So-net無料ブログ作成

7D MarkⅡ ファーストインプレッション(その4) [カメラ機材]

7D2-4-1.jpg

7D MarkⅡ(7D2)は、同じAPS-Cサイズながらも画素数をアップして、約2020万画素となりました。画素ピッチは7Dの4.3㎛(マイクロメートル)から、7D2は4.1㎛へ。1DXの6.9㎛や5D3の6.25㎛は言うに及ばず、1D4の5.7㎛よりずっと狭いです。一般的には、画素ピッチが狭い程、高感度に弱い傾向が有りますが、その点を今回は見てみたいと思います。

7D2-4-2.jpg

ボディ内現像のJPEG画像の比較は、私の場合RAWで撮っているのであまり興味無く、ここではRAWで撮って、DPPのノイズリダクション(NR)を輝度ノイズ・色ノイズ共に0にして、どの程度ノイズ差が有るのかを見てみることとしました。これでDPPでRAW現像する際のNRの掛け方が違ってくると思われます。被写体は上のようなロウソク。比較したの3機種、7D・1D MarkⅣ(1D4)・7D2で、ISOは1600・3200・6400と変えて撮ってみました。ISO 6400以上は、7Dでは拡張機能なのでフェアじゃないと思い、6400までにしました。DPPでの他のパラメーターは全て同じにし、レンズはEF24-70 F2.8Lを使用し、F4固定で撮りました。それを等倍で切り出したのが下の画です。

7D ISO 1600
7D2-4-3-7D-1600.JPG

1D4 ISO 1600
7D2-4-3-1D4-1600.JPG

7D2 ISO 1600
7D2-4-3-7D2-1600.JPG

7D ISO 3200
7D2-4-3-7D-3200.JPG

1D4 ISO 3200
7D2-4-3-1D4-3200.JPG

7D2 ISO 3200
7D2-4-3-7D2-3200.JPG

7D ISO 6400
7D2-4-3-7D-6400.JPG

1D4 ISO 6400
7D2-4-3-1D4-6400.JPG

7D2 ISO 6400
7D2-4-3-7D2-6400.JPG

さて、これをご覧になっていかかでしょうか。これが素の画で、ここからNRを掛けていくのです。7Dは2009年のAPS-C機1800万画素、1D4は2010年のAPS-H機1600万画素、7D2は2014年のAPS-C機2020万画素です。フルサイズセンサー搭載機に比べればまだまだでしょうが、この間のデジタルの進化を考えれば、至極まっとうな結果に私は思えるのですが。

nice!(6)  コメント(4) 
共通テーマ:趣味・カルチャー