So-net無料ブログ作成

キーボード&マウス [パソコン]

私にとって、使わない日が無いパソコン。そのインターフェイスであるキーボードとマウスに、ロジクール製のワイアレスタイプ「Logicool Wireless Desktop MK710」を使っていることは、以前このブログで紹介しました。2013年4月に購入したのですが、さすがに毎日使っていると、キーの印字が無くなっていき、強く押さないと反応しないキーが出てきてしまいました。これでは打ち難いどころかストレス溜まります。これは買換えですよね。
そこで検索。
1.ワイアレスであること(デスクトップですから有線でも問題ないのですが、一度ワイアレスに慣れてしまうと有線が煩雑)
2.キーボードとマウスがセットになって、一つのレシーバーで繋げられること(USB端子を無駄に消費しない)
3.マウスは絶対5ボタン(戻る・進むボタンは必須)
4.テンキーがある(仕事で使うには数字入力が多いので)
上記の条件で探してみると、意外に製品数が少ないのです。まあ今回は手軽な製品で良いかな、と比較的安価なサンワサプライの製品を通販で購入してみました。

キーボード&マウス.jpg

静音マウスと書かれているように、確かにマウスのクリック音が殆どしません。キーボードもコンパクトで、ワイアレスということもあって、卓上で場所を取らず、使わない時に簡単に隅に追いやれますから、これはこれで正解かな、と思っていたのですが・・・
このキーボードが何とも打ち難い。私の指が特別太い訳ではないのですが、まずテンキーと他のキーが近すぎて数字入力がしにくい。エンターキーはそれなりに大きいので何とかなっても、よく使う「Delete」「BackSpace」のキーが他のキーとの間に埋没してしまって、何とも打ち難く、ミスタイプ頻発。慣れれば何とかなるかな、とも思って使い続けてみても、ストレスがたまる一方でして、これは完全に私のミスチョイスでしょう、と諦めてしまいました。
で、「もう失敗できないゾ」と少ない選択肢の中なら再度選んだのが、今まで使ってきたMK710のマイナーチェンジバージョン「MK710T」。これも通販で購入したのですが、箱を開けて見ても以前の710とどう変わったのか分からない。使ってみても以前のまま。でもまあ新鮮味は無いですが、ストレスも無いことも確か。何だか無駄な回り道をしてしまいましたが、仕方ないとキッパリ諦めることにしました。あまり変わり映えしない話になってしまいましたが、しばらくコイツのお世話になります。
あッと、サンワサプライの製品も私に合わなかっただけで、不良品や欠陥品ではありませんので、念のため。

nice!(3)  コメント(4)