So-net無料ブログ作成

Newメガネ [日々の徒然]

私がメガネをかけていることは、以前このブログでも書きましたし、メガネを買い換えたことも書きました。そして今回また、メガネを新調してしまいました。

Newメガネ-1.jpg

以前も、最近のメガネは安くなったよねぇ、と書いたのですが、今では拍車が掛かったように更に低価格化が進んでますね。私のメガネ歴なんか、14歳の時からですから、もう40年になります。その間どのくらいメガネを買い換えたか憶えていませんが、常に使うものだから、と3~5万円の投資を毎回していました。服は毎日着替えても、メガネは毎日必ず身に着けているもの。しかも、誰もが気になる顔の中心に乗っかっているものですから、メガネ一つで自身の印象を左右するような重要なものです。それを替えるとなると、どうしても慎重になりますし、それなりの投資はやむなし、と思っていました。それが1万円台半ばで十分納得できるものが手に入る(もちろん私見ですよ、そんな安価なものでは納得できない方もいるでしょうが)。それも、今の私に必須な遠近両用薄型レンズ付きで、となれば、随分敷居も低くなったご時世だと思いました。それが今回、新聞折り込みのチラシを見てフラ~っと立ち寄った店では、もう1万円を切る価格で同様のものが手に入るではありませんか。しかも、売れ残りの処分といった品には思えません。今使っているメガネが特段気に入らない訳ではないのですが、もう3年使ってますし、この値段なら買って損は無いでしょう、と。
3年ぶりですから、この際きちんと測定してもらいましたが、今使っているメガネの度数と同じでOK、ということでした。ということは、今のメガネでも何ら使用に支障無しということで、メイン機をサブ機に切り替えです。でも、やはり3年間毎日昼夜を問わず顔の上に乗っけてきたのですから、並べて見るとやはり、プラスチックレンズ宿命の黄ばみが感じられます。買い替え時だったのかも、ですね。

Newメガネ-2.jpg

私がメガネを掛け始めた頃は、コンタクトレンズはまだ高価で、一般学生がなかなか手に出せないものでしたが、今ではその傾向も随分薄らいだようですね。逆に、このメガネの低価格化によって、メガネを複数持ってその日の気分や行先によってチョイスする、というファッションアイテムの一つと捉えている方々が増えているようにも思えます。一昔前よりも、メガネを掛けている若者、多くなったような気がしませんか。メガネを掛けることに対する抵抗感が無く、逆にTPOによってアクセントを替えられるメリットと考える、それが現在なのでしょう。3年前の半額近い値段で同様のものが手に入れられるなら、私もついでにもう一つ、なんて考えたりして。

nice!(8)  コメント(5) 
共通テーマ:趣味・カルチャー