So-net無料ブログ作成

サッカー撮影89(ジャンプ その4) [サッカー撮影]

サッカー89-02.jpg

サッカー選手が試合中にジャンプするシーンを撮ることについて書いてきました。小さく撮ってトリミング、というのであれば、ピントがしっかり来た画を撮ることに最大限注力することです。しかしそれは、選手が走ろうがジャンプしようが同じことで、サッカー撮影の基本ですから、取り立ててここで述べることでもないでしょう。では、ある程度以上大きく選手を撮りたい、と言った場合、気を付けるべきポイントは何でしょう。私は、
1.ジャンプする選手を予測すること
2.ボールに選手が触れる前にピント合わせをしておくこと
3.選手の動きに合わせてレンズを振る心づもりを持って撮ること
だと思います。これらはつまり、予測力と集中力、反射神経を撮影者に要求します。そしてそれは、選手を大きく写すほど、難易度は飛躍的に高まります。楽しては決して撮れない画です。どれかが欠ければ、ボールに触った後の選手を写すか、ピンボケの写真になります。でも撮れた時は、グッと実感が得られるはず。私も常に挑戦していますが、皆さんもチャレンジしてみてください。
では、今回はそんな画をド~ンと載せます。

サッカー89-16.jpg

サッカー89-03.jpg

サッカー89-04.jpg

サッカー89-05.jpg

サッカー89-06.jpg

サッカー89-15.jpg

サッカー89-17.jpg

サッカー89-08.jpg

サッカー89-09.jpg

サッカー89-10.jpg

サッカー89-11.jpg

サッカー89-12.jpg

サッカー89-13.jpg

サッカー89-18.jpg

サッカー89-22.jpg

サッカー89-14.jpg

いかがでしょう、楽しんで見ていただけたでしょうか。

サッカー89-19.jpg

サッカー89-21.jpg


nice!(3)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

サッカー撮影88(ジャンプ その3) [サッカー撮影]

サッカー選手が試合中にジャンプするシーンを撮影することの3回目です。

サッカー88-01.jpg

前回、ある程度以上に大きく選手を捉えた場合は、上下動する選手に合わせて、レンズも上方に振らなければならない、と書きました。考えれば至極当たり前の事なのですが、その場合、
1.ジャンプすることを予想して上方を空けておく
2.ジャンプする選手に合わせてレンズを振る
3.既にジャンプした選手に瞬時にピント合わせをする
この3つが考えられます。
まず、1ですが、作例を下に載せます(ノートリミング画像です)。

サッカー88-02.jpg

連写してますので、AFフレーム(1点指定、領域拡大)を表示させて、その前後の写真も含めると以下のとおり。

サッカー88-03.jpg

次に2のケースです。これは前回書いたとおりですが、ノートリミング画像をもう一例載せます。

サッカー88-04.jpg

これも連写してますので、AFフレーム(1点指定、領域拡大)を表示させて前後の写真を載せます。背景を見れば、連写しながら上にレンズを振っていることが分かって頂けるでしょう。

サッカー88-05.jpg

最後に3のケース。これは、たとえ連写しても多くの場合、1枚目が使える写真となります。これも、ノートリミング画像の例を載せます(これは7Dですが、AFは1点指定です)。

サッカー88-06.jpg

サッカー88-07.jpg

いづれのケースも、小さく撮ってトリミング、というのに比べれば、はるかに難易度の高い撮影となりますね。

サッカー88-20.jpg

サッカー88-09.jpg

サッカー88-11.jpg

サッカー88-14.jpg

サッカー88-10.jpg

サッカー88-13.jpg


nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

サッカー撮影87(ジャンプ その2) [サッカー撮影]

サッカー87-01.jpg

前回はファインダー内で狙う選手が小さいと、たとえジャンプしたとしても移動距離が小さく、故にレンズを上下に振らなくても対処できる例を載せました。しかしこれが、ある程度以上に大きく選手を捉えた場合は、もちろんレンズを上下に振らなくては、1枚の画に選手とボールを収めることはできません。例えば下の写真です。

サッカー87-02.jpg

上の写真はトリミングしてあります。ノートリミング画像は下の画です。合わせて、連写してますから、AFフレーム(1点指定 領域拡大)を表示させた画も載せましょう。

サッカー87-04.jpg

サッカー87-03.jpg

レンズは単焦点レンズを使っていますから、焦点距離は一定です。背景を見れば分かるように(芝生の部分が徐々に低くなっています)、僅かに上方にレンズを振っています。振らなければ、ボールが画の中に入ってこないかったでしょう。

サッカー87-06.jpg

サッカー写真で、必ずボールを画に入れなければならない、という決まりが有る訳ではありません。しかし、ボールが有るのと無いのとでは、やはりサッカー写真としての見栄え度が違う、と私は思います。例えば下の写真(ノートリミング)。これは選手がジャンプしている写真に違いありませんが、画にボールが無いので、何となく「サッカー写真」と言うには気が引けます。

サッカー87-05.jpg

やっぱり、ボールは欲しいですね。

サッカー87-07.jpg

サッカー87-08.jpg

また、この選手がジャンプしてボールに触るシーンでは、やはり横よりも縦の画の方が見栄えがすると思います。

サッカー87-12.jpg

サッカー87-13.jpg

サッカー87-16.jpg

横だと、どうしても選手を大きく捉えることが難しく、そうなるとピント合わせもシビアになります。トリミングの度合いも大きくなりがち。せっかく選手が懸命にジャンプしているのですから、ここは縦で撮りたいシーンです。

サッカー87-10.jpg

サッカー87-15.jpg

サッカー87-11.jpg

サッカー87-14.jpg


nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

サッカー撮影86(ジャンプ その1) [サッカー撮影]

サッカーという競技は、広いグランド内を手を使わずにボールをゴールに入れることを競うスポーツで、サッカー撮影とは、主にそれを行う選手を撮ることです。広いグランド内を走り回ることの多い選手ですが、時にジャンプすることもあります。多くの場合、高く上がったボールを頭で跳ね返す、頭で味方にパスを送る、そんなシーンが連想されますね。今回から少し、その「選手がジャンプする」というシーンについて書いてみたいと思います。

サッカー86-01.jpg

通常、足でボールを扱うことの多いサッカー選手がジャンプするとは、高い位置にあるボールに対して高い位置で触ろうとすることで、上方から来るボールに、相手選手よりも先に触りたいためです。実際には、ボールを頭で跳ね返すというシーンが多いですね。下の写真は、その典型的な画です。

サッカー86-02.jpg

多くの場合、走る選手を撮るにはレンズを左右に振りながらの撮影となりますが、被写体である選手がジャンプすると、上下の動きになります。それならば、撮影者もそれに合わせてレンズを上下に振っているのでしょうか。実は上の写真はトリミングしてあり、本来のノートリミング画像は下のようです。

サッカー86-03.jpg

使用機材は1D4+EF400mm F2.8 L IS、AFは1点指定で領域拡大を使用して連写しています。そのAFフレームも合わせて表示したノートリミング画像が下の画です。

サッカー86-04.jpg

これを見れば、撮影者である私が高く上がったロングボールを跳ね返そうとするディフェンスの選手(オレンジのユニフォーム)を撮ろうと、AFフレームを合わせていることが分かると思います。しかし、レンズを上下には振っていません。このようにファインダー内で狙う被写体である選手が小さいと、たとえ選手がジャンプしようとも、1点指定したAFフレームが選手の胸の位置から腹の位置になる程度で、特別上下に振らなくても済みます。
また、選手がファインダー内で小さいとは、撮影者と被写体との距離が有るということで、被写界深度は距離が有るほど深くなりますから、これでも十分ピントが合った画にできることがあります。ホームページやブログなどに載せるには、元々サイズダウンを余儀なくされるでしょうから、トリミングすれば使える写真になるでしょうし、昨今の高画素機では、これぐらいトリミングしても、2Lサイズ程度のプリントには耐えれる画になるでしょう。

サッカー86-08.jpg

たとえば、100-400mmのズームレンズを使ったとして、わざわざテレ端の400mmを使わずに、200~300mm程度にして小さく撮っておいて、後でトリミングする、という手法も有るでしょうし、それ自体を否定する気もありません。しかし、トリミングして使える写真にするには、まずピントが狙う選手にしっかり来ていないとダメです。その点で、ファインダー内で狙う選手が小さいと、相対的に選手に対してAFフレームが大きくなり、正確にピントを合わせることが難しくなります。背景を掴んでしまったり、他の選手をピンを持って行かれたりする可能性が高くなる、またそうなっても撮影者自身が気付きにくい(家に帰ってパソコンで見たらピンが来ていなかった)という難点があります。つまり、ジャンプする選手を容易に撮ろうとして小さく捉えたとしても、ピントを外す危険性が高くなる、ということになります。
もう一例を載せます。

サッカー86-05.jpg

上の写真はトリミングしてあります。後ろに位置する赤ユニフォームの選手まで被写界深度に入っていることで分かると思います。これのノートリミングの画が下です。

サッカー86-06.jpg

トリミングに関しては、このブログでも過去いろいろ触れてきました。是非は問わないが、できれば避けたいし、トリミング前提では撮らないように、と書いてきたつもりです。トリミングは後処理です。撮影に当たっては、トリミングの事は横に置いといて、まず狙う選手をできるだけ大きく撮ることに専心すべきで、撮影後に必要ならばトリミングで対処する、というのが私のスタンスです。選手がジャンプするシーンの撮影に関しても、同様だと思います。
第一、選手を小さく撮っていては上達もしないし、サッカー撮影の醍醐味も味わえない。できれば選手をこれぐらいの大きさ以上で撮りたいですね。
(以下の画像は全てノートリミング。使用機材は、1D4+EF400 F2.8 L IS です)

サッカー86-07.jpg

サッカー86-09.jpg

まだ小さいですか? もう少し大きく捉えた画なら、こんな感じ。

サッカー86-12.jpg

サッカー86-13.jpg

更に大きく。

サッカー86-14.jpg

サッカー86-15.jpg

調子に乗って、更に。

サッカー86-16.jpg

サッカー86-17.jpg

ボールがしっかり入って、しかも画面から選手がはみ出るくらい大きく、となれば、撮れれば大満足ですね。でもレンズの最低撮影距離と被写界深度が、かなりシビアになります。

サッカー86-18.jpg

サッカー86-19.jpg

サッカー86-20.jpg

サッカー86-21.jpg


nice!(4)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー