So-net無料ブログ作成

フルサイズ用レンズ [カメラ機材]

昨日、キヤノンから新しいレンズが発表になったことは、ご存知の方も多いと思います。
http://cweb.canon.jp/newsrelease/2012-11/pr-ef24-70-f4l.html

EF24-70mm F4 L IS USM ケース・フード付き 税込 161700円
http://cweb.canon.jp/ef/lineup/standard-zoom/ef24-70-f4l/index.html
24-70-F4IS.jpg

24-70-F4IS-2.JPG


EF35mm F2 IS USM ケース・フード付き 税込 87150円
http://cweb.canon.jp/ef/lineup/wide/ef35-f2-is/index.html
35-F2IS.jpg


まあ、まだ発売されたわけでもないので(また発売延期はないだろうなぁ)、詳細はキヤノンのホームページを見ていただくという事で、私の印象のみ、ちょっと書かせていただきます。
今年、EF24-70mm F2.8 L USM Ⅱを出したばかりなのに、ISを搭載してF4にしたとはいえ、同じ焦点域のレンズを出してくるとは、ちょっと驚きました。EF24-105mm F4 L IS USMとの棲み分けはどうするのだろう、と思ったら、ISはハイブリッドISにしてマクロ撮影も可能とのこと。しかも軽量コンパクトにして、発売予定のフルサイズ一眼6Dのレンズキット用になるとのこと。要するに、フルサイズ一眼の標準レンズとして使い勝手のよいレンズを追加することで、ラインナップの充実を図りました、ということでしょうね。キヤノンは本気でフルサイズ一眼を推し進めていくつもりの表れ、ということかな。ちなみに、レンズキャップは例の、中央でつまむタイプになりましたネ。
EF35 F2 IS USMも、先に発売された、EF28mm F2.8 IS USM、EF24mm F2.8 IS USM 同様、従来の普及型レンズにISとUSMを付けてリニューアルしたフルサイズ用単焦点レンズ。俗に言われる「並単」も確実に、順次リニューアルしますよ、ということでしょう。それ自体は、これまでユーザーの望んできたことですから、喜ばしいことには違いないのですが、ちょっと値段が上がり過ぎではないかなあ。ちなみに、これらの並単も、フードが標準で付いてくるようになりました。私は以前から、「キヤノンはフードをどう思っているのか、レンズポーチなどよりフードを付けて!」などと文句を言ってましたが、その声が届いたのかな。
いづれにしても、レンズメーカーもデジタル時代のフルサイズ用レンズを確実にリニューアルしているので、キヤノンもその方向なのでしょうね。ただ、気軽に手を出せる、という値段でなくなってきている点は、ちょっと不満ですが。

ところで先週の11月1日に、EF70-300mm F4-5.6 IS USM の値下げがキヤノンから発表されました。
http://cweb.canon.jp/ef/lineup/tele-zoom/ef70-300-f4-56/index.html
値下げ.jpg


従来は、税込92400円だったものを、何と2万円以上も下げて、税込71400円を希望小売価格に改定しました。もちろん我々ユーザーとしては、値下げは好ましいことですが、大メーカーの純正レンズとしては珍しいですね(でも、ユーザーの方が見たらちょっと複雑な心境かも)。
70-300mmというズームレンズは随分昔から各社で有って、スタンダードな望遠レンズとしてフィルム時代から親しまれてきました。キヤノンが初めてISを搭載したのも、このレンズの前身レンズでした。これまでキヤノン自身も、EF75-300 F4-5.6 というレンズを何種類か(ISが付いたり付いてなかったり、USMだったりそうでなかったり)出してきましたが、それらを統合する形で2005年10月にこのレンズを出しました。USMでもマイクロUSMだったこともあり、特別に動体撮影向きとは言い難かったですが、手軽に扱えて、純正の安心感のある望遠ズームレンズでした。最近は、白いLレンズ(EF70-300mm F4-5.6 L IS USM)が登場したこともあり、このLレンズが実売価格10万円ちょっとで手に入るということで、性能差に応じた価格差をつける意味で、今回の値下げにつながったのでしょうか。真相は分かりませんが、モデルチェンジする度に値上げされるキヤノンレンズとしては、これは逆にちょっと珍しいですね。

nice!(3)  コメント(9) 
共通テーマ:趣味・カルチャー