So-net無料ブログ作成

ストラップ [日々の徒然]

iPhone 4に替えて5カ月が経ちました。
 
ストラップ1.jpg

先日ソフトバンク店に行った時、受付のオネエサンに、「お客様がどんなケースをお使いなのか、興味があるんですよ」と言っていました。確かに、何をするにも画面を指で触るこの機種では、液晶保護フィルムは必須でしょうし、華奢でホールドしにくいボディは、保護目的でのカバーも必要でしょう。で、ユーザーの殆どの方がこれらを装着していると思います。ということは、そこで個性を出そうというのは当然の流れで、iPhone用のケースは実にたくさん売り出されています。
私が最初に「とりあえず」と買ったのは、個性とは正反対に思える実にシンプルなものです。ただ、ショック吸収性の無い固質でもなく、シリコンほど頼りなくない、ちょうど中間ぐらいの素材でできたもので(商品名は忘れました)、伏せて置いても液晶面が直接触れないよう縁までしっかりカバーされていて、結果的にですが結構気に入ってます。しばらくはこのままで、と思っていたのですが、唯一気になる点が。元々、iPhone自体にストラップ穴は無いので、ケースにストラップを取り付けるしかないのですが、コレには無い。携帯電話にチャラチャラしたものを付けるにはキライだし、ズボンのポケットに入れて出し入れすることの多い私の場合、引っかかると落下の危険性が大きいので、今までそういったものを付けたことはないのですが、このiPhoneはどうも落としそうな気がしてならないのです。落下防止の意味で何か付けたいけど、その為にはケースも替えないといけないし、などと悩んでいると、見つけたのがコレ。
ストラップ2.jpg

iPhoneのコネクターにはめ込むアタッチメントにストラップが付けられるものです。押し込むと両側の爪が開いて固定するタイプで、強度がどのくらいあるかは不明ですが、まあ振り回さない限り心配無いみたい。iPhone用バンパー装着ではしっかり刺さらないこともあるようですが、私のケースの場合は大丈夫でした。このアタッチメントに付いているのが、シリコン製のネックストラップなのですが、何か別のものに替えたいなあ、と思ってました。で、見つけたのがコレ。
ストラップ3.jpg

同じく、ネックストラップの一つなんですが、ワンタッチで取り外せる金具が付いているところが魅力。金具の中央ボタンを押すと簡単に外せます。一日中携帯電話を首から下げているのは好きではないのですが、この季節はどうしても薄着・軽装になりがち。そういった場合に便利に使えるかなあ、と導入した次第。これらのストラップは外出する際にしか使わないと思いますが、まあとりあえず、私なりにシンプルにまとめられたので、しばらくこの形で使ってみることにします。

nice!(3)  コメント(3) 
共通テーマ:趣味・カルチャー