So-net無料ブログ作成

全国高校総体 撮影後記(中編) [写真・撮影]

前回の続きです。

撮影後記2-01.jpg

■では、1DX2はあまり使わなかったのか、といえばそうではないです。このボディとEF400 F2.8 L IS との組み合わせは、決まれば最高の画質が得られます(私の経験した機材の中では)。薄い被写体深度は豊かなボケを生みますが、1DX2のAFの速さ・正確さはそれでも心強い。何といっても撮っていて手応え感があります。
■前回、私の撮影目的やスタイルでは、「この1DX2+EF400 F2.8 L IS では焦点距離が足らないと感じる」と書きました。ところが。使えるシチュエーションがあることに大会途中で気づきました。前回乗せた画ですが、もう一度載せます。

撮影後記2-04.jpg

この画の青の部分が撮影指定エリアで、多くの報道関係カメラマンがそこから撮っています。しかし、それ以外の場所から撮ってはいけないのか、と言えば、もう一か所撮影可能エリアが有りました。それは「観客席・応援席」です。保護者の方々も、一眼レフカメラをお持ちの方がココから撮っていましたが、撮影許可をもらった私も、このエリアに入って撮ることができます(今回の大会関係者に確認済)。もちろん、そんな保護者の方々や応援の子達の邪魔になるようではいけないのですが、そこを配慮すれば、なかなか使えるスペースなのです。何故かと言えば、スタジアムというような大規模施設の無い我が県では、このエリアからタッチラインまでが数メートルというピッチがあるのです。これならば、1DX2+EF400 F2.8 L IS でも十分撮れます(横でなら。縦だとちょっと厳しいかな)。しかも、配慮すればエリア内の移動も可能です。
■上記の点に気付いてからは、積極的にそれを利用しました。ただ、どのピッチでも有効か、といえばそうでもなく、例えば陸上トラックの有るグランドでは、そのトラック分だけ離れてしまいますから、それでは遠い。やはりその競技場では、上図の青の撮影エリアから撮りました。

撮影後記2-03.jpg

■では、1DX2+EF400 F2.8 L ISに1.4xテレコンを加える、という組み合わせは試さなかったのか、といえば、もちろん使いました。昨年、1.4xEXTENDERをⅡ型からⅢ型に買い替えたことで、テレコン有無の差がグッと縮まったような印象があります。また1DX2との組み合わせでは、驚くほどAF速度の低下が少ない。開放F値はF4になってしまいますが、十分使える画を得られます。ただし、私のヨンニッパはIS付きのⅠ型。現行のⅡ型と比べて最大の差は、開放F値の描写力だと思っていますから、ちょっとでも絞りたいところです。なので、AvでF4.5に設定。これでも真夏の晴れの日中です。ISO-100で充分なシャッター速度が稼げます。
■1DX2+EF400 F2.8 L IS+1.4xEXTENDERで観客席・応援席から撮る時は、カメラを縦で撮りました。横だと私の感覚では少し近い(被写体が少し大きい)のが理由なのですが、本来の私のスタイルは縦での撮影ですから、これは何も問題無く撮っていました。

撮影後記2-05.jpg

■前回、人工芝より天然芝グランドを優先した、と書きましたが、その理由は夏の厳しい日差しの下では、反射光・反射熱の影響が人工芝グランドで顕著なことが理由です。これらがAFに悪影響を及ぼしたり、撮影者の体力や集中力を削いだりします。それに加え、大気の影響も有ります。サッカー撮影では、どうしても望遠レンズを使います。それは撮影者と被写体との距離が有るからですが、この間に介在する空気の影響も、真夏では厄介です。現在では、手の届く価格で600mmまでのズームレンズが存在します。これとAPS-C機と組み合わせれば、かなり遠くの選手を大きく撮ることは可能です。しかし被写体である選手が遠いと、その間に介在する空気の影響も大きくなります。これが、しっかりピントを合わせたつもりでも、いや実際にピントは有っていても、なんだか鮮鋭感の無い、解像していないような画になることがあります。この点では、やはり人工芝よりも天然芝の方がその影響は少ないので、チョイスできるのであれば、天然芝グランドの試合を優先しました。

撮影後記2-08.jpg

■天然芝とて、真夏の厳しい日差しの下では、陽炎が立ちますし、そういった空気の揺らぎが起こります。これは照り付けられた地面から立ち上がるので、できれば地面から離れた高いところの方が影響が幾分少ない。故に私は、できる限り立って撮影しました。それでもこの影響からは避けられませんが。私の経験から言わせていただければ、単焦点レンズよりもズームレンズの方が、センサーサイズが小さくなる方が、この影響が大きくなる感じがしています。詳細なことは調べてませんが、レンズ構成や画素間ピッチが影響しているものと思っています。これはもう自然現象ですから、避けられないものとして、影響がなるべく少なくなるような機材組合せ、撮影場所等で工夫するぐらいしかできません。

撮影後記2-06.jpg

撮影後記2-07.jpg


nice!(3)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー