So-net無料ブログ作成

機上の人 [巷の雑感・時の想い]

機上の人1.jpg


七夕の日には、およそ望まれないであろう、一面の鉛色
往路には、大粒の雨に遮られたこともあったというのに
大阪湾に浮かぶ孤島着けば、待っていたかのように青色が広がる
日が射せばアスファルトを焼き、陽炎が揺れる
ここは旅立ちの地、別れの日

飛び立てるということは、羽ばたく力が付いたということ
真っ直ぐに進めるということは、目標があるということ
振り返らず躊躇ない姿は、意志があるということ
願ったことに挑めるのは、シガラミの無い身軽さの証拠

展望デッキに追いやられた身に、先程まで見ていた残像がゆらめく
別離が悲しい?
心配?
自らの無力を感じる?
悔いる?
うらやましい?

力強い爆音が、頭上はるか彼方に行き去れば、静寂の中
言いようも無く湧き上がるのは、寂寥感なのか
否、いや、否と思う、否に違いない
別れ際に握った彼の手は
14年間シュートを防いできた手ではなく
もっと大きくなっていることに気付かされた

機上の人よ
失敗や挫折に恐れるより、飛び立つことを選んだ若人よ
前へ上へ、思ったように飛ぶがいい
しかし、永遠に飛び続けること叶わぬ時、いつか来るかもしれぬ
その時の為に、この大地にて佇み続けることとしよう
この親の命尽きる時まで



機上の人2.jpg


P.S.


nice!(5)  コメント(7) 
共通テーマ:趣味・カルチャー