So-net無料ブログ作成

クリスマスプレゼント [日々の徒然]

クリスマスプレゼント.jpg

今年は、家内が東京に居る子供たちの引越しの手伝いに行っているので、残された愚息2号と私の二人でクリスマスを迎えます。サービス業に従事する我が家では、毎年落ち着いてクリスマスを祝うという習慣は元々無く、いつも慌ただしく過ぎ去っていくのが当たり前になっています。
そんな昨日、愚息2号と二人で夕食をとっていると、
「これ、クリスマスプレゼント。少し早いけど」
と思いがけず愚息2号から包みをいただきました。
「いつも写真撮ってもらっているしね、ありがとう」
と。
親が子を育てる、親が子にクリスマスプレゼントを渡すのは当たり前で、そんな訳でクリスマスらしい雰囲気の無い我が家でも、今までずっとそうしてきました。それがどうでしょう、少ない小遣いから捻出してくれたというプレゼント。
「いつも、寒い寒い、って言って帰ってくるからさ。気に入るかどうか分からないけど」
望外の品に、ジーンときてしまいました。そしてこの子も、ずいぶん大きくなったのだ、自分のことだけではなく、人に対する視野が少しづつ広がってきたのだ、と感じてしまいました。16歳になった愚息2号、親が知らない間に、子はいつの間にか大人になっていくものですね。
明日から、このマフラーを巻いて、残された今年の喧騒の中をがんばります!

nice!(6)  コメント(4) 
共通テーマ:趣味・カルチャー