So-net無料ブログ作成

サッカー撮影23(冬至期の撮影) [サッカー撮影]

サッカー23-01.jpg

今年の冬至、つまり今年で一番昼間の短い日は今月の22日だそうです。この時期のサッカー撮影、意外と苦労することもあるというのが、今回のテーマです。
サッカー23-02.jpg

上の2枚の写真は、雰囲気が随分違うのだが、実は同じ試合で撮ったもの。そして注目すべきは、その撮影時間で、向かって左側が12:06:02、右側が12:06:41で、その差は39秒。最も日が高く上るはずの正午。もちろん撮影設定は同一である。
サッカー撮影では、広いグランド内で選手とボールが動き続ける訳だから、試合途中での順光・逆光が繰り返されることは普通にある。左の写真はほぼ順光であるのに対し、右は逆光気味。それに加え、選手の影を見れば分かるように、左は影が薄く、曇天でコントラストがきつくない。対して右は、強い斜めに光が当たって、まるで夏の夕方のような画にも思える。それまで太陽を遮っていた雲が、急に流れて直射日光にいきなり照らされたことが、この2枚の差を生んだ原因なのだが、この時期ではたとえ正午前後であろうと、日が射せば斜光になるという点が、何とも難しいところだ。

サッカー23-07.jpg

サッカー23-03.jpg

夏の時期も、昼間の時間が長いことを利用して、朝早くや夕方に試合設定されることが多く、それゆえ斜光に悩まされることがあると以前書いたが、例え昼前後の試合でも、日が高く登らない冬には、やっぱり斜光に悩まされることがある。この日のように、日が出たり陰ったりを頻繁に繰り返されると、撮影設定や撮影ポジションに悩むこともしばしば。試合の合間に空を見上げ、雲の具合を確認したりする。真夏の強烈な力強さに対して、寒くなり、空気が澄んでくる冬の日差しも、なかなかに切れ味鋭かったりして侮れない。

サッカー23-04.jpg

昼でも斜光になるのならと、ちょっとレタッチを工夫して、夕方の雰囲気にしてみたらどうか、というのをやってみたのが上の写真(芝の色で分かるだろうか)。デジタルで、しかもRAWで撮っていたから簡単にできたことだが、夕方の試合に見えるだろうか(実際に撮った時間は13:13)。真実を写すのが写真だとすると、本当は邪道なのかもしれないが、これぐらいはできるという参考に。

サッカー23-05.jpg

サッカー23-06.jpg

冬の撮影というと、寒さ対策や結露を思い浮かべる方が多いだろうが、日中でもこんな斜光に悩まされることもある、ということは、覚えておいて損の無いことかもしれない。澄んだ晴天の多い冬のサッカー撮影もまた、難しく楽しい。

サッカー23-08.jpg

サッカー23-09.jpg

サッカー23-11.jpg

サッカー23-10.jpg


nice!(3)  コメント(4) 
共通テーマ:趣味・カルチャー