So-net無料ブログ作成

ファイティング・スピリット [サッカーあれこれ]

ファイティング・スピリット-1.jpg

インターハイ(高校総体)の各都道府県代表を決める試合が、現在各地で行われていることと思います。もちろん、私が主に撮っているサッカーは、それらの各種競技の一つに過ぎないのですが、この大会をもって現役を引退し、大学受験に備える子達もいて、「最後の試合」となれば意外な(と言っては失礼かもしれませんが)ジャイアントキリングが起こることがある、とこの前書きました。
我が愚息も高校3年生で、半進学校であるために、レギュラーメンバーの中にも、この大会を最後にする選手が何人かいます。そういった選手が一人もいなければ、「また次があるさ」なのかもしれませんが、最後とする選手がいる以上、「コイツと一緒に試合ができるのも最後かも」との想いがチームメイトに浸透するのは、実は素晴らしいことだと思います。この高校入学から二年以上一緒にサッカーをやってきて、このチームになって試合をするようになって半年以上、「チームを離れるアイツらのために」と団結心を強く持つことが、実力以上の結果を結ぶことがあること、それを私は今感じています。
一次トーナメント初戦を、辛くもPK戦で勝ち上がった後、無難に二次リーグ戦に進出。そこで実力上位校と思われるチームを幾つか撃破して、グループ一位で決勝トーナメントに進出することが、昨日決まりました。十年以上我が県の高校サッカーを見てきた私の眼には、決して技術的に高いチームでも、目立つ選手がいるチームでもなく、チームとしての団結力と集中力だけでここまで来た感があります。それは、ファイティングスピリットと呼んでも良いでしょう。戦わなければ、戦う気持ちが無ければ、勝負に勝つことなどできないのです。

ファイティング・スピリット-2.jpg

試合は勝者と敗者を決する勝負の場。個人競技であれ、団体競技であれ、これまで培ってきた技術に加えて、このファイティングスピリット無くては、勝ち上がることなどできません。それが勝負の厳しさであり、それを学ぶためのスポーツであるべきです。我が愚息2号にしても、幼稚園からサッカーを始めたとはいえ、とりたてて名のある選手でもなく、途中大事故に遭ってサッカーを断念する直前まで行ったこともありました。それが現在、チームを鼓舞し、仲間に支えられ、共に全力で戦う姿を、私にファインダー越しに見せてくれています。正直に言って、このチームがここまでやってくれるとは、戦前は思っていませんでした。トレセン選手などを抱かえるチームに対し、チームとしてのファイティングスピリットを全面に出した結果です。先にも行ったように、技術的に秀でたチームではありません。ここから先の難敵には、スピリットだけで勝てるようなことはないでしょう。でも私は、身近で、ファインダーを通して、このチームの戦うスピリットを強く感じながら、レンズを振っています。そしてそこに、感動すら覚えるのです。
親バカでしょう。こんなサッカー後進県での予選リーグ、全国的に見れば幼稚なサッカーなのでしょう。日本代表を頂点とするサッカーピラミッドから見れば、すそ野のサッカーに違いありません。けれど私は、そのすそ野に立ち、サッカーを撮っていて本当に良かった、と心底思っています。そして親バカになれたことを、愚息に心から感謝しています。

ファイティング・スピリット-3.jpg


(このブログに何度かコメントをいただいているkin_gyoさんが、遠方からわざわざ応援撮影に来ていただきました。この場を借りてお礼申し上げます。)

nice!(3)  コメント(8) 
共通テーマ:趣味・カルチャー