So-net無料ブログ作成

HDDの増設 [パソコン]

前回は、現在のメインパソコンが15か月間トラブルフリーで過ごしてきたことを書きましたが、撮影データは着実に溜まっていきます。デジタルデータの保存としては、未だハードディスク(HDD)がギガバイト当たりの単価は一番安く(特に3.5inch)、私は以前からHDDへの2重保存をしております。現在書き込んでいるのが、以前にも書きました、3TBの東芝製HDD(DT01ACA300)。これがそろそろ一杯になってきました。そろそろ増設しないと、と思っていたところ、いつもお世話になっているパソコンショップが移転するというではありませんか。移転となれば、セールが期待できますよね。案の定、メーカー不問・限定数ながら、3TBのHDDが8500円(税抜)と広告チラシに乗っているではありませんか。これに手を出さない訳にはいきません! 移転オープン当日に行ってきました。
限定20個と書いてあったので、朝から並ばないと手に入らないか、とも思ったのですが、早起きが苦手な私には無理。午前中に行ってみて、無ければ諦めるか、と思って行ったのですが、有りました。よく見れば、東芝製のMD04ACA300で、これは価格コム最安値より安い!(2014年10月フィリピン製)。8500+消費税680=9180円で買ってきました。もちろん、6Gb/s対応のケーブルも一緒に。

東芝製HDD-MD04ACA300-1.jpg

まずはフォーマットです。3TBともなると、これには時間がかかりますから、寝ている間にやってもらいましょう。終わったら「ディスクの管理」画面からドライブレターを当てはめて認識完了。デスクトップパソコンでこうしたタワー型だと、HDDの増設が簡単にできますから楽です。大量のRAW画像を扱う方には、スペースさえあれば、お勧めしたいですね。で、早速いつものように速度を測定してみました。右側が、前回導入した東芝製3TB-HDDの同じく導入当初の値です。

東芝製HDD-MD04ACA300-2.jpg

パッと見、シーケンシャルリード&ライトの値などがあまり変わっていないところを見れば、HDDの性能も頭打ち、とも思えます。ただ512Kbの値はとんでもないことになってます。これは私が、テストに100MBで設定したためです。この東芝製HDDがMD04ACA300になって、キャッシュが128MBになりました(DT01ACA300は64MB)。そのため測定値を100MBにすると、キャッシュ内に収まってしまい、こんな数値が出たのだと思われます。そこで、設定数値を500MBと1000MBにして再測定してみました。

東芝製HDD-MD04ACA300-3.jpg

毎回、HDDを購入する度に測ってきましたが、性能は確実に上がっているものの、その上昇率は徐々に鈍くなってきているように思えます。ただ今回、200MBの大台は僅かに達成できませんでしたが、このくらいの性能ならストレス無く使っていけることでしょう。そしてたぶん、キャッシュが128MBが当たり前になっていくのでしょうね。
OSなどのソフトにはSSDを使って、撮影データの保存にはHDDをチョイス、この組み合わせで暫くいきます。

nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー