So-net無料ブログ作成

EF LENS WORK Ⅲ [カメラ機材]

先日、部屋の片づけをしていた際に、懐かしい箱が出てきました。

LENS-WORK3-1.jpg

平成15年(2003年)に、私が初めて購入したデジタル一眼レフカメラ、CANON EOS 10Dのキャンペーンとして手に入れた「EF LENS WORK Ⅲ」です。これと同封されて生きたストラップは、今も私の1D4に付けられています。

LENS-WORK3-2.jpg

Ⅲというからには、ⅠやⅡも有るみたいですが、Ⅳは聞いたことが有りません。結構コストのかかった造りをしていますから、このⅢが最終なのかもしれません。現在ではインターネットの普及に伴い、こうした紙媒体の解説書は少なくなる傾向にあります。ネットでの情報提供ならば、簡単に追加や更新ができますから、メーカーとしてはそちらを優先するのが自然なのでしょう。

LENS-WORK3-3.jpg

LENS-WORK3-4.jpg

内容は、CANONがKWANONから始まった創世記の話から始まり、技術的な解説やこの本の発刊当時のレンズの紹介や作例などが載っています。もちろん、もう13年前の本ですから、既に無くなっているレンズやリニューアルされたレンズも多いです。この間、デジタルカメラが急速に普及したのですから、今見れば、懐かしい感じがします。けれど「デジタルカメラでの注意事項」として、「パソコンでの処理に頼らない」という一文には、グッときます。写真がデジタルデータになり、撮った後で、色もピントも構図も、如何様にでもできるからといって、シャッターを切る瞬間の大切さを思い知らされます。変わっていくものと変わらないもの、それを形として残すこの書物を、大切に保管したいと思いました。

nice!(5)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

再び剣を持ちて闘えと [写真・撮影]

「もうどれくらい撮っていない?」
4ヶ月ほど
「これまで、そんなに撮らなかったことは無いのでは?」
はい
「何故撮らない?」
・・・
「選手の親でなくなったからか?」
そうかもしれません
「今までも、自分の子だけを撮っていた訳ではあるまい」
むしろ自分の子やそのチーム以外を撮ることの方が多かったです
「それならば、何の問題が有ろうか?」
理屈ではそうです
「理屈以外の部分が問題なのだと?」
そんな気がします
「それは、何?」
自分の子やそのチームを撮る、それがベースであったことに気づきました
「それが無くなったら撮れないのか?」
撮れると思います ただ・・・
「ただ、何だ?」
それが意外にも大きかったことに気づきました
「ベースが無い、足場が無いことが、そんなに問題か?」
何だかフワフワして、撮ろうとする意欲に欠けるのです
「それは問題だ、撮らない方が良い、真剣にプレイしている選手に失礼だ」
・・・
「いっそ、機材を全て手放して、辞めた方が良い」
そう、思ったことも事実です
「それで良いのか?」
分かりません
「脆いものだな、今まで努力してここまで来たのだろう」
はい
「今でも、撮って欲しいという希望や要望があるのだろう?」
はい
「その声に応えようとは思わないのか?」
・・・
「それら周りの期待と支えがあって、ここまで来たのではないのか?」
そのとおりです
「ならば、それが新たなベースになるのではないのか?」
そうかもしれません
「それだけではダメだと?」
何か内から湧き出るものが無い気がします
「サッカー場に足を運び、そこで闘う選手を見ずに何を言うか!」
・・・
「真剣とは、本物の剣と書く」
・・・
「スポーツを撮るのがスポーツならば、真剣に勝負をしている選手を撮るのも、また勝負」
再び剣を持って闘えと?
「選手が持てる力を振り絞って闘うことは、お前がこれまで培ってきた力で撮る事と同じ」
はい
「選手の気を感じ、試合に入り込んでシャッターを切れ」
はい
「剣折れるまで闘ってから、言い訳を探せ」
はい
「それがジュニアユースと名乗る、お前の美学だろうに」
YES!

再び剣.jpg

2002年秋に、愚息がトレセンに選ばれて、愛知県に遠征した際に見た姿。それをどうしても形にして残したくて始めたサッカー撮影。最初はフィルム一眼と安いレンズから始めて、デジタル一眼に持ち替えて現在に至っています。試行錯誤を繰り返しながら13年の時が経ち、14年目の今、気持ち新たに撮り始めます。

nice!(6)  コメント(9) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

散り行く桜 [巷の雑感・時の想い]

散り行く桜.jpg

散り行く桜
美しい花は永遠ではない
芽を出す若葉
季節の移ろいは留まらない
だからこの世界は
新鮮で満ち溢れている
だからこそ私たちは
歩みを止められない


nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

Cafe Du Monde [日々の徒然]

今回の愚息2号の新居準備には、東京住まい8年になる長女も協力してくれました。その長女が、「懐かしい店を見つけたよ」というので、新百合ヶ丘駅近くにあるその店に行ってみました。

cafe_du_monde1.jpg

カフェデュモンド(Café du Monde)はアメリカの喫茶チェーン店です。1990年頃にダスキンの経営で日本に上陸し、各地で店舗を展開したようで、実はその内の1店が我が町にもありました。「ベニエ」という粉砂糖をかけた角型のドーナツが看板メニューで、まだ幼かった我が子達と一緒に行ってよく食べました。我が町の駅前の商業施設にあったその店は、いつの間にか無くなってしまい、私の記憶からも自然に無くなってしまっていたのですが、子供たちは憶えているんですよねぇ。「あの店がこの近くにあるよ」というので、行ってみました。

cafe_du_monde2.jpg

う~ん、コレコレ。ホッカホカの角ドーナツにシナモンシュガーかパウダーシュガーをかけて食べる味は昔のまま。普通のドーナツとは一味違います。家人はシナモンですが、私はいつもパウダーの方。駅周辺に買い物に出かけた折には、よくこの店に寄って、このベニエとカフェオレを注文したものでした。懐かしい味を懐かしい顔ぶれで頂きました。
このCafe Du Mondeも、あまり経営的に芳しくないのか、年々店が少なくなっているとか。スターバックスもイイけど、この店もいつまでも残ってほしいなあ、と思いました。子供達のところに来た時には、ぜひもう一度行きたい、それまでは残っていてほしい、と思わせる店でした。
https://www.cafedumonde.jp/

nice!(7)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー