So-net無料ブログ作成

ミニ写真展 開催中(後編) [写真・撮影]

展示会2-1.jpg

初挑戦の大判プリントですが、業者の話によると、幅1.1mほどのロール紙(光沢紙・マット紙等いろいろあるそうです)に、業務用インクジェットプリンターで印刷するとのこと。そこで気になったのは、写真展として使える画質かどうか、という点です。やっぱり印画紙に焼き付けるのと比べると、見劣りするのではないだろうか、という不安がよぎります。今回は依頼制作ですし、あまりに無様なものだと、県サッカー協会に迷惑をかけることになってしまいますし。ただこればかりは、実際にやってみないと分からない話。「ウチでは展示会のパネルも作りますが、写真展の作品印刷も数多く手掛けてますよ」という業者の言葉を信じて、発注してみました。
結論から先に申し上げれば、私的には、満足いく仕上がりのものが届きました。やっぱり、データをキッチリ仕上げて送る事がポイントでしたね。データはフォトショップ形式でOKとのことでしたから、200dpiでそれぞれの作品を作りました(巨大なB0サイズの作品も、11465x8110というデカさで、レイアー217枚)。100dpi以下では粗さが目立つ場合がある、逆に300dpiは必要無い、という業者の話でしたので。そうして出来た7枚で400MB程のデータですが、意外とあっさりと送れました。これもブロードバンドの恩恵ですね。
製作日数は、データ送付後2~3日という早さで、日曜日にデータを送って、木曜日には我が家に到着しました。画の解像度的に大丈夫か?が一番の心配事だったのですが、まずまずの出来栄え。仔細に見ても(こうした大きな写真をマクロ的に見るのは、意味無いことですが)、ちょっと前の家庭用プリンター中級機とさほど変わらないと思いました。ラミネート加工してある割には、色もしっかり出ていました。表面パネルがアクリルの額などに入れるのより、ずっと見栄えが良いと思えました。100ミクロンのフィルムをコーティングしたらしいですが、きっとこうした技術も進歩しているのでしょうね。
総じて自分としては、まず写真作品として鑑賞に堪ええるものだと思えました。展示する前に、協会役員の方々にも見てもらいましたが、一様に好評で、私としては一安心。依頼撮影もそうですが、依頼制作も経験が少ないので、なかなかにプレッシャーのかかる作業ですね。
写真展というなら、タイトルも必須だろう、と思い、勝手に作ってしまいました(協会の方々、スミマセン)。今となっては、もう少し展示枚数を増やしたかった、という欲も出てきますが、まあ初めての事ですし、これくらいが分相応かな、とも思います。結局今月は、このミニ写真展の準備やら作業に追われた月でした(おかげで、インフルエンザは吹っ飛びました)。それにしても、今回は良い経験をさせていただいたと、県サッカー協会の方々には感謝するばかりです。
そうやって用意した写真パネルが、以下の銀行ロビーに展示されています。もし、近くに行かれる機会があれば、実物を見てやってください。3月16日まで展示の予定です。

百五銀行 旭ヶ丘支店
〒510-0212 三重県鈴鹿市中旭が丘2丁目7ー1
電話 059-386-3105
(ロビー内展示のため、営業時間中(平日9~15時)しか見れません)

展示会2-2.JPG



ちなみに・・・


nice!(2)  コメント(11) 
共通テーマ:趣味・カルチャー