So-net無料ブログ作成

サッカー撮影22(雨中のAF) [サッカー撮影]

サッカー22-01.jpg

雨の日にしか撮れないシーンはある。
そう気持ちを持ち上げて撮影に臨んでみたものの、いつもとは勝手が違うのは、ピッチ上で苦闘する選手と同じ。以前のブログでも、雨天でのサッカー撮影について書いたことがありますが、今回は一つ、それに付け加えたいと思います。
サッカー22-02.jpg

上の4枚の写真は、いづれもノートリミング画像で、一連のプレイを連写で撮ったもの。使用機材は、いつも通りの1D4+ヨンニッパ。ボールを持つ選手をファインダーで捕捉・連写開始(①・②の画)。しかし、ピントが狙った選手に来ていないのに気付いて、一旦連写を止めて再測距、そして瞬時に再度連写(③・④の画)、というシーンです。いつもと同じようにAI SERVO AFを駆動させる余裕(間)を持って追従させているはずが、実は上手くいかなかったという例。1点指定したAFフレームを狙った選手に合わせられなかったのか、そうでもない。ピント面が背景に抜けてしまったのか、いや、よく見るとピントは随分前ピンになっている。では、手前に選手や障害物が入ったせいか、そんな事はなかった。ではナゼ?
サッカー22-03.jpg

狙った選手と撮影者の距離は約40m。その間の空間には、大きな障害物は比無ですが、無数の雨粒が存在します。その雨粒をAFが引っ張られてしまう事が、雨天撮影ではありえます。そんな小さな物を、と思われるかもしれないし、一時は私もそう思いました。けれども現実にこうした雨天撮影していると、いつものように撮っているつもりでも、「あっ、ピンが来ていない」と思う事が、10回に1回ぐらい有ります。その原因には、この雨粒ぐらいしか思い当たらないのです。
もう一例、載せます。

サッカー22-04.jpg

ブログ掲載上、サイズダウンしています。これだけ見れば普通に見えるかもしれませんが、よく見ればピントが来ていません。選手の前を横切る雨粒にピントが来ていることが分かります。

サッカー22-05.jpg

ゴールキーパーを狙って撮ったつもりが、背後のネットにピントを持っていかれてしまった、という経験、サッカー撮影を長くされた方なら有ると思われます。ゴールネットなんて、直径数ミリにも満たないヒモなのに、それでもピントが引っ張られることがあるということが、現在のAF性能ではあり得ます。雨粒の軌跡は、もちろんそれよりもっと細いのですが、被写体と撮影者との間に無数に有ること、時に光を反射すること、などが要因で、AFがそちらを拾ってしまうことがあります。

サッカー22-06.jpg

そういえば、真夏の炎天下の人工芝グランドで、立ち上る陽炎にAFが影響され、似たように被写体を捉えきれないこともありました。いづれも、被写体と撮影者の間隔が広いが為に、その空間の影響を受けやすい、ということなのでしょう。だからといって特効薬のような対策は、今の私には思いつきません。そういう事がある、という知識を頭の隅に入れて、ファインダーでしっかり狙った所にピンが来ていることを確認した上で連写する、来ていなければすぐに再測距する、という基本的な事をやる。そして、いつも以上に選手をファインダー内で大きく捉えること。そうすればピントが持っていかれたことが分かりやすい上に、雨粒を相対的に選手より小さくできるから、といったところでしょうか。

サッカー22-07.jpg

雨も降り方次第ですが、上の画のような状況では厳しいですね。

サッカー22-08.jpg

雨に日には雨の日にしか撮れない画がある。しかし、雨などの悪条件の下では、思わぬところで足を引っ張られ、それ故に撮影者自身の実力が試されるかもしれない。ピッチ上の選手と同じように。

サッカー22-09.jpg

サッカー22-10.jpg

サッカー22-12.jpg

サッカー22-11.jpg


nice!(3)  コメント(4) 
共通テーマ:趣味・カルチャー