So-net無料ブログ作成

ハリアー GR SPORT ファーストインプレッション(その1) [日々の徒然]

GR-SPORT-インプレ1-4.jpg

ハリアー GR SPORT のインプレッションを始めるにあたって、まず「HARRIER GR SPORT って何? どう違うの?」という所から始めたいと思います。
トヨタ自動車のハリアーは、1997年に初代が発売され、当時はまだSUV人気が起こる前でしたが好評を博し、2003年に二代目が発売されました。国外では、初代と二代目は「レクサス」ブランドの「RX」として販売され、この二代目は三代目が登場する2013年まで10年間も大きなマイナーチェンジも無く販売された人気車種でした。本家のレクサスは2009年にモデルチェンジされたのですが、それでもハリアー二代目は国内で販売を続けられました。ディーラー担当者の話では、モデル末期でも結構売れていたらしいです。私が乗っていたのもこの二代目で、2005年から9年間も乗り続けられたのは、モデルチェンジによる陳腐化が無かったことも一因です。そして2013年にようやく三代目(60系)にモデルチェンジされたのですが、今度は国内専用車として、ボディサイズを拡大せずに排気量を落として、税制面と燃費を考慮した国内事情に合わせたモデルとなりました。
で、「GR SPORT」ですが、ザックリ言えば、「トヨタ自らがモータースポーツを通じて開発したパーツを付け、ホワイトボディから各種強化・加飾して作り上げた特別仕様車」だと思われます。「GR SPORT」は昨年整備されたGRシリーズの下位にあたりますから、本格的なチューニングカーではなく、スポーツテイストを重視した仕様ということでしょう。実際、エンジン関係には手を入れられていませんから、パワーアップはしてません。けれど、単にパーツを付けただけでなく、メーカーにしかできない部分も変更してあり、あくまでトータル性能において操るドライバーにスポーツ性を加味した、という車なのだと思います。自分専用車としてスポーツカーを選ぶのは難しい、でもスポーツテイストは欲しい、そんな方向けに用意されたのが、昨年までの「G's」であり、今の「GR SPORT」です。

GR-SPORT-インプレ1-1.jpg

ハリアーの場合、ノーマルの下位モデル「ELEGANCE」をベースにしています。それに対して、パーツ追加・仕様変更・加飾されるのですが、どう変わったか、その部分をカタログから抜粋したのが下の画です。これを見ると、内外装とシャシー関係の強化が殆どで、パワーアップに関するものは無いことが分かると思います。

GR-SPORT-インプレ1-2.jpg

GR-SPORT-インプレ1-0.jpg

その価格差は、NAの2WDで比べた場合、449280円(税込)。この差を高いとみるか、妥当とみるか、人によって違うと思いますけど、仮にベースのELEGANCEにエアロパーツを付けて、標準より2インチアップの19インチ×8Jのホイール&タイヤに替えるだけで、そのくらいの値段になるのでは、と。それに更に強化パーツや内装の加飾を付けてくれるのですから、この値段差は妥当と思ってしまいました。実際、私が前モデルを購入の際に追加投資した金額もそれくらいでしたし、巷に溢れるメーカーオプションのエアロ付けるより、ずっと押し出し感のある面構えになりますしね(でも、それがイヤという方もいらっしゃるでしょうから、万人にはお勧めしませんが)。
ちなみに、ボディスペックも載せておきます。強化サスの為に全高もきっちり35mm低くなり、全長はフロント部分の変更で45mm伸びていることが分かります(この差が陸運局持込が必要な理由なんでしょう)。
GR-SPORT-インプレ1-3.jpg

という予備知識はこれくらいにして、さて実物を見て、実際に乗ってどうか、次回から順次書いていきます。

nice!(3)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感