So-net無料ブログ作成

サッカーファミリー [サッカーあれこれ]

サッカーファミリー1.jpg

私がこれまでアマチュアサッカーを撮り続けてきて、最も盛り上がる大会といえば、小学生の全日本少年サッカー大会と、高校生の全国高校サッカー選手権。前者は毎年夏に行われ、今年は福島のJヴィレッジが使えないので、静岡県に場所を変えて、柏レイソルと名古屋グランパスという、Jクラブ下部組織同士が覇を競った(レイソルが優勝)。後者の方は、元日前後から東京各地で行われるので、今は都道府県予選の真っ最中というところ。
考えてみると、高校サッカー選手権は、ちょっと特別な大会かもしれないと思う。Jリーグの下部組織やクラブチームは出場できない。出場できるのは高校のサッカー部のみ。現在では、この年代の優秀な選手が、クラブチームに流れている事を考えると、そんなクラブチームと高校サッカー部の垣根を無くして頂点を決める、高円宮杯U-18サッカーリーグ(こちらも現在進行中)の頂点の方が、より重みがあるように思えるのだが、実際は人気度・注目度では劣る。ある程度以上の好成績を残さないと、参加すらできない高円宮杯に比べ、サッカー部ならどこでも参加できる(今年の参加校は4174校)であることと、やはり伝統の大会(今年で90回目)という重みのせいだろうか。
教育の一環として設けられた部活動の全国大会という意味では、夏の高校野球と同じかもしれない。ただ開催時期が、夏休み期間中に行われるのとは、周辺状況がだいぶ違う。進学するにせよ就職するにせよ、本来極めて大事なこの時期に、高校サッカー最後の大会に挑む選手とその保護者の気持ちは、察して余りある。周りが卒業後の進路について右往左往している中で、これまで以上に部活動を続ける熱意、小学生から支え続けた保護者の、息子の最後のユニフォーム姿になるかもしれない想い、それらがこの大会を盛り上げるバックボーンになっていることは、間違いないと思う。夏休み前に敗退してしまっても、受験までに半年以上の時間のある高校野球とは、ちょっと違う。押し迫られた重圧感が、盛り上がりの一因になっている部分もあるかもしれない。この辺りのことは、また機会を改めるとして、ここでは深く掘り下げることはよそう。
さて、そんな高校サッカー選手権の我が県予選を見に行ってきた。一次予選は高校のグランドで行われ、たまたま愚息1号の通っていた高校がそうだったので、久しぶりに門をくぐった。愚息が卒業して2年になるので、知った顔も少ないだろうと思いきや、試合会場にはこんな時期なのに、十数名のOB達が顔を出しくれていた。「おたくの高校は、卒業してもちゃんと応援に来て偉いですね。ウチの高校なんて、卒業生が応援に来ることなんて滅多に見ないですから」と、その場で出会った知人に言われたのだが、ちょっと苦笑してしまった。
その苦笑の意味とは、こういうことだ。私に声をかけた知人の子息は、我が県では強豪校でプレーしていた。当然、卒業後も現役として大学や社会人でサッカーを続けている比率は高く、こんな日曜日には遠征やら試合やら練習で、見に来る余裕など無いのではないだろうか。また、サッカー関係の伝手で、遠方の大学に行っている者が多いこともあるかもしれない。決勝などの舞台に立てば、もちろん応援に駆け付けるだろうが、勝って当たり前の一次予選には、まあ来ないのが普通だろう。それに比べ、それほど強豪ではない我が愚息の通っていた高校は、進学率は高いのだが、大学で真剣勝負をやっているのは僅か。同好会や仲間内で楽しむ程度のものが多い。進学率は高いといっても、高校3年の最後までサッカーを続けていた者には、勉学目的で遠方に行く者は少なく、地元に残っている者も多い。幸か不幸か、母校の試合を見に来やすい環境にあるのだ。それに、来れば知った顔にも会えて、試合を見た後に屈託の無い近況報告等のミニ同窓会を楽しめるかもしれないとなると、来る甲斐は見いだせる。そう推測すれば、私の苦笑の意味を分かっていただけるだろうか。
しかし、そんな若干の付録価値に重きを置きながらも、応援にやって来るこのOB達も、サッカーが好きなのだと思う。必死の形相で汗を飛ばす事、悔し涙を拭う事はもう無くても、皆サッカーが好きなのだと思う。好きだから来る、好きだから後輩のプレーに一喜一憂する、好きだから分かるし、見ても楽しめる。そして、これから先もたぶん、好きであり続けるだろうと思う。そうでなければ、いかに時間的に自由のきく大学生とはいえ、興味の対象ならいくらでも探せる年代が、ここに休日を費やす理由が他には見つからない。たとえ見知った後輩がいなくなっても、監督である先生が去っても、自分がプレーできなくなっても、一時期自分が打ちこんだサッカーという競技の厳しさと楽しさの一部を知る者として、これからもサッカーへの親近感にも似た気持ちを持ち続けていくだろう、と私は確信している。そう考えていくと、後輩たちの高校生活最後の試合になるかもしれない熱戦に目を向けているこのOB達は、母校のみの応援者だけではなく、サッカーという競技のサポーターなのかもしれない。いやたぶん、単なる嗜好者以上にコアなサポーターだと思う。
以前書いた、日本サッカー協会(JFA)の2005年宣言。そこには、サッカーファミリーを増やす、という題目が掲げられている。グランド上で切磋琢磨している者は当然として、そうではなくてもサッカーの、喜びも悲しみも苦しみも理解し、それでも興味を持ち続け、眼差しを向け、時に期待を胸に抱き、時に声を出して応援し、時に落胆で批判めいたこと思っても、学校のグランドの片隅で、観客席で、テレビの前で、このスポーツの素晴らしさを感じられる人々とその仲間たちのことを、実は「サッカーファミリー」と呼ぶのではないだろうか。その輪広げることを目指しているのではないだろうか。そしてそれならば、こんなちっぽけな片田舎にも見つけられるのではないかと、試合終了のホイッスルと共に拍手するOBたちの姿を見ながら、フッと思った次第である。

サッカーファミリー2.jpg


nice!(3)  コメント(4) 
共通テーマ:趣味・カルチャー