So-net無料ブログ作成

天皇杯 2019 [サッカーあれこれ]

サッカーの天皇杯について、昨年も書かせていただきました。そして今年も、一回戦が我が県で行われました。

天皇杯-2019-1.jpg

今年も3月から、この天皇杯に出場する県代表を決める試合が続いてまして、(毎年のことですが)1種(社会人・大学生)の試合をずっと撮っています。昨年は高校総体の全国大会が我が県で行われるとあって、日程的にバッティングしてしまったので、この天皇杯の一回戦は撮りに行けませんでした。今年は、5月とは思えないような暑さの中で、我が県代表と兵庫県代表が対戦しました。そして、延長戦までもつれ込んだ試合で、関西の大学の雄に辛勝を収めることができました。次の二回戦ではJ1のチームと対戦できます。その試合後の監督インタビューで、次のような言葉を聞きました。
「ウチの選手の殆どが昼間仕事をしてる社会人で、仕事で疲れた体を引きずって、僅かな時間の練習に精を出しています。大学生なら毎日たっぷり時間をかけて練習できるでしょう。今回そのような強豪チームと対戦するに当たって、『意地を見せろ!』と、試合前にも延長戦の前にも言いました」
それは、同好会のようなチームではなく、社会人となっても上を目指す選手の立場の難しさを言い表しているように私には聞こえました。

天皇杯-2019-2.jpg

我が県代表は、現在JFLを戦っているチームです。そして、県リーグ・東海リーグ・大学生チームを破って県代表の座をつかんだのでした。そんなチームの選手でも、サッカーだけに専念できる環境では無いのでしょう。それでも、サッカーが好きで、一つでも上のクラスに行きたくて、勝ちたくて、この天皇杯に挑んでいることに監督は「意地を見せろ」という端的な言葉で選手を鼓舞したのでしょう。そしてそれはたぶん、次に対戦するJクラブのプロ契約選手との対戦でも同じ言葉を選手に投げ掛けるのではないか、と思いました。
小学生・中学生・高校生・大学生、そんな学生サッカー選手には、養うべき家族もいないでしょうし、生活を維持するために働く必要もないでしょう。けれど、社会人となってサッカーを続けることは、極一部のプロ選手を除いては、多くの足枷があると思います。それでもピッチに立てば、全力で戦い、一つでも上を目指すします。それは、学生時代にサッカーに没頭した時の純粋な気持ちを持ち続けているからできること、とは言えないでしょうか。

天皇杯-2019-3.jpg

日本代表の試合がまもなく有ります。Jリーグの試合が毎週行われています。そして、この第99回を迎える歴史ある天皇杯もまた、平行して行われています。いろんな立場の選手が一つの頂点を目指して戦えるのは、サッカーではこの天皇杯しかありません。ぜひお近くで試合が行われるようなら、観戦していただきたいなあ~、と思った次第です。

天皇杯-2019-4.jpg

天皇杯-2019-5.jpg

(今回は、1DX+EF400mm F2.8 L IS Ⅲ+1.4xで撮りました)

nice!(2)  コメント(4) 
共通テーマ:趣味・カルチャー