So-net無料ブログ作成

笑顔の大会 [サッカーあれこれ]

笑顔の大会1.jpg

前々回に、U-15県リーグを撮りに行ったけど物足りなかった、といったことを書きました。そしてその次週は、JFAファミリーフットサルフェスティバルの撮影に行ってきました。

笑顔の大会2.jpg

この大会は、20歳以上の男性・女性各1名&15歳以下2名の常時出場が義務付けられています。「ファミリーフットサル」との名の通り、家族やその仲間でフットサルを楽しもうという大会です。1月に記事にしました「全日本U-15フットサル大会」はホントの真剣勝負。でもコレは、フットサルを通じてエンジョイすることが主目的で、どちらかと言えば勝敗は関係ありません。フットサルの形式をとっていますが、ボールを蹴るのがやっとできるようになった子供達もいますし、シュートが来ると思わず避けてしまうゴールキーパーのお母さんもいます。それでも皆さん笑顔なんです。この笑顔は、不真面目さ所以ではありません。私が毎年この大会を撮っているのは、この笑顔が有るからなのです。
サッカーやフットサルというスポーツをするのは、もちろん第一に勝利を目指す、ということでしょう。でも、こうした家族や仲間でワイワイ言いながら楽しむのも大いにアリだと思います。健康増進・家族の交流、そんな手段にスポーツが使われることは実に良い事だと、そしてスポーツにはそういった側面が有って良いものだと、この大会を撮る毎に思わせられます。自らを鍛え、切磋琢磨し、僅かでも高みを目指す真剣勝負の場にはドラマが有り、きっとそれを撮る価値が有ると思います。けれど、スポーツをする人全てがそうでなければならない、ということはないと思います。こうして笑顔でサッカーやフットサルを楽しむ方々は、そうした頂点を目指す選手への導き手となったり、温床になっているのではないでしょうか。子供達に、ボールを蹴って、走って、またボールを受ける、それは楽しいことなんだ、と教えていくことが、サッカーやフットサルを根付かせる重要なことだと思います。そして、そんな大義名分より、私はこうして笑顔で楽しんでいる人たちを撮るのも楽しい、です。

笑顔の大会3.jpg

笑顔の大会4.jpg

日中に行われたとはいえドーム内で無灯でしたので、光量的には厳しく、ISOを500以上にし、EF70-200mm F2.8 L ISⅡで殆ど撮りました。1日で2000枚も撮ってしまいまい、歩留まりは決して良くないと思います(これから選別・編集作業です)。笑顔を撮る、実はこれもまた難しいものだ、と毎年痛感させられてます。

笑顔の大会5.jpg

笑顔の大会6.jpg

(今回の掲載写真は、昨年の同大会のものです)

nice!(5)  コメント(4) 
共通テーマ:趣味・カルチャー