So-net無料ブログ作成

丹波篠山 [日々の徒然]

丹波篠山1.jpg

昨日は私のBirthdayでありまして、まあこの歳になってしまえば、特別嬉しくもないのですが、家族がこれを名目に、日帰りバス旅行に誘ってくれました。行き先は、丹波篠山です。

丹波篠山2.jpg

天候は、普段の私の行いを反映してか、台風接近前の雨。これはしかたないですねぇ。兵庫県といっても京都府に接している篠山市ですから、バスでこちらから向かうとしても、名神高速道路経由で一般道の山越えを経て、山間の盆地に到着。江戸時代初期に西国への押さえとして作られたという篠山城が街の中心部にあって、立派な石垣が今も残っています。この城を中心として、周囲には当時の面影を残す建物や街並みが観光名所として残っています。一時間ほど散策したのですが、確かに今は殆ど見なくなった板塀や白く塗られた土蔵などが目につきます。ただ、いざ写真を撮ろうとすると、どうも無粋な電柱やら電線が入り込んだりして、観光名所としての整備にはまだ中途半端感がありますね。

丹波篠山3.jpg

この古い街並みに本屋さんを発見。そういえば私の子供の頃は、こんな店が近所にあったなあ、とパチリ。中には入りませんでしたが、入れば何十年か前にタイムスリップしそう。

丹波篠山4.jpg

このツアーの目玉は、丹波牛のすき焼きとマツタケご飯の食べ放題でしたが、それはシッカリと頂きました。他には、地元名産の黒枝豆狩りと栗拾いがイベントとして含まれているのですが、生憎の天候で、お土産として頂くことにだけなってしまったのは、ちょっと残念でしたね。

丹波篠山5.jpg

更に強くなる雨の中、途中渋滞にも巻き込まれながらの帰途の途中、ツラツラと考えること暫し。もう人生の折り返し点をとっくに過ぎてしまっているであろう身としては、この先に若人のような夢を描くわけにはいきますまい。それでもこうして、周りに祝ってくれる人たちがいる事こそが、これまで何とか生きてきた証なのだと、感じた日でした。

丹波篠山6.jpg


nice!(4)  コメント(4) 
共通テーマ:趣味・カルチャー