So-net無料ブログ作成

ミニミニ写真展 2018 [写真・撮影]

銀行のロビーなどを利用してサッカー写真の展示を行うミニミニ写真展のことは、このブログでご報告してきました。そして今年もやってます。
2011年度(2012年4月より展示)からですから、今回で7回目になります。今回も丸一ヶ月を費やして、昨年撮った約5万枚の写真を再度見直してチョイスし、例年通りB0サイズのパネル1枚とB3サイズのパネル4枚、先月出来上がりました。展示していただく銀行さんから好評をいただいているので続けられるのですが、一年間撮り続けた結果がこうした形で見ていただけることは、とても光栄なことだと思ってます。
毎年造っているので、前年の撮影段階からコレを作ることを念頭に置いて撮らないと、いざ造ろうとした時に苦労することは分かっていました。ただ昨年(2017年)造ったパネルは、一昨年の2016年に撮った写真で構成したのですが、この2016年というのは愚息達が現役ではなくなった年でして、サッカー撮影に対する私のモチベーションが少し変わった年でもありました。主要な大会を漏らさず撮りに行ったつもりですが、いざ造ろうとなると、選手やチームのバリエーションが足らないことに気付き、苦心した経験があります。各種年代の主要な大会の準決勝や決勝だけを撮っていると、県内の強豪校や名の知れたチームの写真ばかりになります。このパネルを作る意義は、年代を問わず県内の頑張っている子達の姿を紹介することであって、サッカーの上手い子、強いチームだけが載せられるのとは違います。そこで昨年は(私のできる限りですが)、リーグ戦や準々決勝まで撮影機会を増やして、より多くのチーム・選手を撮ることを心がけました。その結果、メインパネルには過去最多の299名の選手を載せることができました。毎年同じようなものと思われるかもしれませんが、そんな訳で今回は「とにかく多くの選手を載せること」を第一に造った次第です。
今回も、サッカーに関わっている方々、興味のある方々、そしてそうでない方々にも、見てもらいたいです。
(銀行のロビーでの展示ですので、銀行の営業時間内でしか見れません)

ミニミニ写真展2018.jpg


こういった大型パネルを造るには、専門の業者に依頼するのですが、その点ではやはり東京ですね。数多く手掛けているので、製作も早いし、使っている業務用プリンターの更新も早い。7回とも同じ業者に依頼してきたのですが、初回と今回とでは子細に見ると、そのプリンター性能の向上が分かります。大判プリントでここまで解像しているのを見ると、下手な写真は載せられませんね。それを踏まえて、来年のパネル製作に向けて今年も撮り続けます。


ミニミニ写真展2018-2.jpg


nice!(5)  コメント(4) 
共通テーマ:趣味・カルチャー