So-net無料ブログ作成

ブラインドタッチ [パソコン]

ブラインドタッチ.jpg

パソコンとて消耗していきます。毎日触る者としては、マウスやキーボードなどの直接触る部分は気になるところ。現在使っているキーボードは、2009年3月に購入したMicrosoft社のもので、もう2年以上の間、毎日使っています。こうなると、キートップの印字も上の写真のように消滅しつつあります。もっともよく使う「A」の文字は完全に無く、「K」もほぼ無く、「E」の表示も欠けて「F」との区別がつかなくなってきました。
私の場合、キーボードのタイピングを正式に教わったことはなく、指も数本しか使わない、我流のいい加減なもの。元々はタイプライターを仕事で使っていた時期があって、それの応用と言う感じでこれまできました。それ故か、キーを押す力が人より強いのか、「叩く」という感じになってしまうのが原因なのか、これまでも印字の消滅は避けられませんでした。
キーボード面の文字刻印に頼ることなく、指先の感覚だけを頼りにしてキーを押す「ブラインドタッチ」ができれば、たとえ印字が無くなろうが、何も問題は無いのですが、偉そうな事を書くくせに、それは出来ないのが困りもの。かといって、常にキーの印字を見ながら打っているかと言えば、そうでもなく、半分見ながら、という打ち方。意外とそういった方、多いのではないでしょうか。
ブラインドタッチ(今はタッチタイピングと言うそうです)を、今更習得するのも、ねぇ。キートップの印字が無くなっていくにつれ、ミスタイプや打ち難さが増してきたように感じるこの頃、PCショップ等に行くとつい、キーボードのコーナーに寄ることが多くなりました。デスクトップなんだから簡単に取り替えられるし、まあそんな高価なものでもないし、とも思うのですが、どうせ買い替えるなら、などという、物欲的考えも頭をもたげてきたりするものですから、困ったものです。

nice!(6)  コメント(7) 
共通テーマ:趣味・カルチャー