So-net無料ブログ作成

休診中 [日々の徒然]

私は歯医者が嫌いで、でも歯医者通いが非常に長い、と以前書いたことがあります。昨年末から今年の初めにかけても通っていました。今年2月にやっとそれも終わり、もうしばらくは大丈夫だろう、と思っていたのですが・・・

休診中.jpg

夕食を食べて、さあ溜まっている写真の編集でも、と机に向かったら、ボロッと歯が取れてしまいました。正確には、歯に被せてあった詰め物が取れたのですが、それが悪いことに連休初日。当然歯医者も休み。しかたなく、この連休中はなるべく柔らかいものを食べて過ごしていたのですが、連休が終わって直ぐに馴染みの歯医者に予約の電話を入れたところ、「先生がケガをしてしまって診療できません。来月の6月初旬にしか予約を受けられません」というではありませんか。医師も生身の体ですから、こうした事態になる事もあるでしょう。でも、これには暫し考え込みましたよ、だってまだ一か月近く先なのですから。
こうした場合、できるだけ早く歯医者に行けば、意外と時間がかからずに治るのは分かっています。けれどまあ時期が悪い、そして一か月近く待たなければならないなんて、なんと運が悪い。医者というのは、特に歯医者となると、過去の経緯やデータを持っている馴染みの医院が良いのは間違いない(信頼しているからこそ、その医者に二十年近くお世話になっているのですから)。今さら探して見知らぬ歯医者に行くのには勇気が要ります。こんな場合、皆さんならどうしますか。
しかし悪くなった歯は、放っておいて良くなることは絶対に無い、悪くなる一方です。そこで、フッと思い出したのが、以前住んでいた臨家の息子さんが歯科医院を開業した話。全く知らないところに行くなら、せめて少しでも縁のあるところがイイかな、と早速電話してみました。しかし、連休明けで予約が一杯。何とか頼み込んで、今日の予約の最後に付け加えてもらいました。
結局一時間以上も待たされましたが、無理を言って来た私にすごく優しく丁寧な応対をする方で、当面はコレで大丈夫、というところまでやってくれました。私がその日の最後の患者だったこともあって、診療終了時間を大幅にオーバーしてまで(私が終わった時には看護師さんは皆帰ってました)、きっちりやってくれたこのお医者さんに感謝です。これでしばらく安心して食べられるのと、しばらくこの医院に通ってみようという気になりました。
今まで何年もお世話になった医院を無下にするわけではありませんが、セカンドチョイスの必要性を感じてしまいました。皆さんも、歯は大切に!

nice!(2)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感