So-net無料ブログ作成

VANGUARD VEO AM-264(後編) [カメラ機材]

ヴァンガードAM-264-2-01.jpg

ヴァンガードAM-264-2-03.jpg

この一脚の取り付け部のネジ(イモネジ)を六角レンチで引っ込ませて何度か取り付けてみたのですが、そうしたら上の写真のように、今度は一脚の取り付け部に擦り傷が付いてしまいました。こんな経験も、私は初めてです。この部分はやはり、直接取り付ける事を想定していないのでしょうか。
でも、せっかく買ったものだし、このままお蔵入りさせるには悔しいので、この取り付け部にクッション性の有る薄い何かを張れば使えるのではないか、と思い、ホームセンターで買ってきたのが下の製品(160円でした)。

ヴァンガードAM-264-2-02.jpg

本来は、フローリング床の上に椅子や机を直接置く際に、傷防止の為のものみたいで、フェルト素材で厚みは1mm程。ちょうど円形だったので、中央部に穴を開けて(適当にやったので、汚くてスミマセン)ネジが露出するようにし、裏の剥離紙を剥がしてそのまま貼っても良かったのですが、この面は捩じるので、家に有った「超強力接着剤」を塗って貼りました。このまま一日程乾燥させて出来上がりです。

ヴァンガードAM-264-2-04.jpg

で、三脚座に取り付けてみると、厚み1mmとはいえ間に挟むのですから、その分ネジの食い込みは浅くなります。けれど使えない事はないですね。元々重量機材を取り付けるつもりは無いので、EF70-200程度なら使えるかな、と。

ヴァンガードAM-264-2-05.jpg

一脚を長年使ってきましたが、私は脚の伸縮にはレバーロック式が好きです。何といっても簡単手軽ですから。ただ使い続けていると否応なく、このレバーのロック力が落ちてきて、使用中にズルズルと縮んでしまいます。なので、ロック力が落ちた時に調整できる一脚が欲しかったのですが、このヴァンガードのAM-264も調整できます。ロックレバーを全開すると六角レンチで回せるネジがあり、そこを締め付ければ、このレバーロックの固さを調整できます。
一脚を一言で言えば、伸縮できる棒なんですが、このロック力を調整できるかどうかで、長く付き合えるかどうかが決まります。私の長年の相棒、マンフロット681Bはそうです。ヴァンガードAM-264の為に、「この点だけは良い」と付け加えておきます。
nice!(0)  コメント(4)