So-net無料ブログ作成

ミニ国体 [サッカーあれこれ]

しばらくサッカー撮影をお休みしておりましたが、再開しました。復帰第一弾は、ミニ国体です。

ミニ国体1.JPG

国民体育大会(国体)のサッカー競技は、各県代表がそのまま出場できるわけではなく、地区予選を勝ち抜いた都道府県代表のみが出場できます。その地区予選が「ミニ国体」と呼ばれ、当地区のサッカー競技は、今年は当県が登板県。この酷暑のなか、サッカーをする選手も大変ですが、撮るのも体力勝負です。なまったオジサンの体には、結構キツイものがあります。毛穴に直接水分補給した方がよいのでは、と思えるほど流れ落ちる汗ですが、それでも選手たちの真摯で必死の姿をファインダーで追う楽しみは、忘れかけていた意欲を蘇らせてくれます。
国体選手というと、私の子供の頃は、地元の英雄とまではいかないまでも、当地の代表として注目を浴びたものです。ただ今は、どうもこの「国体」の注目度が年々下がっているように思えるのが、ちょっと寂しい。サッカーに限ったことではないかもしれませんが、いろんな大会や試合が企画され、興味の眼が分散している、と言えば、そうなのかもしれません。
こんな暑さの中では、サッカー本来の魅力的なプレーを実現できない、という意見もあるそうです。今年は更に、震災の影響で過密日程になったり、節電という事で、ナイターをなるべく避け、日中の暑い時間帯でも試合が行われたりしているようです。プロであろうとアマチュアであろうと、厳しい環境の中で必死に頑張る姿は美しく思えますが、怪我や突然の発病など、選手生命に関わるようなことだけは、起きないで欲しいです。

ミニ国体2.JPG



nice!(2)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー