So-net無料ブログ作成

EF200-400mm F4 L IS USM Extender 1.4x その3 [カメラ機材]

EF200-400-3-01.jpg

このレンズのレンズキャップ(E-145C)には、上の写真のような焦点距離名が刺しゅうされています。これは、EF200mm F2、EF300mm F2.8、EF400mm F4 DO と共通ということなのでしょう。私の持っているサンニッパⅠ型と並べて見ても、前玉の大きさはそれほど変わらないようです。

EF200-400-3-02.jpg

さて、AF速度について前回「ヨンニッパ・サンニッパに肉薄すれど超えることは無い」と書きましたが、作例として以下に(もちろんサッカー撮影で)4連写した画を載せてみました。撮影データは4枚とも共通で、ノートリミングです。
1D MarkⅣ+EF200-400mm F4 L IS 1.4x 絞り優先AE 評価測光 シャッター速度 1/1600 F4.0 ISO 100 焦点距離 316mm 

EF200-400-3-03.jpg

EF200-400-3-04.jpg

EF200-400-3-05.jpg

EF200-400-3-06.jpg

1枚目は完全に選手の背景(撮影者から約80m程先)にピントが合ってます。そこから走る選手にピントを合わせ続け(背景を見れば、私がレンズを振っていることが分かると思います)、4枚目にジャスピンを得られました。1D4の秒10コマの連写ですが、3コマ目でジャスピンが得られたらな~、と思うところですが、約80m先から約8m先の選手にピンを持ってくるのですから、ピント駆動幅としては最大値に近く、悪くはない結果だと思ってます(それでも、ボディが1DX2なら違ったでしょうかネ)。
それにしても、この4枚目のジャスピンの画ですが、このレンズの解像力をよく表していると思います。下に拡大した画を載せましたが、選手の額に滲む汗や肌、ユニフォームの生地感、エンブレムの刺繍までも見て取れます。

EF200-400-3-07.jpg

ただ、このレンズで気になることがあります。
下の画は、このレンズのテレ端400mmで撮影したものと、同じボディ(1DX2)を使ってヨンニッパで撮ったものです。我が家の窓から撮ったので、まったく恥ずかしい画なのですが、ピントは約30m先のカラーコーンの一番上の白ラインに合わせてあります。二枚の画のカラーコーンの大きさがちょっと違うことに気付きますでしょうか。EF200-400の方がちょっと小さい。コーンの高さはヨンニッパでは1610pixl程なのに対して、EF200-400は1548pixl程ですから、約96%です。こんな差は僅かなことだ、無限遠では同じになる筈だ、ズームレンズではよくあること、と言われてしまうかもしれませんが、サッカー撮影では20~40m先の選手を撮ることが多い私としては、頭の隅に入れておくべき事かな、と思って、書き加えておきます。
EF200-400-3-08.jpg

nice!(0)  コメント(3) 
共通テーマ:趣味・カルチャー