So-net無料ブログ作成

EF200-400mm F4 L IS USM エクステンダー1.4x [カメラ機材]

既にご存知の方もいらっしゃると思いますが、昨日5月14日CANONから、EF200-400mm F4 L IS USM エクステンダー1.4x が正式に5月30日より発売されるとアナウンスされました。この時期に?という前触れ無しの突然でしたね。私はてっきり、今秋だと思っていました。

EF200-400-1.jpg

http://cweb.canon.jp/ef/lineup/tele-zoom/ef200-400-f4l/features-info/index.html
しかもそのお値段が133万円!(税別)。消費税込みだと1396500円。私の予想以上に高価でした。EF400mm F2.8 L IS Ⅱよりも8万円高い。ニコンにも、AF-S 200-400mm F4 VRⅡというレンズがありますが、ニコンのヨンニッパより30万円ほど安価です。キヤノンでは逆にヨンニッパより高価で出してきました。これはやっぱり、1.4xテレコン内臓という点のセールスポイントのせいでしょうか。キタムラなどでは既に、1131100円(税込)で予約価格が出てますが、100万円を切るのはちょっと先でしょうね。

EF200-400-2.jpg

さてこのレンズ、どういった描写を見せてくれるのか分かりませんが、ズームレンズといえども単焦点と張り合うぐらいの画を期待したいところです。そうでなければこの価格に納得できないでしょう。内蔵式1.4xテレコンを付けたということは、APS-Hを止めたキヤノンの言い訳のようにも、ちょっと思えますが、この恩恵を堪能できる方は少ないでしょうね。鳥や航空機を撮っている方々にも魅力でしょうが、ズームを採用していることから、これは屋外スポーツには最適だと思います。サッカー撮りには最強のレンズになるでしょう。でもねえ、この価格では、手を出せる方は少ないだろうな~。
私は無理です(キッパリ!)

nice!(2)  コメント(6) 
共通テーマ:趣味・カルチャー