So-net無料ブログ作成

EF-S 24mm F2.8 STM(中編) [カメラ機材]

EF-S-24-1-3.jpg

前回、両パンケーキレンズの仕様を載せましたが、大きさは全く同じ、重さは5gしか違わない。このEF-S 24mm F2.8 STMは、フルサイズ用であるEF40mm F2.8 STMをAPS-C機専用にしたものであると断言して良いでしょう。そしてパンケーキレンズが、小型軽量である点が最大の魅力とするならば、実は5D3や6Dなどのフルサイズ機よりも小型なAPS-C機、例えばKissシリーズなどに装着して使うことで最大の魅力が得られる、と考えてしまいます。そう考えるならば実はパンケーキレンズの本命は、このEF-S 24mmの方ではないか、とも。
私も、7D2でこのレンズを使うことはあまり考えておらず、愚息1号とトレードした古いKiss DXに付けて気軽に使うことを想定して手に入れました。実際、これまでもパンケーキレンズをKiss DXに付けて気軽に持ち出していたのですが、何といってもレンズが出っ張らないので、普段使いのバックにちょっと入れて持ち出すには、甚だ都合が良い。ただ、前回もちょっと書きましたが、40mmだと画角が狭すぎて(焦点距離が長すぎて)使い難い面もあって、今回入れ替えたのですが、やっぱり(当たり前ですが)40mmと24mmではかなり違います。また、最短撮影距離が30cmから16cmに短縮されたのも、物撮りには好都合ですね。
では、実際に撮ってみてどうか、です。まずは下の画のような石壁を、開放F値のF2.8で撮ってみました。ボディは9年前の1010万画素のKiss DXです。

EF-S24-2-2.jpg

ブログに載せるためにリサイズしましたが、これだけでは分かりませんよね。で、数字で示した中央と隅の画を等倍(720x540 pixel)で切り出したのが下の画です。

EF-S24-2-3-1.jpg

EF-S24-2-3-2.jpg

EF-S24-2-3-3.jpg

既に多くのレビューが書かれているこのレンズ、評判通りに開放F値から、中央部はシャープな画を見せてくれます。開放F値での隅の方はちょっと甘い、との評価も聞きますが、なかなかどうして、頑張っているのではないでしょうか。1010万画素のKiss DXだからかもしれませんが。
では一段絞って、F4.0の画はどうかというと、下のようになりました。

EF-S24-2-4.jpg

EF-S24-2-5-1.jpg

EF-S24-2-5-2.jpg

EF-S24-2-5-3.jpg

一段絞っただけで、もう十分に使える画だと思います。もう少し絞れば、更に画面全体で均一なシャープさを得られます。やはり、さすがに最近登場したレンズらしく、デジタルで使った場合のシャープ感重視の傾向があり、あまり絞る必要は感じません。小型軽量なパンケーキレンズであることと、この値段を考えれば、納得いくものでしょう。

nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー