So-net無料ブログ作成

Lowepro Passport Sling [カメラ機材]

あ~あ、また買ってしまいました、カメラバック。

パスポートスリング2.JPG

エツミの「very M」というバックを購入したことを、以前このブログでもご報告しました。日常の外出にも気軽にカメラを持ち出せるように、という意味での購入でしたが、その気軽に持ち出すカメラがKiss DXならよかったのですが、それが7Dになると、日常の外出としては、財布や携帯電話なども入れて置きたいし、これではちょっと小さくて、出し入れが窮屈。そこで買い増したのが、同じくエツミの「D-spec」。これなら7D+レンズ1本+財布・携帯電話諸々を入れても大丈夫。これで完結となるはずだったのですが・・・
日常出かける際には、私は肩から斜め掛けできるバックが好みです。これなら両手が常に使えますし、自転車に乗る際も邪魔にならず。片方の肩に掛けるタイプはどうも肩が疲れてしまって好きになれず。それと日常の外出に使うなら、いかにもカメラバックですと言わんばかりのゴツイものはイヤだし、カメラバックに多い黒色もイヤでした。で、選んだのが、「very M」と「D-spec」(どちらもロータスブルーという水色っぽいもの)でした。「very-M」は大変気に入っていて、今でも外に出る際はほぼ毎回、財布や携帯電話を入れて使っています。そのせいで、随分汚れが目立つようになってきました。カメラも7D+EF-S15-85だけなら何とか押し込められますが、財布などの出し入れがしにくく、これではカメラを持ち出すのが億劫になります。その点「D-spec」なら問題は無いのですが、厚みが有るせいで体への密着度が薄く、肩からぶら下げたときには「箱」という感じがし、気軽な外出に長時間ぶら下げるには存在感が有り過ぎる感じでした。そんな中途半端な状態の時、近所のカメラ店で見つけてしまったのが「Lowepro Pssport Sling」(スカイブルー)です。SALEという値札が張られた5180円でした。後で分かったことですが、モデルチェンジしてⅡ型に変わったので、在庫処分セールだったのでしょう。ホントは別の色が良かったのですが、またもや同じような色になってしまいまったのは仕方ないですね(黒はイヤだったので)。

パスポートスリング3.JPG

外観は写真の通りの三日月型で、中のカメラ収納部分(クッションボックス)は7D+EF-S15-85+Fisheyeで一杯。けれど、その他の部分の収納スペースが大きいので、財布や携帯電話などを楽に出し入れできます。またサイドのファスナー式のマチを開ければ、更に収納力を増すことができます。ただこの部分にはクッション性の保護は有りませんので、カメラorレンズを入れるのには気が引けます。ロープロらしく、外側にもポケットが大小あり、飲み物のペットボトルを突っ込んでおく、ということも可能(蓋やファスナーは無い)。これまでのエツミのバック同様、素材はナイロン系で、高級感はありませんが、内部のクッションボックスを外せは、かなり小さく折りたたむことも可能。肩からぶら下げて小走りしても、体への密着感が有るのでブラブラせず、ぶつけたりすることも少なそうだし、今の私の用途には良さそうに思えます。

パスポートスリング4.JPG

バックは個々人の使用状況や好みが反映されるべきアイテムですから、私には良くても万人に適するとは限りません。が、気軽な外出で、カメラを持ち出さないときにはベリーM、カメラを持ち出す際にはこのパスポートスリング、ディースペックは車を使う際、といった使い分けをしていこうかなと思っています。

パスポートスリング1.JPG


nice!(1)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー