So-net無料ブログ作成

伊勢フットボールヴィレッジ [サッカーあれこれ]

私のゴールデンウィークといえば・・・、やっぱりサッカー撮影でした。

伊勢フットボールヴィレッジ1.JPG

今年、伊勢神宮で式年遷宮が行われることは、ご存知の方もいらっしゃるかもしれません。神宮は原則として20年ごとに、内宮(皇大神宮)・外宮(豊受大神宮)の二つの正宮の正殿他の全ての社殿を造り替える行事が進行中で、平成25年の今年、正遷宮(神体の渡御)が行われます。20年に一度ですから観光客も多く、このゴールデンウィークもそうでした。それによる経済波及効果、要するに、観光客来訪による地元へ落ちるお金の増加が見込まれるのですが、これが終わった後の落ち込みを危惧する声もあります。そこで、地元有力企業と自治体を中心に「フットボールヴィレッジ構想」が持ち上がった、という訳です。
構想自体は以前から有って、一時中断したこともありましたが、近年、注目度の高いスポーツとなったサッカー場を整備・拡大することで、既にある体育館(サンアリーナ)でのフットサルも含めて、各種サッカー大会や合宿、サッカー教室などのイベントを誘致していこう、という構想です。サッカー場としては、既に稼働しているグランドもあったのですが、今年4月に新たに2面の人工芝グランドと、3階建てのクラブハウスが出来て完成しました。私は今年1月の全日本U-15フットサルが併設の体育館で行われた際にこの地を訪れたのですが、その時は工事末期で、完成後としては今回初めて行ってきました。

伊勢フットボールヴィレッジ2.JPG

伊勢フットボールヴィレッジ3.JPG

クラブハウスはなかなかモダンな造りで、ガラス張りの3階からは両ピッチが望めます。ロッカールームやシャワー室も完備していますので、有名チームも呼べそうですね。ただ、全面にネットが張られてますので、撮る側としては、この点はちょっと残念。1面には観客席も少しありますから、そこに入れば問題ないのですが。
ピッチに足を踏み入れると、ロングパイル人工芝の真新しいフカフカの感触で、ゴムチップの充填剤が厚く敷き詰められているのが分かります。まだ踏み固められていない感触でした。

伊勢フットボールヴィレッジ4.JPG

伊勢フットボールヴィレッジ5.JPG

天然芝に比べれば維持費の安い人工芝グランドですが、こうした施設が日本全国で増えつつあるようです。高度成長期の終わった日本で、余暇や健康増進へ目を向け始めた成果の表れなのかもしれません。そしてそれが、「誘客」という効果を生むということに気付いた成果なのかもしれません。何にせよ、サッカー撮りには嬉しいことに違いありませんね。
この日は気温的には過ごしやすかったですが、日差しには強さを感じました。人工芝からの照り返しを感じながらの撮影となりましたが、夏は意外に近そうです。

伊勢フットボールヴィレッジ6.JPG


nice!(2)  コメント(5) 
共通テーマ:趣味・カルチャー