So-net無料ブログ作成

EF LENS WORK Ⅲ [カメラ機材]

先日、部屋の片づけをしていた際に、懐かしい箱が出てきました。

LENS-WORK3-1.jpg

平成15年(2003年)に、私が初めて購入したデジタル一眼レフカメラ、CANON EOS 10Dのキャンペーンとして手に入れた「EF LENS WORK Ⅲ」です。これと同封されて生きたストラップは、今も私の1D4に付けられています。

LENS-WORK3-2.jpg

Ⅲというからには、ⅠやⅡも有るみたいですが、Ⅳは聞いたことが有りません。結構コストのかかった造りをしていますから、このⅢが最終なのかもしれません。現在ではインターネットの普及に伴い、こうした紙媒体の解説書は少なくなる傾向にあります。ネットでの情報提供ならば、簡単に追加や更新ができますから、メーカーとしてはそちらを優先するのが自然なのでしょう。

LENS-WORK3-3.jpg

LENS-WORK3-4.jpg

内容は、CANONがKWANONから始まった創世記の話から始まり、技術的な解説やこの本の発刊当時のレンズの紹介や作例などが載っています。もちろん、もう13年前の本ですから、既に無くなっているレンズやリニューアルされたレンズも多いです。この間、デジタルカメラが急速に普及したのですから、今見れば、懐かしい感じがします。けれど「デジタルカメラでの注意事項」として、「パソコンでの処理に頼らない」という一文には、グッときます。写真がデジタルデータになり、撮った後で、色もピントも構図も、如何様にでもできるからといって、シャッターを切る瞬間の大切さを思い知らされます。変わっていくものと変わらないもの、それを形として残すこの書物を、大切に保管したいと思いました。

nice!(5)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー