So-net無料ブログ作成

自身撮影 [写真・撮影]

だいたい、カメラマンたるもの、自分自身の写真を自分で撮るほど、恥ずかしくもあり難しいことって、あります?
1月末の某日、某雑誌社から速達で手紙がきました。内容は、私自身の写真とコメントを送れ、とのことでした。たかだか180文字程度のコメント文などは、苦も無く書けるのですが、問題は写真の方です。自分の写真って、家族で一緒に撮った写真はあるけど、一人で写っているものなど皆無。写真を趣味としているのだから、撮るのは簡単だろう、と思われるかもしれませんが、自分自身をいざ撮るとなると、何だか恥ずかしいし、どう撮ればいいのか思案してしまいます。パスポートや運転免許証のような証明写真みたいでは、いかに趣味とはいえ、写真撮影のことを徒然書いている者としてはお粗末だろうし、変にポーズをとるのも滑稽だろうし。メタボの体型は写らないとしても、第一こんな全国紙に、こんなオジサン顔をはっきり出して良いものかどうか。
ウ~ン・・・と数十分間考えた結果に導き出したのが、普段使っているカメラを持って一緒に撮る、という実に安易で、誰でも考えそうなもの。まあ、誰もこんな写真を真剣に見る人もいないでしょうから、まっイイや、と。掲載されるのは白黒だから、色はどうでもいいとして、最低限やっぱり背景はシンプルにしないと、と思ったのですが、我が家の壁には何かしら物があって、背景に使えそうな面積を確保できません。屋外に行けばあるでしょうが、外でこんなオジサンが三脚立てて(家族に撮ってもらうというのは、何を言われるか分かっているので、最初から考慮外)自分を撮っている姿を見せること自体、絶対不可。おかしいでしょう、不気味でしょう。
そうだ!と思いついたのが、廊下。我が家は賃貸住宅でして、廊下は何もないただの白い壁です。これを背景に撮ればイイじゃないか、部屋から出てすぐだし、と。そうは言っても、隣室の住人なんかにそんな光景を見られたりしたら、これまた暫く外に出られそうもないので、絶対人が通りそうもない時間帯を見計らって、素早く7Dを付けた三脚をセット。MFで大体のピント合わせをして、セルフタイマーでパチリ。背面液晶モニターで確認すると、ピントがズレているじゃないか、廊下だから暗すぎ。誰も通りませんように、とお祈りしながら、7DのフラッシュをONにして再撮影。う~ん、表情が硬いゾ、ともう一枚パチリ。しまった、髪の毛がボサボサだぞ、と慌てて部屋に戻り、ブラシで整えてから、再度パチリ。フラッシュ光がメガネに反射しているじゃないか、とまた一枚。そんなこんなで、30枚近く撮ってしまいました(その間、誰も通らなくてホッと一息)。
そうやって、苦労(?)して撮った写真がコレです。う~ん、やっぱり、顔が引きつってますねぇ。ご勘弁を!

自身撮影.jpg


nice!(2)  コメント(12) 
共通テーマ:趣味・カルチャー