So-net無料ブログ作成

EF40mm F2.8 STM(前編) [カメラ機材]

先週、愚息に渡っていたKiss DXとキヤノンフォトコンテストの副賞、Kiss X6iとのトレード交渉成立の話を書かせていただきました。で、レンズはどうするか、です。愚息には、それまでKiss DXで使っていたTAMRON 17-50mm F2.8 VC(B005)を持って行ってもイイよ、と言ったのですが、こっちの方でイイ、というので、キットレンズのEF-S 18-55 ISを付けたまま持っていきました。故に、私の手元にB005が残った訳ですが、再度マジマジと見てみると、このレンズはデカイ! ズーム全域F2.8というのは確かに魅力だし、手振れ補正機能のVCも純正に負けてないほど強力。でも、せっかく気軽なスナップ撮影に、いつでも持ち出せるように、と小さいKiss DXを戻したのに、このレンズを付けたのでは意味無し。TAMRON B005は7Dで使うことにし、ここはやっぱり、それ用のレンズを用意することにしました。

気軽なスナップ1.JPG

で、私が触手を伸ばしたのが、キヤノンが昨年出したEFレンズシリーズ最薄・最軽量のパンケーキレンズ、EF40mm F2.8 STM です。購入は、以前も使ったことがある通販店で15800円。現在キヤノンはキャッシュバックキャンペーン実施中で、このレンズも対象商品になっていて、5000円のキャッシュバックがありますから、実質1万円ちょっとで手に入れられるということで、即決。

気軽なスナップ2.JPG

久しぶりの新品レンズ購入です。Kiss DXに装着しようとすると、固い。まだ馴染んでいない新品マウントのこの感触、久しぶりです。値段の割には金属マウントだし、鏡胴あたりに安っぽさは無く、その点はさすがに純正。レンズ自体の厚みは、リアキャップと大差無いほどで、ボディから出っ張らないので存在感も無く、故にバックに放り込んでおいても取り出しやすく、この軽快感は今回の私の用途にピッタリ。それに加えて軽いので、ホントにボディキャップ替わりになりそう。
キヤノンレンズには、フードが標準で付いていたり無かったり、あまり使わないレンズケースやポーチが付いていたり無かったり、どうもこの点はチグハグで、私的には、機能維持のためのフードは全種標準で、機能に関係無いケースやポーチはオプションで、というのが希望です。が、さすがにこの値段ですから、このレンズにはどちらも付属しておりません。まあ、せっかくのパンケーキレンズにフードは要らないでしょう。

気軽なスナップ3.JPG

ステッピングモーターを駆動に使ったこのレンズ、確かにTAMRON B005のようなジーッ、ジッという音はしません。かといって、USMのような無音に近いかといえば、そこまでは、といった感じで、非常に静かなモーター駆動という印象。キヤノンは動画撮影時にAF駆動音を拾ってしまうことを減らすためにも、今後はUSMの無い普及型レンズには順次、このSTMを採用していくのでしょう。AF速度は早くはありませんが、まあこのレンズの用途では不満無いでしょう。
(つづく)
気軽なスナップ4.JPG


nice!(2)  コメント(3) 
共通テーマ:趣味・カルチャー