So-net無料ブログ作成

Digital Photo Professional 4.0 [写真・撮影]

先日キヤノンから、「Digital Photo Professional 4.0」が発表されました。
http://cweb.canon.jp/eos/software/dpp4.html

DPP4.0.jpg

キヤノンのRAW現像ソフトとして、ユーザーに無料配布されていたDigital Photo Professional(DPP)。私は現在はほとんどRAWで撮ってますので、このDPPには大変お世話になってきました。何といっても無料ですし、上級者の方には機能的に物足りないかもしれませんが、私などにとっては分かりやすく、扱いやすく、便利に使ってきました。その機能的な面も、バージョンを重ねるごとにアップしてきて、Photoshopよりも親しみやすいために、私の最もよく使うソフトになってました。それが今回、大幅に変わって4.0になるとか。
細かい追加機能などはキヤノンのホームページを参照していただくとして、別ソフトのように変わりました。まず見た目のGUIが大きく変わりましたね。それと、64bitに対応したことが大きいです。昨今のOSでは64bitの普及が進んでいますし、大容量のメインメモリーを搭載したPCを使っておられる方も多くなったことでしょう。今までの32bitだと、この搭載メモリーを生かしきれない環境にあったと思います。これが解消されただけでも、大量のRAW画像を扱うサッカー撮影などでは、大変助かると思うのです。機能強化の項目で、「100%表示でのセレクト作業の高速化・ 1万枚程度の大量サムネイルもストレスなく表示」というのは、この64bit化(それによって、パソコン搭載のメモリーを使いきれる)のおかげでしょう。
ただし、対応機種がEOS-1D X・EOS-1D C・EOS 5D MarkⅢ・EOS 6D とか。え~、私は使えない? 「上記以外の機種をお持ちの方は、引き続きDigital Photo Professional 3.14をご使用ください」って、そんな~(涙)。現行機種である7Dでもダメ。現行のフルサイズセンサー機種にしか使えないなんて、RAWデータ的に何か制限が有るのでしょうか? 何だか、改めて現在の手持ち機種が旧型であることをマジマジと感じてしまいました。
今後のことは分かりませんが、無慮配布とはいえ、予算を掛けて作ったのでしょうから、対応機種を順次増やしてほしいな~、と思うのですが、ネ。


nice!(2)  コメント(4) 
共通テーマ:趣味・カルチャー