So-net無料ブログ作成

サッカー撮影25(頭で競る) [サッカー撮影]

サッカー25-01.jpg

サッカーというスポーツは、手を使わずにゴールにボールを入れて得点を競う競技です。手を使わずに、の逆の見方をすれば、手以外の体の部位は使って良いのですから、手の次に自由度の大きい足を主に使うことは自明の事。ただ、自身より高く上がったボールに対して、頭でボールに触ろうとするシーンは、実際の試合中によく見かけます。具体的には、守備側の選手が頭でボールを跳ね返す、ロングボールを頭で味方選手にパスする、といった時でしょうか。もちろん、それを阻止しようとする相手側の選手もいますから、落下してくるボールに対して、両者の頭が同時に差し出されることとなります。今回は、ボールとその両選手の頭、この三つが急接近した画を紹介したいと思います。

サッカー25-12.jpg

サッカー25-02.jpg

サッカー25-03.jpg

サッカー25-04.jpg

サッカー25-07.jpg

こうしたシーンでは、時に選手同士の頭がぶつかり合うことがあります。強く当たれば、脳震盪などのケガになることあります。痛いです。でも、一瞬でも相手より早くボールに触れれば、それだけ優位に立てるので、ケガのリスクと引き換えに、選手たちは果敢にそれに挑戦します。それは、勇気と勝ちたいという闘争心の表れだと私は見ています。選手の保護者をしてはヒヤリとするシーンですが(実際、私も保護者でしたからよく分かります)、それが勇気と闘争心の結晶なら、撮るべき煌めきだということでしょう。

サッカー25-05.jpg

サッカー25-06.jpg

サッカー25-08.jpg

サッカー25-09.jpg

サッカー25-10.jpg

サッカー25-11.jpg


nice!(3)  コメント(4) 
共通テーマ:趣味・カルチャー