So-net無料ブログ作成

去っていった魚たち [熱帯魚]

今年の夏は、意外と早く終わったような気がします。残暑もそこそこに、もう秋を感じる今日この頃ですね。
でもこの夏、我が家の水槽から去っていった魚たちがいました。まずは、トランスルーセント・グラスキャット。

去っていった魚たち1.jpg

高水温には弱い魚ですが、7回目の夏を乗り切れませんでした。いつものように、週一回の水替えをしようと水槽内を覗き込んだのですが、姿が見えません。死体も見つかりませんでした。

去っていった魚たち2.jpg

パラティラピア・ポレニィ。気性の荒い魚でしたから、単独飼育していたのですが、高水温のせいか、まったくエサを食べなくなり、去っていきました。結局、9年程の付き合いでしたが、体長は20cmから大きくはならなかったですね。

去っていった魚たち3.jpg

そして、我が水槽群の主、アメリカン・シクリッド。こいつも今年は、水温が上がるにつれてエサを食べなくなり、それでも週一回の水替えは欠かしませんでしたが、ある日水槽の隅で亡くなってました。体長55cm、11年の付き合いでした。
昨年は夏を乗り切った我が家の魚たち。しかたないのかもしれませんが、今は何だか空き水槽が目につくようになってしまいました。長く一緒にいたので、魚と言えども、寂しいものです。今はまだ、新しい魚を迎える時期でも、気分でもないです。ただただ、冥福を祈るのみ。

nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー