So-net無料ブログ作成

光るパソコン(新PC導入記 その2) [パソコン]

年頭に、「今年は軽量化をテーマにする」と書きましたが、その軽量化のメインが、実は新パソコン(PC)の導入だったのです。つまり、パソコン本体重量の軽量化ではなく、これから使っていく上での「動作を軽くする」ということです。
新PCを導入するにあたって選択すべき点は、完全自作するか、以前のようにパーツは自分で選ぶが基本的な組み上げは依頼するか、でした。勿論、費用的には前者の方が安く済むのですが、OSも新しくなるし・・・、と不安が。それと、新PC導入の決定が(予算が確保できたのが)3月初めで、既に今シーズンのサッカー撮影も始まっていて、学びながら、調べながら、初の自作に挑戦するにはちょっと時間が足りない。で、5年半前と同じの後者を選択することにしました。
いつもお世話になっている近所のパソコンショップへ行き、その旨を伝えた上でパーツを選び始めました。まずはPCケースです。勿論デスクトップパソコンですが、これまで使い続けてきたPCとの併用を考えていたので、フルタワー型は収納スペース的に無理で、ミドルタワーで探すことに。私の希望は、3.5inchハードディスク(HDD)が最低でも5台収納できること、サイドパネルがガラス又はアクリルで中が見えること、そしてLEDファンが付けられて光るのが見えること、です。旧型になってしまう現在のPCも、「ZALMAN Z3 Plus」という安価なケースで、ケース自体はペナペナ感があって値段相応のものだったのですが、まあ自宅から持ち出すこともないし、人に見せるものでもないし、3.5inch HDDも4台は入るし、LEDファンは増設しやすく、冷却面も問題なかったので、この5年半の間しっかり働いてくれました。新PCのケースにはコレ同等以上を求めたのですが、この初期段階でつまづいてしまいました。
インターネットで各社のミドルタワーケースをいろいろ見ていくと、最近のタワー型デスクトップPCのユーザーはゲーマーが多いということで、サイドパネル自体がガラスやアクリルになっているものが豊富にあります。その中にLEDで光るパーツ類を組み込んで、なかなか派手な見栄えがするものが、特にゲームを主として使われる方々に好まれているようです。「光るパソコン」という題でこの記事を書いていますが、私はそこまで派手にしなくても、旧型になってしまう現在のPCと同等以上ならヨシと思って探していたのですが、そういったPCケースは殆どが、3.5inch HDDが1~2台しか収納できない。5台も6台も収納できるケースとなると、今度は静音の為か地味なものが殆ど。別にデスクトップPCなんて、自室に置いたまま持ち出したりしないのだから、そんな派手なものでなくても、と思われるかもしれませんが、そこは数年に一度のPC購入なのでちょっと拘りたい(妥協すると、後で後悔するような気がして)。
結局、その店の在庫に該当するものが無く、私の希望の条件のもので、取り寄せ可能のものがあるかどうか調べてもらうことにし、一旦帰宅しました。私自身も、ネットで調べたのですが、その条件のものは数年前には豊富でも、今は廃版になっているものが多かったです。数日後にそのショップに出かけてみれば、やはり「見つからない」という返事でした。3.5inch HDDの収納については、サッカー撮影を続ける以上、絶対条件ですから、「地味なケースで妥協するか」と思い始めたところ、ダメモトで「このケースは手に入らない?」と尋ねたのが、「ENERMAX COENUS(コイノス) ECA3290B」
光るパソコン2-1.jpg

http://www.enermax.com/home.php?fn=eng/product_a1_1_1&lv0=2&lv1=9&no=226
発売開始年度は古いのですが、これならば私の条件に合うし、ドスパラでは販売している模様。その私の問いに店員さんは、「ウチでは手に入らないですね~、ドスパラさんの専売になっているみたいですから」との答え。これも駄目か、と思ったら、「でも、お客さんが買ってきて、ケースだけ持ち込み、というのでもイイですよ」との有り難いお言葉。「他のパーツはこの店で買いますから、それでお願いします」と告げて急いで帰宅し、すぐに通販で購入(それも5000円+消費税という安さ)。そのPCケースが自宅に到着したら、開封もせずにそのまま店に直行。「コレでお願いします!」と。

光るパソコン2-2.jpg


nice!(3)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー