So-net無料ブログ作成

「あんしんメンテ」は本当に安心か(後編) [カメラ機材]

あんしんメンテ3-1.jpg

しかし、新品購入後1年間のメーカー保証期間中でも、この「あんしんメンテ」を申し込むと費用が掛かります。私は「スタンダード」に関しては、メーカー保証期間中は無料にしてほしかったなあ、と思いました(後日SSへ電話確認したところ、メーカー保証期間中なら、SSへ持ち込めば無料でセンサークリーニングのみやってくれるらしいです)。
今回私が、「あんしんメンテ プレミアム」に出した5点に関しては、傷や塗装の剥がれ、可動部品の消耗に関しては直りませんが、外観もサッパリキレイになり、メーカーの設計当初の性能を発揮してくれていると信じています。そうなると逆に、「じゃあメンテに出さなかった機材は大丈夫か?」との不安も出てきました。ここ何年も不自由なく使ってきた機材をメンテに出したら、調整・修理が必要になったのです。たぶんそれは僅かなことで、実使用に大きく影響するようなものではなかったものでしょう。けれど、メーカーの専用器具で測定したら、僅かでも調整する余地があったということです。メンテに出さなかった機材も、実使用では不具合を感じていなくても、実際にキチンと測定したら、調整する余地があるのかもしれない、そう思えてきました。今回メンテに出さなかった(他にもありますが)、
EF200-400mm F4 L IS USM +1.4x
EOS 1DX MarkⅡ
この2つは現在私の主戦力となってますが、新品購入後1年以内だったためにメンテに出しませんでした。勿論、使っていて不調や不具合は有りません。けれどもしメンテ(あくまでプレミアムの方)に出したら、僅かでも調整の余地があるのかもしれないし、無いかもしれない。今回のメンテ結果を信用するならば、そんな疑問というか不安は拭えません。
しかし、これをもって「キヤノンはダメだ」「キヤノンの品質管理は・・・」等の批判をするつもりもありません。カメラやレンズ、それもそれなりに高価なグレードのものでも、それなりの量を出す生産品。個体ごとのバラつきをゼロにすることは難しいことでしょう。特にフィルムからデジタルになって、ユーザーの眼がシビアになったことが背景にあるでしょうし、うがった見方だと言われるかもしれませんが、メーカーであるキヤノンがこのメンテを新設したのは、個体差の存在を認めたことなのかもしれません。それでも私達は、メーカーが市場に投入した商品しか手にすることはできないのです。
従来は、「ピントが後ピンになる」とか「色味がおかしい」などと言ってメーカーに調整に出す方も居たはず。その中には、もっと詳しく症状を書いた紙を同封する方も、自分でテスト撮影した画を添えた方もいるだろうし、ただ口頭で伝えるのみの方も居たでしょう。それら雑多なユーザーの調整要求に対してメーカーが用意した総合的なメンテメニューが、この「あんしんメンテ プレミアム」だと私は思います。従来の「異常なし」「規定の範囲内です」という回答と共に戻ってくることを考えれば、もっと総合的な検査の結果、一個体ごとにメンテシートが添えられて戻ってくる方が安心感は確実に上です。それでも費用が掛かるので、その価値はかかる費用に対しての判断になると思います。これ以降は皆さんの使用機材や使用状況、そしてカメラや写真に対する価値観に左右されると思いますから、私はここまでの記述で留めることにします。
最後に一言。メーカーを信じられなければ、そのメーカーのユーザーを辞めた方が良いと思います。
nice!(0)  コメント(5) 
共通テーマ:趣味・カルチャー