So-net無料ブログ作成

高校サッカーダイジェスト Vol.26 [写真・撮影]

サッカーに興味をお持ちの方々にとって、天皇杯が元日決戦ではなくなってからは、この高校サッカー選手権が「正月の風物詩」的になっているように思えます。以前の記事でも書きましたが、既に組合せも日程も決まり、12月30日の開会式から1月14日の決勝戦まで、筋書きの無いドラマを楽しめることと思います。その所以は、負ければ終わりのトーナメント戦であること、準々決勝までは延長戦が無く、同点の場合は即PK戦になること、そしてJリーグなどの大人のチームと違い、少しのメンタル面の差がチーム力を大きく左右する高校生であること、等が挙げられると思います。

高校サッカーダイジェストvol.jpg

現在、「高校サッカーダイジェスト Vol.26」が書店に並んでいることと思います。そして、このブログを以前から見に来て下さる方々には、私が当県大会の写真を提供していることもご存知だと思います(報知新聞社からも同様の特集号が発刊されていますが、その号の写真撮影も兼務しています)。そうした雑誌社の依頼撮影も今年で5年目になりますが、慣れているようで、やっぱり毎回反省すべき点が出てきますね。今年の当県の決勝戦では、試合開始からまったく「試合に入り込めていない」自分を痛感し、ハーフタイムで気持ちを入れ直さなければならない始末。そんな焦った結果、勝利チームにU-17日本代表の選手がいる事、J2クラブに内定している選手がいる事など、すっかり忘れてしまい、その選手をちゃんと撮れていたかなあ、と試合終了後になって不安になるなど、まだまだダメですね。
いちおう、この雑誌のスタッフリストに名を連ねる身としては、「買ってください」と言うのが筋だとは思いますが、まあ興味のある方は書店でスラ~ッと見てください。そして郷土の代表校を、ぜひ応援してほしいと思います。

(ちなみに、「貧乏暇なし」な私は年末年始も仕事で、撮りに行くどころか、テレビ観戦もできるかどうか(涙)

nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー