訳です(かな~り低い確率ですが)。そして万が一優勝すれば、チーム強化費という名目ですが、賞金1億5千万円と翌年のAFCチャンピオンリーグへの出場権が手に入ります。そしてそのAFCチャンピオンリーグで優勝すれば、400万米ドルとFIFAクラブワールドカップへの出場が叶い、そこでも優勝すれば(奇跡的ですが)、世界一のクラブチームの称号を得ることが可能なのです。
まあ街クラブや同好会クラブが、プロチームを退けて日本一や世界一になることは、超々特大のジャイアントキリングですから、まずありえないと思うのですが、大切なことは、そんな身近なサッカーチームでも運と実力が特大に有れば、日本一や世界一になれる「道」がある、可能性があるということです。そう考えれば、何とも夢のある大会に思えてきますし、そこにこの天皇杯の存在意義があると私は思うのです。
二回戦からはJ1・J2のプロチームが登場します。毎年何らかのジャイアントキリングが見られますが、さて今年はどうでしょうネ。

nice!(3)  コメント(5) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

キヤノン ガールズ・エイト [サッカーあれこれ]

3月3.4日の2日間、伊勢フットボールビレッジにて、第15回キヤノン・ガールズエイト東海大会が行われました。そしてこれが私の、今年の撮り始めとなりました。

キヤノンガールズエイト1.jpg

12歳女子の8人制サッカー大会で、都道府県別に選抜選手(トレセン選手)で構成されたチームで対戦します。私が撮りに行ったのは東海大会ですから、愛知・岐阜・静岡・三重の4県。まず、2つのブロックに分けてリーグ戦、そして順位決定戦が行われます。静岡や愛知はサスガ競技人口が多いのでしょう、4チームが出場ですが、我が県は2チーム。その点はちょっと寂しいというか、悔しさを感じた部分です。
何といっても、冠スポンサーがキヤノンです。キヤノン専属のプロカメラマンが来ていて、ご一緒させていただきました。12分×3ピリオド制でしたが、3面のピッチで同時進行、しかも休憩時間無し、ということで、試合が始まってしまえば終了までずっと撮り続けます。幸い天候には恵まれましたが、この2か月余りまったく撮っていなかった私には、思っていたより体力的にキツイ撮影でした(やっぱり歳を感じます)。

キヤノンガールズエイト2.jpg

この大会は小学生年代女子の集大成ともいえる大会で、年に一度、全国各地で行われています。今回私が撮ったのは東海大会でしたが、「高校生か?」と思えるような大柄な選手もいれば、まだ小柄なのに俊敏な選手もいて、この年代の指導の難しさの一面をちょっと感じた次第です。でもこの選手達の中から、未来の「なでしこ」に育ってくれることを願う気持ちは、関係者全員持っていたことでしょう。以前にも書いたことがありますが、頂を高くするには裾野を広くしなければなりません。閉会式で役員の方がおっしゃってました、「中学生になってもこのままサッカーを続けて欲しい」と。大会終了後、解散するにあたって指導者の方の口からも、同様の言葉が発せられているのを耳にしました。小学生から中学生になるにつれ、女子サッカー人口が急激に少なくなっている現状があります。中学生女子のサッカー部やサッカーチームが少ないのです。いや、全国的に見れば充実した県や地域が有るのかもしれませんが、この地方に住む私の眼から見れば、まだまだ全然足りない。せっかく小学生の時にサッカーを真剣にやっていたのに、中学生になって他競技に流れてしまっているように思えます。一朝一夕でどうかなる問題ではないと思いますが、関係者の皆さんの努力に期待したい所です。

キヤノンガールズエイト4.jpg

最後に。
ある試合終了後、移動するチームの中から一人の選手が私の所に走ってきました。「私の蹴ったボールがカメラに当ってしまって、どうもすみませんでした」と、見ず知らずの私に言って頭を下げるのです。確かに試合中、ピッチ脇で撮っていた私の一脚にボールが当たったのは確かですが、その試合を撮っていたのですから、避けなくてはいけないのは私の方です。いつもは簡単に避けていたのに、その時は片膝をついていたので咄嗟に動けず、一脚部に当ってしまったのですが、実害はないのです。この子は「まずいことをしてしまった」と思いながらプレイをしていたのでしょうか。それならば謝らねばならないのは私の方です。「全然大丈夫だから、気にしなくてイイよ」と言ったら、ペコリと頭を下げて走ってチームに合流していきました。十数年サッカーを撮ってますが、こんな経験は初めてです。そして、きっと指導者の方から、ご両親から、この子は真のリスペクト精神をしっかり教えられているに違いない、そう感じました。まだ12歳の女子選手、応援したい気持ちが沸々と湧いてきた、気持ちの良い二日間でした。

キヤノンガールズエイト3.jpg


(今回は、1DX2+EF200-400 F4+1.4x のみで2日間で3000枚程撮りました)

nice!(2)  コメント(3) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

すそ野にて 6 [サッカーあれこれ]

愚息1号が現役を退いたのはちょうど8年前、高校最後の試合でした。その後の大学生活では海外に興味が移り、異国を旅したことを度々このブログで紹介させていただきました。その大学も卒業して、社会人として今年3年目になりますが、やはりサッカーは欠かせないようで(幼稚園児からボールを蹴ってましたしね)、社会人になってからオジサン達のサッカーチームで年何回か試合に出たりしています。そして毎年9月に、静岡県の時之栖で一泊二日の大会に参加するのが恒例になっています。勿論それを撮りに行く私も、恒例になってます。

すそ野6-1.jpg

聞けば、20代から40代の方達が殆どで、勤めている会社もバラバラ。特に毎週のように練習する訳でもなく(東京じゃあグランドの確保も難しいでしょう)、たまに集まっては手ごろな大会に参加するような、そんな同好会的チームです。ちょっとお腹の出たオジサン、5分も走ると息が上がるオジサン、そんな方々の集まりなのですが、皆さんサッカー経験者。現役当時は全国的に強豪校のレギュラーだった方もいます。大都会でのビジネスワークを強いられても、やっぱり皆さんサッカーが好きなんだなあ、と撮っていて伝わってくるものがあります。いや、ただ好きなだけでなく、いざ試合となれば後先考えずに走り、勝ちに行き、ゴールを決めれば喜び、負ければ悔しがる、そこにはやはり真剣勝負の匂いが有ります。

すそ野6-2.jpg

すそ野6-3.jpg

このチームは全員がJFAに選手登録をしていません。公認チームでもありません。たぶん、この大会に参加している殆どのチーム、参加者がそうだと思います。その意味で、日本代表を頂点とするサッカーピラミッドの一員ではないのです。確かにそうした「選手」だった過去を皆さんお持ちでしょうが、今はそうではありません。けれど、私は見ていて、彼らは「選手」だと思ってしまいました。確かに走れないし、戦術的にどうこうできる訳でもなく、レベル的には低いでしょう。でもここでは、全員が真剣にプレーし、勝とうという意欲が有り、持てる力をぶつけているのです。つまり「選手」と呼ぶために欠かせない要素を、彼らは持っているのだと感じました。

すそ野6-4.jpg

以前、家族や友人達でチームを組んで参加する、フットサルの大会を撮りに行った話(笑顔の大会)を書いたことがあります。その大会に出ている殆どの方が選手登録していませんが、それでも皆さん楽しくボールを蹴っていました、笑顔で。それに比べると、試合中の笑顔など無く、気合で足を動かして闘っているこのオジサン達は、もう少しサッカーピラミッドに近い存在なのかもしれません。でも、ピラミッドの構成にも入らない、すそ野より更に外に居る方々です。でも私は、選手だと思いました。そして、そんな方々がいるからこそ、選手登録を問わない大会や試合が存在し、それを広義の「すそ野」と考えるならば、サッカーというスポーツのすそ野は意外と広いのかも、とも考えてしまいました。
「日本のサッカーは、未だに体育の延長線上にある。強豪国のように、サッカーが文化にはなっていない」ある著名な方の言葉を思い出しました。サッカーは、より高みを目指す若者だけが選手ではない。シニア世代になっても選手登録して、シニアの大会に出ている方も勿論いらっしゃいますが、それだけでなく、仕事をしながら暇を見つけ、たまに集まっては出れる大会に出て「真剣勝負を楽しむ」、そんな方々がいても良いのではないでしょうか。そんな大会や試合が有っても良いのではないでしょうか。それが日本で、サッカーが教育の一環としてではなく、文化として根付く一歩、礎になるとは言えないでしょうか。

すそ野6-7.jpg

愚息1号がこのチームのゴールマウスを守るようになって3年。毎年参加しているこの大会で、今年の結果は優勝でした。初日には、「決勝トーナメントに行けたらイイなあ」だったのに、あれよあれよと勝ち進み、決勝は気合でゴールを捻じ込んでの優勝。監督さんは、思わず男泣きしてました。これまでの過程を顧み、いろんな思いや努力が結実した証拠なのでしょうね。私も久しぶりに、愚息のファインセーブも見れたし、気持ち良くピッチを後にすることができました。来年はディフェンディングチャンピオンのチームの一員として愚息2号も来るでしょうから(今回はケガで不参加)、来年も必ず撮りに来こうと思っています。

すそ野6-5.jpg

すそ野6-6.jpg


nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー
前の4件 | - サッカーあれこれ ブログトップ