So-net無料ブログ作成

EF200-400mm F4 L IS USM Extender 1.4x その5 [カメラ機材]

EF200-400-5-01.jpg

内蔵1.4xを使った場合のAF速度に関しては、これは使うボディの性能にもよりますが、外付けよりは影響が少ない感じがします。このレバー操作だけで瞬時にON/OFFできるテレコンは(AF駆動中に操作をしてはいけない、との注意書きがありましたが)、フィールドスポーツを撮られる方には非常に便利な武器になると思います。ただ私は、「この部位だけを別売してくれないかな~、それならF2.8の単焦点に付けて・・・」なんて考えてしまいました(製品化してくれれば売れると思うのですがネ)。
任意に、瞬時にON/OFFできる、といっても、例えばAvでF4に設定して1/1000位で撮っていたとして、被写体が離れたからとONにすればF5.6になりますから、1/500や1/640になります。後で家に帰ってから、何でこんなに被写体ブレ?と思ったら、そういう訳だったという失敗もありました。これを頻繁にON/OFFするなら、TvやM+ISO AUTOで撮るべきでしょうね。
では、明るい状況で十分なシャッター速度が稼げるので、常にONにして、280mm-560mm F5.6 のズームレンズとして使ったら、どうでしょう。サッカー撮影での焦点距離的には十分だと思うのですが、やはり開放F5.6のズームレンズなりの解像・ボケ方になってしまいますから(誤解の無いように付け加えますが、それでも普及型ズームレンズとは明らかに違います)、私はそれはやらないと思います。

EF200-400-5-02.jpg

上の写真(ノートリミング)
1D MarkⅣ+EF200-400mm F4 L IS 1.4x 絞り優先AE 評価測光 シャッター速度 1/1600 F5.6 ISO 250 焦点距離 560mm
下の写真(ノートリミング)
1D MarkⅣ+EF200-400mm F4 L IS 1.4x 絞り優先AE 評価測光 シャッター速度 1/1250 F4.0 ISO 100 焦点距離 400mm

EF200-400-5-03.jpg

元々がF4のレンズです。1.4xを使えばF5.6になるのですから、560mmになるからといって背景のことを考えず、無暗に撮ると煩雑な画になりがちです。

EF200-400-5-04.jpg

上の写真(ノートリミング)
1D MarkⅣ+EF200-400mm F4 L IS 1.4x 絞り優先AE 評価測光 シャッター速度 1/800 F5.6 ISO 200 焦点距離 560mm
下の写真(ノートリミング)
1D MarkⅣ+EF200-400mm F4 L IS 1.4x 絞り優先AE 評価測光 シャッター速度 1/1000 F5.6 ISO 160 焦点距離 560mm

EF200-400-5-05.jpg

まだ使い込んでいない状況ですが、このレンズは200-400mm F4.0で使い、必要な時だけ1.4xを使う、その「必要な時だけ」の為の瞬時に切り替えられる1.4xなのだ、と解釈した方が良いのではないかと思ってます。

EF200-400-5-06.jpg

上の写真(ノートリミング)
1DX MarkⅡ+EF200-400mm F4 L IS 1.4x 絞り優先AE 評価測光 シャッター速度 1/3200 F4.5 ISO 200 焦点距離 400mm
nice!(0)  コメント(5) 
共通テーマ:趣味・カルチャー