So-net無料ブログ作成

全国高等学校総合体育大会 男子サッカー競技大会(後編) [写真・撮影]

高校総体2-01.jpg

我が県で全国高校総体(インターハイ全国大会)が開催されていることは、前回書きました。8月6日に開会式が行われ、翌日から出場55校が県内4か所(四日市・鈴鹿・伊賀・伊勢)、計10面のピッチを使って試合が行われ、そして8月13日の決勝戦で幕を閉じました。既にご存知の方もいらっしゃると思いますが、優勝は山梨県代表の山梨学院でした。

高校総体2-03.jpg

高校総体2-04.jpg

決勝戦はその山梨学院と神奈川県代表の桐光学園の一戦でしたが、ファイナルに相応しい好試合だったと思います。先行したのは桐光学園。前半のクーリングタイム直後にヘッドでキレイに一発。しかし後半に入って山梨学院が攻勢。気温35度の中で徐々に足が止まりつつあった後半アディショナルタイムに同点弾。決勝戦だけは同点の場合、延長戦(10分ハーフ)になることを知っていましたが、まさにその展開。その延長戦でもしっかり走り切った山梨学院が、混戦からのオウンゴールを誘って、これが決勝点となりました。優勝した山梨学院は一回戦からの登場ですから、この酷暑の7日間6試合を勝ち抜いて(PK勝ちが2回)のインターハイ初優勝です。これは素直に賛辞を送れる結果だったと思いました。

高校総体2-02.jpg

高校総体2-06.jpg

さて私の撮影ですが、我が県勢が両校とも初戦で敗退したので、その後はなるべく多くのチームを撮ることに目的を変更。試合が並行して行われた会場では、前半をAピッチ、後半をBピッチ、といったように移動しながら撮り続け、準々決勝からは腰を据えて試合展開を見ながら撮り、そして決勝戦&閉会式を撮って今大会の撮影を終了しました。前回、「10000枚ちかくなるかも」と書きましたが、結果は約9200枚でした。はっきり言って、非常にハードで充実した一週間でした。
撮影に使った機材は、
・1D MarkⅣ
・1DX MarkⅡ
・7D MarkⅡ
・EF400mm F2.8 L IS USM(Ⅰ型)
・EF200-400mm F4.0 L IS +1.4x USM
・EF1.4x EXTENDER Ⅲ
・430EX Ⅲ-RT
・Tokina 10-17mm Fisheye
これらを会場ごとに使い分けました。地元開催なので、各会場の様子が事前に分かっていたのが強みでしたね。それと、今大会用に購入したブラックラピッドのストラップも活躍してくれました。今回は高校サッカーの全国大会ですから、高校サッカーを撮る方々の全国大会でもあります。実際、各試合会場にはカメラを手にした保護者の方々も多く見かけましたし、報道関係の方々も多く、その中に混じっての撮影となりました。意外と言っては失礼かもしれませんが、ニコンユーザーも多かったですね(下の写真のオレンジのビブスを付けているのが各社のカメラマンです)。

高校総体2-05.jpg

しかしこの暑さです。帽子・タオル・大き目の水筒を毎日持ち出していたのですが、撮影よりもまず自分が熱中症にならない事を最優先に頑張ったつもりです。サッカー撮影を始めて今年で丸16年。これまで愚息の遠征やら合宿に付き合って連日撮影をしたことはありますが、ここまでの酷暑の中の連日に、多試合・多枚数を撮った記憶はありません。ひょっとするとコレが最高記録で、もうこんなことは無いかも、との思いも有り、そのお蔭で最後まで頑張れたのかもしれません。

高校総体2-07.jpg

もちろん地元開催ですから、県サッカー協会の皆さんや高体連の先生方にお世話になりながら撮れたから、という要因は有ると思いますから、その点は感謝に堪えません。ただ、撮ったらそれで終わり、ではないのも確かなこと。この頑張って手にした9200枚余の写真を、一枚一枚見て、選別し、使用目的ごとにレタッチ・編集していく作業がこれからしばらく続くとなると、ちょっと頭が重~くなってきます。今月は、これらの写真の中に埋まって過ごす日々が続きそうです。

高校総体2-08.jpg

高校総体2-10.jpg



この一週間の成果です(笑)


nice!(3)  コメント(4) 
共通テーマ:趣味・カルチャー