So-net無料ブログ作成

Logicool Wireless Desktop MK710 [パソコン]

710-1.JPG

届いた箱を開けてみると、キーボードにもマウスにも、鏡面仕上げの部分には全て保護フィルムが張ってある丁寧さは好印象。大きさは、以前のMicrosoft製より、機能が少ない分ちょっと小さい。キーはメンブレンなのですが、キー自体が厚みが無く、ストロークもそれほど深くなく、パンタグラフに近い感じ。メカニカルのようなカチッとした感じはありませんが、打音が出ないのは私の好み。打ち心地は柔らかで、これは好みが分かれそうな点です。一万円以上するメカニカルキーボードの魅力は(店で触った程度ですが)、充分認識しているつもりで、キーを打つ感触を楽しむには最適なのは分かっているのですが、それはまた次回の楽しみに取っておきます。以前のキーボードにもパームレストらしきものがありましたが、あれは単なるプラスチックで固い。対してこの製品のものは、多少の弾力が有って、表面も皮風で手触りがイイです。パソコン本体のUSB端子に極小のレシーバーを差し込めば、何の問題も無く使えましたが、これは当たり前かな(付属にドライバーCDも無し)。

710-2.JPG

意外な点で良かったと思ったのは、キーボードにもマウスにも、ON/OFFスイッチがあること。ちょっと卓上を掃除しようとか、キーボード&マウスを退けている際にOFFにしておけば、むやみにキーが押されたり、ポインターが動き廻ったりしません。キーボードは、長さに違う足が2種ありますから、角度調節も2段階できますけど、この「足」がどうにもヤワな感じで、強く抑えつけると折れそうな点はちょっと心配。
欠点は、「Delete」「Back Space」「Esc」のキー。「Delete」「Back Space」は、もう少し大きいか、もう少し離れていてくれたらイイと感じました。「Esc」は良く使うのに小さすぎます。これは購入時に気付いていたことなので、ある程度納得済みでしたが、この3つのキーは意外によく使うのに軽視しがちで、使用感を左右すると思います。ファンクションキーも他と比べて小さいですが、私はそれほど頻繁に使わないので、これは問題無し。省電力仕様で、長時間使用しないときは電源OFFになる設計なので、その立ち上がりの一瞬は、???と思う時がありますが、これはしかたないのかも。
マウスは、さすがに単3で電池2本が入るために、多少重く感じますが、操作に苦になるほどでもないです。大きさも手触りも良く、無線で案じられる操作のタイムラグなどの弱点は、実使用で全く感じられません。ただレーザー式なのはいいのですが、ポインターの動きが以前の物と微妙に違って、慣れるまでマルチモニターでは、「あれ?何処?」と探してしまうことも。私的にはちょっと粘り気のあるジワ~っと動くのが好きなのですが、以前のものと読み取り解像度の違いでしょうか、いろいろ設定を変えて見たのですが、どうもまだシックリとはしてません。キーボードに反して、左右のクリックの際に「カチッ」とハッキリした音が出るのは、好みの別れる点でしょう。キーボード&マウスの電池がどの程度もつのか、まだ使い始めたばかりで分かりませんが(メーカーは3年程と言ってますが)、これは使い方次第のところもあるでしょう。
とりあえず一週間ほど使った限りでは、大きな欠点も無く、以前のMicrosoft製にあった初期不良も無く、思ったとおりの製品で、コレをしばらく使い続けます。
(ミスタイプが無くなればよいのですが、それはやっぱり本人次第でしょうね)。

710-3.JPG


nice!(2)  コメント(3)